ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ベオウルフ/呪われし勇者…何故アニメなんですかねぇ?

2008-07-03 23:43:34 | 映画・DVD
先日、某レストランで「よろしかったら書いてください」と言われて渡された短冊に、ガンダムのイラスト付きで宇宙の平和を願っておいたピロEKです
因みに息子は「弟の病気がなおりますように」と書いていました。うちに男子は息子1名しかおりません
馬鹿親子です

ところで皆様…
ペプシネックス飲んでますか
私は、今日2本ドリンキング~
ノンカロリーだからだいじょうV
成果はシス卿×2種、フェット親子、トルーパー×3種です(ということでペプシの在庫は5本)。

これって16種もあるんだよね。人気のありそうなものは押さえたから後はスーパー待ちかなぁ。


さて、本日は映画レビュー。
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の記事を書きたいのはヤマヤマですが、その前に数本ノルマが御座いますので、まずはそちらから消化させていただきます。



「ベオウルフ/呪われし勇者」
(監督:ロバート・ゼメキス、出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、2007年アメリカ、フルCGアニメーション)

TSUTAYAさんで「フライボーイズ」と一緒にレンタル。
2008年6月28日(土曜日)深夜から、翌日29日(日曜日)にかけて鑑賞しました。



ストーリー
古典叙事詩の映画化。
古代デンマーク、フロースガール王(アンソニー・ホプキンス)の王国は度重なる巨人グレンデル(クリスピン・グローバー)の襲撃を受けていた。その討伐に海を渡って来た戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)が立ち上がり、激戦の末にグレンデルを打ち負かしたベオウルフだったが、平穏は束の間しか続かず、部下たちがグレンデルの母(アンジェリーナ・ジョリー)の手により皆殺しにされてしまう。母の討伐に出かけるベオウルフだったが…。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/beowulf/





ピロEK的感想&点数
「ポーラー・エクスプレス」を観てない私ですが…
最新のパフォーマンス・キャプチャー技術で…ってこんな程度だったのね
CGアニメとして特に優れた作品とは思わなかったです。期待はずれな映像だったかな…
実写としてもアニメとしても中途半端というのが正直な感想です
CGオンリーにしちゃう利点って一体何なのでしょうか…作る側の都合(アングルを後で変更出来たり
…顔の表情なんかは特に気合いを入れて頑張ってるのでしょうが、“手”が映ったりすると如何にもCGアニメな動きで表情薄
ダメダメじゃないんです。「ベクシル 日本鎖国」なんかに比べると随分レベルは高いわけですが、実写(本物)を見慣れた目にはいかにもオモチャっぽい感は否めません。
ロバート・ゼメキス曰くの(「ホワット・ライズ・ビニーズ」のメイキングでゼメキスが言っていた)、CGじゃないと描けないタイプの映像ってのも多用されているようですが、実写の中のCGだと効果的ですけど、全部CGだと有難味無いですね(アニメだし)。
…実写と遜色無い(かつ、もちろんCGの特性も活かした)フル3DCGアニメの登場にはまだまだ時間を要するようです。炎を吐く竜はカッコ良かったけどねモーハンみたいで。

で、お話(ストーリー)の方なんですが、
単純かつイマイチ盛り上がりに欠ける内容
で、結構ベタな展開(古典の映画化なので仕方ない部分もあるんでしょうけど)。
バットエンディング(?)なオチもベタです

…で、前半の回想シーンで海の怪物と闘った最後に出てきた人魚(?)って何者、その後の複線でも無かったんですけど…原作の伝承知ってたらわかるのかな


あと、何故か男性のヌード率が高い作品。ソフト下ネタ(?)も多め。
ベオウルフの股間が上手く隠れるようになっているのはネタだったんですかね
ネタといえば…
ベオウルフがオオカミのカブリモノした敵国の捕虜な人に「臆病者!」とか言われた時の演出。
ピクリっとなるベオウルフな演技って…「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でチキン呼ばわりされた時のマーティーのセルフパロディだよね…違う…もし、そうなのならグレンデル(クリスピン・グローバー)がベオウルフに頭叩かれた時もオドケてほしかったピロEKです。


ということで点数は3点(5点満点中)程度。
この映画の手法が正しいのか否かの論議は置いといて…どうしても続けるというのならもっとリアルに近づいた次回作に期待です。



補足・蛇足
ハリウッドがまたストに突入するかも?らしいです。
今度は、全米俳優組合とのこと。
このゼメキスな手法だったら俳優がストしても映画作れるのかも
…狙いソコ



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ペプシネックス | トップ | 本日はR2&ストームトルーパー »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-07-04 08:51:33
男性の裸が何気に多かったけれど、全然萌え対象じゃなかったです。
CGは、アンソニーやアンジェリーナは似せてありましたが、主演のレイ・ウィンストンだけは詐欺といえるほどイイオトコになってましたね~。
本物の写真を見て驚きましたもん。

ところで、息子さんのお願い、サイコーですね~♪
何を思ってそういうお願いをしたのか!?
まさかピロEKさん隠し子がいる???

SW大好きなんですけど、このペプシネックスのオマケは個人的にはイマヒトツです。
サントリー烏龍茶のオマケのパンダスタンプの方が欲しいです。
TBありがとうございました♪ (sakurai)
2008-07-07 08:33:44
この際、映画はどうでもいくて、ジュニアさんの願い事が最高!!
一体、どういう教育をされると、そんな面白い子になるのですか?
ぜひ、秘訣を。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2008-07-09 22:51:52
最初はアニメとは知らずにぷらっと見に行ったので始まってから知り驚きました。
ま、私はアニメだったお陰でスプラッタシーンが無事に鑑賞できて良かったですが(笑
私は3Dで鑑賞したのでそこそこ迫力がありました。
だって目の前に色々なものが飛び出してくるのですから。
3Dか2Dかでも印象は変ってくるかも知れませんね。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさん、sakuraiさん、hyoutan2005さんへ))
2008-08-03 15:57:12
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます
ホント反応が遅くてスイマセン

>男性の裸が何気に多かったけれど、全然萌え対象じゃなかったです。

CGってのもあるんでしょうが、オッサンの裸ばっかりですからねぇ
ちなみに男性の私からみても、このアンジェリーナ・ジョリーの裸は特に嬉しくはない感じでした。

>主演のレイ・ウィンストンだけは詐欺といえるほどイイオトコになってましたね~。

インディにも出ていましたが、太った中年俳優ですもんねぇ本当は
でも、こういうこと(詐欺的にカッコよくしたり)できるのが、この手法の利点なのかもしれませんねぇ。

> SW大好きなんですけど、このペプシネックスのオマケは個人的にはイマヒトツです。

ベアブリックはイマイチって意見よく聞く気がします。
SW側(等のソース側)からみたら特に「クマである理由が???」的な感じもあるみたい。
…という理由以外でも、ヨーダとか、イウォークとかのデザインが可愛くないですね今回。

>まさかピロEKさん隠し子がいる???

隠し子がいるぐらいの甲斐性が欲しい(モテ度的にも、金銭的にも)ピロEKです

では、また来てくださいね。今後ともよろしくおねがいいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
ホント反応が遅くてスイマセン

>一体、どういう教育をされると、そんな面白い子になるのですか?

放任過ぎましたかねぇ
親がくだらないことばかり言ってると、同じような子供が出来上がるようです
小手先には面白い息子ですが、運動も勉強もしない困った子供です。
このままではガリガリガリクソンみたくなっちゃうかも…あんなに太るとは思えませんが…と、心配している私です。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくおねがいいたします。




★hyoutan2005さんへ★

いつもコメントありがとうございます
ホント反応が遅くてスイマセン

>最初はアニメとは知らずにぷらっと見に行ったので始まってから知り驚きました。

アニメだと知らなかったって人もよく聞きます。
私はこの映画の公開当時、行きつけの床屋さんで「最近オススメの映画とかありますか?」って聞かれて話をするうちに「ベオウルフって面白そうですね、アレ観にいこうと思ってるんですけど」と…アニメ映画てあんまり観るタイプの人では無かったので「アニメだよ」と教えてあげたりして(行くのを止まったみたいです)…。

>私は3Dで鑑賞したのでそこそこ迫力がありました。

3D版だったんですよねそういえば。
3Dだと迫力は随分増しそうですねぇ…わざわざ観に行ったとは思えませんが、3D鑑賞出来なかったのは残念です。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事