ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官…の記事&景気向上に貢献し続ける我が家。

2010-07-25 16:46:37 | 映画・DVD
本日二度目の投稿(前のは寝る前の夜中ですが


ひとつ前の「サロゲート」の記事で、古いHDDレコーダーの故障に伴って、ブルーレイ&HDDレコーダーと、プラズマTV(42インチ)を買った事は書きましたが、最近の我が家の散在はそれに止まりません

実はひと月ほど前に台所の蛇口が壊れました
私も嫁さんも忙しくて、元栓を閉めたり開いたりしながら凌いでいたのですが、流石に修理しないとね…と先週、業者に連絡…で見てもらったところ…壊れていた部分は食器洗い機へ水道を供給する分岐部分。
これの部品交換か、もしくは蛇口部分全部を新品にするのかの選択肢がある訳ですが…これがどちらにせよお高い。確か以前同じ蛇口の分岐水洗を交換した時も結構なお値段を支払った記憶があるのですが…たかが水道蛇口などと思っているとショックを受ける金額です。…HDDレコーダーとそんなに変わらない金額という感じ
この見積もりがサギまがいのものだったら嫌なので、一応見積もりをもらった業者さん以外でも金額を確認したのですが、そのお高いのは順当な金額なようです

…と、こちらも予定外な出費

先ほど交換修理が完了。支払いも終えました。
まぁ上等な蛇口で、業者曰くこの商品なら長持ちもするようです


来年は娘が受験だったりして、色々とお金がかかると思うので、ちと家計が心配になってきました(だったらプラズマTVは買うなよ…って話なんですけどね)。



さて、以下は映画観賞記録です。



「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」
(監督:ウェイン・クラマー、出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、2009年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんで「サロゲート」と一緒にレンタル。
2010年6月27日(日曜日)の夜9:00頃~鑑賞しました。



ストーリー
移民局I.C.E.の捜査官マックス(ハリソン・フォード)。海外からの不法就労者取り締まりが任務の彼だが、取り締まるべき対象に同情的で、つい気を遣ってしまう。メキシコに強制送還される女性がアメリカに息子を残したままだとその女性から聞かされたマックスは、彼女の息子を探し出しメキシコに送り届けるが…。
詳しくは…http://seiginoyukue.jp/





ピロEK的感想&点数
映画「ファン・ボーイズ」によれば…
「6デイズ・7ナイツ」以外では出演作に一本のハズレ映画も無い名優ハリソン・フォードの最新作です(※ハズレが無い云々は1998年時点での「ファン・ボーイズ」評価。私の意見じゃないので注意)。
…つっても主演ハリソン・フォードというよりは、移民に関わる色々な人を描いた群像劇ってな感じでしょうか

ハリウッド映画でいつも感心に思うのは、こういう社会派作品がちゃんと面白く鑑賞できるように作られていること
ここでは関係ない自国の映画を馬鹿にする必要もないのですが、こういうテーマで邦画だったらどうでしょう…退屈な啓発作品しか出来上がらないんじゃないかな。この「正義のゆくえ…」のように、銃撃戦、殺人事件、セックス…等の純粋娯楽映画寄りな要素を織り込みつつ、かつ破綻しないように、かつ訴えるべき事がある程度分かる作りの邦画なんて、私は観た事が無いですねぇ

そんな邦画批判はさておき、この「正義のゆくえ…」の感想。
全体的には「クラッシュ」に似た雰囲気の作品ですかね。その「クラッシュ」と比較して面白いかというと…そこまでには至らないかな(※「クラッシュ」の方が面白いという事ですね)。
この「正義のゆくえ…」も前述したように、社会派作品にも関わらず面白く鑑賞できる映画とはなっていますが、描きたいテーマの独自性は別として、面白さという点では「クラッシュ」に限定する事も無く、他に面白いモノもたくさんあるよなぁ…という感じ。朝鮮半島からの移民の青年(少年?)が同じ民族のギャングに巻き込まれていくあたりも、同じような題材なら「グラン・トリノ」の方が秀でているし、メキシコ国境関係関連なら比較する作品は多々
宗教関係者としてアメリカの市民権を得ようとするミュージシャン志望の男性とか、オーストラリアから女優になるためにグリーンカードを得ようとする女性のエピソードは比較する映画を観た事が無いですが、この二つは根っこが命に関わっていない分、そこまで深いエピソードでは無いしねぇ(オーストラリア女性の方は嫌な話ですけどねぇ…ただ、自分があの男性の立場だったら、魔が差すかもなぁ…ただ魔が差しても、後で自分の行為に嫌気がさすでしょうねぇ、この男性と同じように)。

と、他の(似たテーマの)映画と比較して、ドラマチックさが少なく、かつオチへ向かっても(良くも悪くも)淡々…という感じの映画ですかね。

まぁそんな中でも、イスラム教徒な少女の話は考えさせられる度が高いエピソード(他のは…結局個人の問題が大きい気が…)。

以下は個人的な意見ですが…
映画ではアメリカが過敏すぎる故に、あのイスラム圏少女が“不当”に家族と別れさせられ強制送還させられた描写でしたが…あの娘の思想は普通に危険だと思うんだよね
テロリストの立場とか気持ちとか…そういうのがあるのは当然で、そんな事をわざわざ考慮してたら…ねぇ
その意見を(若気の至りとはいえ)公の場で自分の意見として発表
それにアレルギーを感じたアメリカ人が反論・批判すると(若気の至りとはいえ)誤解を解くことよりも意見を通すことを優先しエキサイト
こういう人が若気の至りでテロに加担しないとは限らないですよね

言論の自由と、国家の安全保障を天秤に欠けた場合、(もちろんバランス感覚は必要ですが…)後者側が優先されるのは当然なんじゃないかなぁ…国の判断として。
反対に危険因子と思われる人物に対して過敏に反応せず、いざテロが起こって、犯人がこの映画の少女のような層から生まれていて…ということが分かったら私が普通の一般的なアメリカ国民なら対応の遅れに対して怒る
アラブ人だったら、その全員をテロリスト視して差別してるってアメリカ人も、もちろんいるのでしょうが、この描写はそういうのとは違うんじゃないかなぁ

…なんかガラに無く真面目な感じになっちゃいましたね
ここ(ブログ)で思想を晒す気は無い私ですが、まぁ一般論の範疇だよね上記は


あと、映画サイトのあらすじ等によれば、物語の中心っぽく思える殺人事件は割と薄めなエピソードですかね(と私は思いました)


点数ですが4点(5点満点中)
最近は点数甘めなのでまぁ4点相当ぐらい。
(※最初の方で比較した「クラッシュ」も4点ですが、当時と今では基準がちょい違うということで、ご了承ください

群像劇ですが、各エピソード、キャラクターの接点は薄め。相互にリンクというほどでも無いかな。
ハリソン・フォードの演じる人物も…主役と考えるとこれまた薄い感じかな。
これら各種薄さゆえなのか…
社会派作品なのに気軽に観ても問題ない塩梅の映画でした



補足・蛇足
ここまで書いててナンなのですが、

途中のイスラム少女についての見解部分への(強めな)反論はご容赦ください
逆に、変に右がかった賛同もご遠慮ください

多分、それらにまともに対応できるほどの私では無いので。
「貴重なご意見ありがとうございました」
とか言うのが関の山です



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 【映画】サロゲート…ソコソコ... | トップ | 今日から夜勤。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん (sakurai)
2010-07-27 18:17:08
日本とアメリカの一番の違いは、アメリカはすべて~系アメリカ人であること。
どんなテーマで映画を撮るのかは、お国柄ですが、それぞれの得意分野がありますから、日本映画がこういった切り口ではない映画が得手なんでしょうね、きっと。
移民を取り扱って、なかなかの秀作ではありましたが、ちょうど同じころに「扉を叩く人」というのを見ました、そっちがあまりに秀作だったもんで、こっちの評価が下がってしまいました。
ぜひ、扉を!!!
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2010-07-28 04:18:07
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>移民を取り扱って、なかなかの秀作ではありましたが、ちょうど同じころに「扉を叩く人」というのを見ました、そっちがあまりに秀作だったもんで、こっちの評価が下がってしまいました。

社会派作品(?)ってのは、観ようと思うときのテンションが整わないといかんので、なかなか観るのが難しいのですが…
「扉を叩く人」ですね。確か予告編だけは観た記憶があります。今度整ったら挑戦してみます。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
宣伝のミスリード (KGR)
2010-07-28 10:53:47
前宣伝からはこういうオムニバス系の映画だとは思いませんでした。
もう少し焦点を絞って、移民局の不正を暴くクライム・サスペンスかと、、。

ハリソン・フォードネーム・バリューに頼る宣伝手法は判らなくもないですが、ミスリードは評価を下げます。

私はイスラム系の扱いよりもメキシコ移民の話が気になりました。
アリシー・ブラガ(ブラジル出身)は、「アイ・アム・レジェンド」「レポゼッション・メン」でも見ましたが、濃い眉が魅力的です。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(KGRさんへ))
2010-08-07 23:20:44
★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>宣伝のミスリード

私はこの映画の予告やCFをたまたま観たことが無かった(多分)のでミスリードされることはありませんでしたが、やっぱりハリソン・フォードが活躍するサスペンスものを期待してた部分も確かにありました。
普通にそういうのを期待しちゃうところに、予告までミスリードしてるとなると…ちと問題ですね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

30 トラックバック

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんでもハリ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (だらだら無気力ブログ)
現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の 摘発が仕事だが、彼らの立場に同情的な態度を取っていた。 そんなあ...
mini review 10462「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、『ダウト』...
正義のゆくえ I.C.E.捜査官 (迷宮映画館)
まだこういう映画が作れるんなら、間に合う。
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる (はらやんの映画徒然草)
映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) (シネマ・ワンダーランド)
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮...
★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、 新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (とりあえず、コメントです)
ロサンゼルスを舞台に不法滞在者たちの生き様を描いた群像劇です。 ハリソン・フォード演じる移民局捜査官の苦悩と共に 悲喜こもごもの運命を辿る人々の姿が心に残る作品でした。
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(2008)/アメ... (NiceOne!!)
原題:CROSSINGOVER監督・脚本:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、アリシー・ブラガ公式...
正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:CROSSING OVER。ウェイン・クラマー監督、ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、ジャスティン・チョーン。 ハリソン・フォードが缶コ...
試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」 (流れ流れて八丈島)
新宿明治安田生命ホールで、試写会「正義のゆくえI.C.E.特別捜査官」を観てきました不法滞在の問題を扱った社会派ヒューマンドラマです。ハリソン・フォードが移民局の捜査官を熱演し...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (Memoirs_of_dai)
グリーンカードを巡って 【Story】 ロサンゼルスの移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2009) (銅版画制作の日々)
アメリカを守る正義か。                 人々を救う正義か。 原題:CROSSING OVER 東宝シネマズ二条にて・・・。今回はポイントにて鑑賞しました。ハリソン・フォードがメジャースタジオ以外の映画に出演するのは初めてらしいです。出演理由は彼がこ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月10日(土) 16:25~ TOHOシネマズ シャンテ3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:700円(買っていない) 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』公式サイト 移民と不法滞在者がテーマ。 メキシコ、イラン、イスラエル、パレスチ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E)のベテラン捜査官、マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まることを仕事にしていますが、彼らの境遇に対し、同情してもいました。メキシコから不法入国してきた若い母親のミレヤは、息子を残したまま、メキシコに...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (映画道)
チェック:アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。 職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 不自由な国やんな亜米利加 (労組書記長社労士のブログ)
【 48 -11-】 台風14号で太平洋側は炸裂している{/m_0228/} もともと友人達とは日月で海に行きましょうという約束していたので、今日はもともと海行く予定にしていなかった。 しかしせっかく波があるし、よーし内海の台風ポイントに日帰りで行こうと思ってみんなに「行き...
正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官 (映画鑑賞★日記・・・)
【CROSSING OVER】 2009/09/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスアメリカを守る正義か。人々を救う正義か。さまざまな人種、事情を抱えた移民が...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 (Cinema + Sweets = ∞)
YAHOO!動画のオンライン試写会で当たったので、ハリソン・フォードの最新主演作『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』をストリーミングで視聴しました。 24時間以内に視聴しなくてはならないから、映画を観る気分かどうかなんておかまいなしに観なくちゃいけないのがちょっ...
『正義のゆくえ I.C.E特別捜査官』 (めでぃあみっくす)
不自由の国アメリカ。本来ならイスラム、ユダヤ、アジア、アフリカン、アングロ・サクソンなど様々な人種が「星条旗」という国旗と国歌の下で一つにまとまるはずの国アメリカ。でも現状は人種によって主張する正義がバラバラでまとまりのない国アメリカ。 同じ社会派群像...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 (ラムの大通り)
(原題:Crossing Over) ----ハリソン・フォード久しぶりだよね? この映画、あまり噂をきかなかったけど…。 「彼にしては、珍しいメジャースタジオ以外の作品。 それこそ有名になって初めてと言っていいんじゃないかな」 ----それって逆に言えば、 どうしても出演した...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:CROSSING OVER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ハリソン・フォードが長年のキャリアの中で、初めてメジャースタジオ以外の作品に出演。 不法入国、アメリカ永住権=グリーンカードなど、アメリカの移民事情を題材にしたヒューマンドラマ。 マッ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (勝手に映画評)
ハリソン・フォードが初めて出演した、メジャーではないスタジオの作品。メジャーではないので配給が弱く、日本でもロードショー系の映画館ではあまり上映されないようです。 『バベル』で見られたような、異なる人たちが、同じ時間軸を異なる場所で過ごしていく描き方を...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 水を得た魚くん?酒屋ショップのクリフ・カーティス。
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Crossing Over」2009 USA   マックスに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」のハリソン・フォード。 ハミードに「ファウンテン 永遠につづく愛/2006」「ダイ・ハード4.0/2007」のクリフ・カーティス。 コールに「フィールド・オブ・ドリ...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (心のままに映画の風景)
LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。 縫製工...
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」:上池袋一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この先へ行くと、どこにたどりつくんだ? {/hiyo_en2/}さあ、深々とした森が続くのか、視界が一気に開けるのか、ゆくえはわからないわね。 {/kaeru_en4/}正義のゆくえがわからないようなもんかな。 {/hiyo_en2/}ウェイン・クラマー監督のアメリカ映画「正義...
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 (こんな映画見ました~)
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 ---CROSSING OVER--- 2009年(アメリカ) 監督:ウェイン・クラマー 出演: ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、メロディ・カザエ...
『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックスは不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカ