ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】プレシャス…マライアの話でもしとけば無難なのでしょうが…

2010-12-07 23:49:37 | 映画・DVD
先日2010年12月5日(日曜日)の事…
当日のブログにも書きましたが、その日は夕方までほとんど何もしていなかったのですが、夕方から近所の家電量販店に出かけました

で、買ってきましたよ…

発馬されたばかりの国産スマートフォン…
「LYNX 3D SH-03C」
色は白。残念ながら着せ替えカバーは売り切れ

以前から持ってたエコポイントの商品券と、貯まってたドコモポイントとか使ったので少ない手出しで買いましたです


…ただ、買ったのは嫁さんの分だけどな
自分のじゃないから詳細は割愛…なんか悔しいです

…欲しいなぁ私も



以下は映画観賞記録



「プレシャス」
(監督:リー・ダニエルズ、出演:ガボレイ・シディベ、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、2009年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「ザ・ウォーカー」と一緒に届いた作品。2010年11月7日(日曜日)の午後に鑑賞しました(DVD)。



ストーリー
サファイアの小説「プッシュ」を映画化した作品。
1987年のニューヨーク・ハーレムに住む16歳で肥満した黒人の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)、実の母メアリー(モニーク)からの虐待を受け、過去には父親に性的虐待を受けて妊娠・出産、二人目の子供も妊娠していた。妊娠の事実が学校の知る事になり退学になったプレシャスは代替学校に通い始める。
詳しくは…http://www.precious-movie.net/





ピロEK的感想&点数
私のブログ記事の最近の更新履歴を確認していただけると分かると思うのですが…
映画「アーマード 武装地帯」あたりから始まり…
映画「ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション」
コミック記事でも「ベルセルク(35)」、で映画「ハート・ロッカー」「ザ・ウォーカー」と、男度数が高め
流石にこの男祭りの延長は暑苦しい…なんて考えまして少し路線変更しようかと観たのがこの映画。
予告編でも『全ての女の子に観て欲しい…』的なキャッチコピーだったようにも思うしね…。

…しかし、そういう意味では完全にチョイスミスでした


まぁチョイス云々はさておきこの映画を観ての感想。

…わりと退屈せずずっと観れた作品ではありましたが、私にはちょっと合わなかったかな
何をどう受け取ればいいのか、正直あんまり分からないという感じでして…。

何らかの啓発作品なのでしょう多分。

黒人で貧困層、問題のある家庭に生まれ、容姿にも恵まれない、そして性的な酷い目に合い、障害のある子供まで生んでしまう主人公という鬱設定

ここで引っかかるのが“容姿にも恵まれない”という部分。
ここに最も訴えたい何かがあるんだとは思うのですが、何かハッキリとは伝わって来ない

私も含めた男性と言うのは(ソッチ方面から見れば)酷いものでして
仮にこの主人公が美しく可憐な少女だったら、主人公の境遇に憤りを感じ父親(※本当の父親なのか、単なる母親の相手なのかは良く分からなかったです)から無理に性行為を強要され、出産までさせられてしまい、HIV感染まで…という部分には痛みさえ感じたかも知れないのですが、
この極度に肥満で無愛想な顔の主人公相手だと、それらはさほどでもなく(更には、おそらく黒人という部分もその感覚麻痺に関係あると思う)、前半の妄想部分についてキモっとかまで思ってしまう始末

…で、各種有名アーティストまで含めた、良くも悪くも如何にもな製作者側が、そこいらの感覚に一石を投じようと思ったんじゃないでしょうか…多分ね…そういう層の方々って何となくこういうの好きそうだ
単なる性的虐待の話を問題点にしたいのなら可愛い女優でも美人女優でも良かったはず…いえ、それだけなら可愛い女優を使った方が効果が高い事だってあると思うのですが、そういう事じゃないんだよ…と

私にも一石は投げ込まれ、ごく軽い波紋程度は起こっている気もしますのでご安心ください
(私の思っている事をぜんぜん説明できていない気がするけど…まぁいいや


演技やら何やらは…まぁ上手いんでしょうね
割と退屈しないで最後まで観れた要因はそのあたりでしょう。


演技と言えば…綺麗でも汚くも無いソーシャルワーカーの役の人、
…どこかで見た事のある女性だなぁこのオバサン誰やねん…とか思ってたら、パッケージにマライア・キャリーとお名前が…良く見れば確かにマライア
…地味にしてたら普通の人っぽいですな、更には演技派にさえ思える感じ(まぁその辺がマライアの貫録か)…個人的には、いつものマライアよりも比較的こっちのマライアの方が好みです…っていうかこっちの方が小奇麗だと思います。


ということで点数は3点強(5点満点中)。
悪意を含む文章に思えたかもしれませんが…評価はまぁ普通です
4点とか書こうかとも思ったのですが、どうも4点の幅が広いような気がするのでそのあたりを現在補正中。
ある意味ここぐらいからが新基準(というかテンション)スタートとご理解ください。



補足・蛇足
マライアの話の続き。
この映画の中のマライア…
マライア・キャリーだと理解した後でも、更に誰かに似ているなぁ…と感じ、脳内検索。
…う~ん誰だろうと思っていたら横で嫁さんが
『このマライア・キャリーってモエナちゃん(仮名)に似てるよね』と一言
似てます娘の友達のモエナちゃん(仮名)にソックリです

当ブログで紹介した身近にいるハリウッド俳優シリーズでは…

ジェームズ・フランコに似ている近所の子供ゆうくん(当時小5)、

ヘイデン・クリステンセンに似てる情報誌の営業担当S木さん、

「ノーカントリー」のハビエル・バルデムに似てるホリヤ君

…等々の似てる度合いはモエナちゃん(仮名)で最高ランキングが更新されました。

…しかし彼女は三日天下なのです
もっと最強に似てる(※写真を載せたいぐらい)の似ている隣人が次回の映画観賞記録で登場いたしますので、顔は見せられませんがこうご期待です



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (3)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« 【映画】ザ・ウォーカー…邦題... | トップ | 【コミック】FRONT MISSION D... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マライヤ・・ (sakurai)
2010-12-08 22:01:44
がかなりのバックアップをして作った映画のようですが、抑えた、それでも存在感のある役で、力を感じさせました。
女性と男性ではだいぶ捉え方が違ってくるでしょうねえ。
私は、今年の号泣№1です。
Unknown (mig)
2010-12-09 08:08:29
いつもTBどうもです。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、migさんへ))
2010-12-12 01:14:53
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>女性と男性ではだいぶ捉え方が違ってくるでしょうねえ。
>私は、今年の号泣№1です。

基本、女性向きのお話なんでしょうねぇ(?)
男の場合、主人公の立場になんか絶対立たない訳だし。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★migさんへ★

コメントありがとうございます

>いつもTBどうもです。

わざわざありがとうございます。
いつもTBを投げっぱなしにするだけでスイマセン。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

39 トラックバック

プレシャス(2009) (銅版画制作の日々)
原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE...
mini review 10504「プレシャス」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリース“プレシャス”ジョーンズの人生を描く人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、各映画賞...
プレシャス (試写会) (風に吹かれて)
幸せに生きる勇気を 公式サイト http://precious-movie.net4月24日公開同名小説(サファイア著)の映画化1987年、ニューヨークのハーレム。体形的なコンプレックスを持ち、文字の
『プレシャス』('09) (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。 とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。 <あらすじ> 実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャ...
プレシャス (心のままに映画の風景)
1987年、ニューヨークのハーレム。 16歳のクレアリース“プレシャス”ジョーンズ(ガボレイ・シディベ)は、父親にレイプされ2人目の子供を身ごもっていた。 母メアリー(モニーク)には精神的にも肉体的に...
プレシャス (迷宮映画館)
胸に迫った!!どころではないくらいにがしっと来ました。
プレシャス/PRECIOUS BASED ON THE NOVEL PUSH by SAPPHIRE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
プレシャスタイム (Akira's VOICE)
「プレシャス」 「時をかける少女」 
プレシャス (映画鑑賞★日記・・・)
【PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE】2010/04/24公開 アメリカ R15+ 109分監督・製作:リー・ダニエルズ出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シ ...
映画「プレシャス」 (Andre's Review)
preciousbased on the novel Push by Sapphire アメリカ 2009 2010年4月公開 劇場鑑賞 今年のアカデミー賞で話題になっていた作品。作品賞候補の10作品の中で是非とも観たい!と思った3本のうちの1本です。 主人公クレアリース・プレシャス・ジョーンズは実の父...
絶望の中の希望「プレシャス」 (Zooey's Diary)
2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、 第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した「プレシャス」。 この映画を観るには、ある種の勇気...
映画『プレシャス』を観て~アカデミー賞受... (KINTYRE’SDIARY)
10-28.プレシャス■原題:Precious■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:109分■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)...
プレシャス (ハクナマタタ)
最近少し避けていたのもあって、 久々にヘビーな映画 内容も体重もヘビーだ プレシャスとは宝物という意味 わたしの宝物 人は生まれるとき誰しも何かになれる可能性と 愛される未来を含んでいる 宝物という名の子供 それがこの映画の主人公、16...
『プレシャス』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、リー・ダニエルズ監督&脚本、ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ出演。
プレシャス (あーうぃ だにぇっと)
4月12日(月)@ニッショーホール とても4月とは思えない寒い日だった。 おまけに冷たい雨まで降り出した。 ひえたココロに凍みるような雨また雨。 そんな中、自転車漕いで出かけてきた。
プレシャス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE。リー・ダニエルズ監督、ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニ ...
『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの (映画のブログ)
 まさに奇遇というべきか、同時期に2人の16歳の少女が話題になった。  1人は、ロンドン郊外の中流家庭の娘ジェニー・ミラー。オックスフォード大学を目指す美貌の秀才である。  もう1人は、ニューヨーク...
『プレシャス』 (こねたみっくす)
貧困、肥満、母親からの虐待、父親からの近親相姦、2度の出産、アルファベットさえ読み書きできない、それがプレシャス・ジョーンズ。 そんな過酷な人生を送る16歳の少女が夢と希 ...
『プレシャス』 (Precious: Based on the Novel "Push" by Sapphire) (Mooovingな日々)
プレシャス・ジョーンズはハーレム生まれの16歳の高校生。夢も希望もない。父親のレイプによって二人目の子を妊娠している。彼女は読み書きが出来ず、太っていることでクラスメートにからかわれていた。彼女の家での生活はまるでホラーだ。暴力的な母親には精神的にも肉...
プレシャス/ガボレイ・シディベ、モニーク (カノンな日々)
サンダンス映画祭でグランプリを受賞し各国映画祭でも注目され、今年のアカデミー賞ではモニークが見事に助演女優賞を獲得した話題作。監督のリー・ダニエルズは『チョコレート』 ...
プレシャス (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めたプレ...
プレシャス (そーれりぽーと)
アカデミー主演女優賞にノミネートされてた百貫デブの女の子のインパクトと、助演女優賞を受賞したモニークがベタ褒めされてたのが印象的な『プレシャス』を観てきました。 ★★★★ 父からの日常的なレイプによる出産、母による虐待、余りに辛い現実を受け入れられず、...
大切なあなた~『プレシャス』 (真紅のthinkingdays)
 PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL  PUSH BY SAPPHIRE  1987年、ハーレム。16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)は二度目の 妊娠が学校に知られ、退学処分となる。校長の計らいでフリース...
「プレシャス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire」 2009 USA プレシャスにガボレイ・シディベ。 メアリーにモニーク。 ミズ・レインに「デジャヴ/2006」のポーラ・ハットン。 ミセス・ワイズに「ワイズ・ガールズ/2002」のマライア・キャリー。 ナース・ジョン...
プレシャス (映画的・絵画的・音楽的)
 映画『プレシャス』に出演したモニークという俳優が、アカデミー賞助演女優賞を獲得しているというので、それならばいい映画に違いないと見込んでTOHOシネマズ・シャンテで見てきました。 (1)この作品の主人公プレシャスは、恐ろしいほどの肥満体質に加えて、読み書き....
プレシャス・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1980年代のNY、ハーレムの黒人社会を舞台にした、ハードなヒューマンドラマ。 「高価な、素晴らしい」あるいは「最愛の人」を意味する「プレシャス」という名前を持ちながらも、虐待の連鎖に苦しみ、愛を知ら...
「プレシャス」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
過酷過ぎる・・・
プレシャス (キノ2)
 2009年アカデミー賞脚色賞受賞作。主人公プレシャスの母親を演じたモニークは、アカデミー賞助演女優賞をはじめ、全米批評家協会賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞などなどなど、いくつもの賞で助演女優賞を獲得し高く評価されました。  1987年ニュ...
プレシャス (悠雅的生活)
あなたは、愛されるべき特別な存在。
『プレシャス』 (ラムの大通り)
(原題:Precious) ----あらら。日本映画のお話かと思ったら、 まさか『プレシャス』とは? これって、アメリカで大旋風を巻き起こした映画だよね。 体型にコンプレックスを持つ16歳の少女の悲惨なお話でしょ。 文字も読めず、母親に虐げられ、 しかも実の父親の子ども....
「プレシャス」嗚咽が止まらず・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
公開当時、残念ながら見逃してしまった映画。 アカデミー賞ほか、数々の賞を取ったこの映画、年末にきて私の今年の映画ベスト3入りが決定! 間に合ってよかった☆
映画:プレシャス Precious アカデミー作品賞、音楽賞じゃないのは全く謎! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
圧倒されっぱなしの 104分間。 アカデミー賞が、あくまでお祭りという認識はあるが、それにしても「ハートロッカー」vs「アバター」なんていう図式が吹き飛んでしまう! 少なくともこの映画を観た後では。。。 第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞、助....
プレシャス (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月15日(土) 17:20~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プレシャス』公式サイト 生活保護の金だけをあてにしている駄目な母親と暮らしている黒人のデブ少女。 何と父親の子供を孕んでしま...
プレシャス (晴れたらいいね~)
主人公プレシャスのド迫力がずっと気になって、14日に観てきました。先にみた「グリーン・ゾーン」とは対照的に、女性が7~8割という極端さ。プレシャスと母が画面に出てくると、目 ...
「プレシャス」 (Con Gas, Sin Hielo)
希望だけでは食べられないが、希望がなければ生きられない。 いわゆる小泉・竹中改革の批判として挙げられるのが格差の拡大である。 格差自体は資本主義社会では必然の話であるが、問題はその格差が固定すると言われることにある。 豊かな家庭に生まれた者のみが高等....
『プレシャス』試写会。 『ウディ・アレンの夢と犯罪』より脚本も勢いも上 (エミー・ファン!ブログ)
プレシャス / Precious: Based on the Novel Push by Sapphire 2010/04/24公開 公式:http://www.precious-movie.net/ DVD:2010/11/05発売 1987年、ニューヨーク・ハーレム。身体の大きい16歳のアフリ...
プレシャス (墨映画(BOKUEIGA))
「人生は宝物」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊....
■映画『プレシャス』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「愛」と言う言葉の意味を「たたかれたり、レイプされたりすること」だと思っている16歳の少女・プレシャスの生活を描いた映画『プレシャス』。 実の娘を、性の道具や家政婦としか思っていないような両親に育てられ、文字も満足に読めず、友人もいない少女・プレシャス...
プレシャス (我が頭に巣くう映画達)
55点 2009年のアメリカ映画で、 アカデミー賞の助演女優賞と脚色賞を受賞している。 監督はリー・ダニエルズ、 主演はガボレイ・シディベという新人の女優さん。 ニューヨークのハーレムで暮らす16歳...