ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

ロード・オブ・ウォー…DVD購入して鑑賞。

2006-06-18 21:53:17 | 映画・DVD
私もヨメも昨日は夜にかけて仕事だったんで、本日日曜日(6/18)は大切な家族団欒の日だったわけですが、長男は塾。娘は書道競書会(こちらにはヨメが同行)と、結局バラバラに過ごしてしまいました。

本日は父の日。
私は父親にブランデーをプレゼント。
私も人の親ですが、今のところ何にもないですなぁ



さて、今日も映画の記事です。
昨日の「ブリスター」の他、「ファンタスティック・フォー」「パッチギ」をレンタル中(まだ「ブリスター」以外は未鑑賞)。

でも、今日は購入したDVDから。


「ロード・オブ・ウォー」
(監督:アンドリュー・ニコル、出演:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン、2005年アメリカ)

なんだかDVDが欲しくなって購入
私が映画を買うパターンのキーワード、「中世ヨーロッパ」「ファンタジー」「戦争」のうち、今回は当然「戦争」があてはまる作品ですが、他の戦争映画とはチョッと違いました。


ストーリー
ウクライナから移民のユーリー(ニコラス・ケイジ)は、目の前で行なわれた銃撃戦に触発され、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買をはじめる、次第に順調になっていく商売だったが…
詳しくは…http://www.lord-of-war.jp/index2.html


ピロEK的感想&点数
日本語で鑑賞してると…
ん?、バトーさんの声がする(あるいはガトーさん)…ってデジャブ??…
(本当はこちらのほうが「ブリスター」よりも先に鑑賞。それにニコラス・ケイジはいつも大塚明夫ですよね。わざわざ言わなくても


鑑賞前は、なんとなくコミカルなお話(ブラックコメディ)かなぁなんてぼんやり思っていたのですが、それは概ね勘違い(?)でした。

描写が淡々とはしてるけど、それがかえって怖い映画です。

オープニング、銃弾視点の部分の最後、アフリカ人(子供)の頭に命中するシーンで、まずぞっとしました
主に主人公はアフリカで商売するのですが、アフリカ人がたくさん死にます。描き方は悲壮な、もしくは残忍なシーンを交えた描き方ではなく、あえて現象として描いているような感じ。

自分の売った武器で、人が死ぬ…というか虐殺される。

そのことに気がついているのに「自分たちには関係無い」と嘯くユーリー。
気がついてしまったから、ドラッグ中毒にもなるし、最後にはアフリカ人を助けようとして死ぬヴィタリー。

武器商人を生業としているのに、自分の息子のオモチャの拳銃をこっそり捨てるユーリー(ここは見どころのひとつ?ですよね)。

触れたくない世界だけど、自分の生活の何クッションか先にこういう世界があると思うと怖いですなぁ。

ラストで逮捕されたユーリーが当たり前のように釈放されるくだり(アメリカが武器輸出するのに必要な隠れ蓑だから)は、こういうことはあると判っていても再度考えさせられるメッセージかな。
私には、どうにもできませんけどね。

ニコラス・ケイジのいつもの演技は、この作品の役柄にピッタリ。
(なんだか神経質そうでシニカルっぽい表情?)
いつもはオバカに見えるんですが、今回はマッチしてるような気がします。

あと、増毛はさらに進行中ですね。

点数は4点(5点満点中)
ニコラス・ケイジの映画って買ってまで観たの初めてです。たしか。


補足・蛇足
今回は特にありません。
再鑑賞したらいくつか思い浮かぶかもね。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリスター…邦画ブーム続行中 | トップ | パッチギ…邦画マイブーム第5弾 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (カヌ)
2006-06-19 00:09:59
ユーリーは武器商人としての才能はあっても、好きでやってるというより、金儲けの道具としてしか考えてない。だから子供には普通の父親なんでしょうね。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-06-19 22:12:46
ニコラスを見るたびに増毛度をチェックしてしまうという悪い癖が付いています(汗)

彼はこの役にぴったりでしたね~。

武器の見本市みたいなのに各国要人が来ているのもなんだか当たり前のことみたいで怖かった。

売っているものが「武器」なだけで、なんらその先に想像力が働かないって恐ろしいことですね。
★★カヌさんへ★★ (ピロEK(カヌさんへ))
2006-06-20 23:37:40


毎度、コメントありがとうございます。



>ユーリーは武器商人としての才能はあっても、好きでやってるというより、金儲けの道具としてしか考えてない。だから子供には普通の父親なんでしょうね。



子供の銃を捨てる描写。

ユーリーは武器商人という特殊な職業ですが、先進国の人間は大なり小なりこういう行為をしてるんだろうなぁ…と、考えさせられました。



では、またきてくださいね。
★★ミチさんへ★★ (ピロEK(ミチさんへ))
2006-06-20 23:45:11


毎度、コメントありがとうございます。



>ニコラスを見るたびに増毛度をチェックしてしまうという悪い癖が付いています(汗)



こういった映画で着眼点が増毛(若しくは育毛)というのも、なんだか不謹慎な気がしますが、気になりますよねぇ。



>彼はこの役にぴったりでしたね~。



ニコラス・ケイジの飄々感(本人が意識しているかどうかは?)にマッチした役柄と私も感じました。逆に「コン・エアー」「フェイス・オフ」みたいな役柄は「アレ?」って思っちゃいますけどね。



>売っているものが「武器」なだけで、なんらその先に想像力が働かないって恐ろしいことですね。



そうですね。戦争には直接関係無いとしても、私達の世界全体との比較でみたら豊かと思われる生活の裏側で、命がけの生き方しか出来ないなんて人もいるんでしょうなぁ。

個人の力ではどうにも出来ないですけどね。



では、またいらしてください。
おじゃましま~す (kobitopenguin)
2006-06-22 06:38:33
TBいつもありがとうございます!

ミケは今作は意外と楽しめました。

所々コミカルで、でもただ単に笑える作品じゃないのが良かったのかもです。

でも実在した武器商人の話だと思うと、恐いですよね…。あのラストとか、考えさせられるし…。
★★kobitopenguinさんへ★★ (ピロEK(kobitopenguinさんへ))
2006-06-24 23:25:46


コメント毎度ありがとうございます。



>所々コミカルで、でもただ単に笑える作品じゃないのが良かったのかもです。



ぱっと見はコミカルな感じの映画ですが、怖くて、考えさせられる映画でしたね。

娯楽を期待して観ちゃうとキビシイかも知れませんが、いい映画でした。

では、またきてくださいね。
TBありがとうございました♪ (こでまり)
2006-07-10 10:48:42
こんにちは!

テーマとしては、と~っても重いものなんだけど、

それをカラっと描いていましたね。

弟の反応の方が、理解できました。

彼の最期は可哀相だったけど・・・

それでも、商売を辞めないユーリーって・・・ちょっと理解に苦しみます。

周りも辞めさせてくれないんでしょうけど。



ちょっと考えさせられる映画でした。
★★こでまりさんへ★★ (ピロEK(こでまりさんへ))
2006-07-12 22:16:49


コメントありがとうございます



>ちょっと考えさせられる映画でした。



考えさせられるし、深く考えると怖い映画なのですが、

説教臭いつくりにもなっていなくて、だから逆に訴える力がある映画ですよねコレ。

(かといって、私に答えは出せませんが)

では、また来てくださいね。
TB、感謝です! (カゴメ)
2006-07-24 18:49:16
ピロEKさん、トンコブ(とんとご無沙汰してましたの意)でした♪



>武器商人を生業としているのに、自分の息子のオモチャの拳銃をこっそり捨てるユーリー(ここは見どころのひとつ?ですよね)。



「俺の子なら本物を持て」と実物を1丁手渡したら、

相当な大物なんだけど(笑)。



>私には、どうにもできませんけどね。



たっかいダイヤの指輪を奥さんにプレゼントするのを諦めれば、

多少は貢献できるですよ、世界平和に。

(カゴメは努力継続中。あ、結婚してなかった!笑)



>あと、増毛はさらに進行中ですね。



え! やっぱりそうなの!?
★★カゴメさんへ★★ (ピロEK(カゴメさんへ))
2006-07-29 13:36:30


コメントありがとうございます。



>たっかいダイヤの指輪を奥さんにプレゼントするのを諦めれば、

>多少は貢献できるですよ、世界平和に。

>(カゴメは努力継続中。あ、結婚してなかった!笑)



この点では私も努力継続中かも

結婚してからコッチ、奥さんに宝石or貴金属買ってあげたことなんか記憶にありません



>>あと、増毛はさらに進行中ですね。

>え! やっぱりそうなの!?



このペースだと、数年後にはフサフサかも…

というふうに見えるんですが、

ハリウッド俳優ならお金もってるから、超高度な「育毛」かも??



では、またきてくださいね。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

映画館「ロード・オブ・ウォー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実際にあった話を映画化したという、武器商人のお話。 悪いことがはびこる世の中、でもそれで儲かる人がいるっていうのも事実。最近話題になっているマンション問題を思い出しちゃいました。スケールは違いますが「人が死のうが生きようが私には関係ありませぇ ...
ロードオブウォー/ lord of war (我想一個人映画美的女人blog)
       無数の弾丸の上を歩いてたニコちゃんが、突然振り向く。 「今、世界には5億5千丁の銃がある。  ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は1人1丁の世界」 ジュードロウをこの世に知らしめ、(たぶん)ユマサーマンとイーサンホークを出逢わせてし ...
ロード・オブ・ウォー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  生と死の狭間をビジネスする究極リーマン
ロード・オブ・ウォー (ネタバレ映画館)
 「ランボーが使ってた銃をくれ!」「1、2、3・・・どれ?」「1しか観てない」「じゃ、M60だ。それ」
「ロード・オブ・ウォー」 (the borderland )
「キングコング」も初日なのに、ニコラス・ケイジを観てきました(^^; 年末の忙しいなかで、なかなかペースが上がらんなぁ。 タイトルロールでいきなり魅せてくれます。 「チャーリーとチョコレート工場」は、昔、NHKでやっていた「働くおじさん」で見 ...
★「ロード・オブ・ウォー」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年1本目の劇場鑑賞映画。 戦争物は余り得意じゃないけど・・・ この映画は武器商人の話らしいし・・・ 今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。
『ロード・オブ・ウォー』 (ラムの大通り)
----この映画、最初『アメリカン・ビジネス』という タイトルで公開される予定だったよね。 結局、原題に戻っちゃったね。 「うん。なぜだろう?あまりにも生々しいからかな。 旧ソ連のウクライナから家族とともに 移民としてアメリカに渡ったユーリー(ニコラス・ ...
【劇場鑑賞2】ロード・オブ・ウォー ―史上最強の武器商人と呼ばれた男―(LORD OF WAR) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今世界には 5億5千万丁の銃がある。 ざっと12人に1丁の計算だ。 私が目指すのは・・・ ”1人1丁の世界”
ロード・オブ・ウォー (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃない ですよねぇ。 劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクション の方が出が良いので、そーゆー ...
『ロード・オブ・ウォー』 2005・12月23日に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ロード・オブ・ウォー』 公式HPはこちら ← 旧ソ連ウイクライナ生まれのアメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて銃の密売に手を染め始め、自分の商才に目覚める・・・・ ●コラ ...
ホンマにフィクションか?~「ロード・オブ・ウォー」~ (ペパーミントの魔術師)
ナイチンゲールが白衣の天使なら、 ユーリ・オルロフはスーツを着た死神ってとこですか? 自分がどっちに多く武器を売るかでその戦争の勝敗すら もしかしたら支配してしまうわけですし・・・。 前に書いたbooksのレビューはこちら。 →「ロード・オブ・ウォー 至 ...
映画「ロード・オブ・ウォー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ロード・オブ・ウォー」★★★☆ ストーリー: レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立ち、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買 ...
武器商人の目を通して銃社会を批判◆『ロード・オブ・ウォー』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月18日(水)109シネマズ名古屋にて ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。彼は少年時代にユダヤ系と偽ってアメリカに家族で移住し、幼少から偽りの身元を持ちながら生活していた。両親はニューヨークのブライト ...
ロード・オブ・ウォー (映画鑑賞★日記・・・)
『LORD OF WAR』公開:2005/12/17監督: アンドリュー・ニコル出演: ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン、ジャレッド・レトー、イアン・ホルム、ドナルド・サザーランド、サミ・ロティビ、イーモン・ウォーカー ソビエト連邦崩壊 ...
ロード・オブ・ウォー(2005) (萌映画)
悪びれない武器商人の話である。彼は自動車を売るように銃を売って歩く。危ない橋も渡るが持ち前の機転と商才で切り抜ける。 これは実話に基づくフィクションだそうだ。エロでもグロでもないのにR-15指定だ。空絵事じゃないから?それって間違ってないか?PG ...
ロード・オブ・ウォー (土曜の夜は・・・)
story 史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレー
ロード・オブ・ウォー (Lord Of War) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アンドリュー・ニコル 主演 ニコラス・ケイジ 2005年 アメリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★ “民主主義VS社会主義”という建前も冷戦の終結と同時に意味を成さなくなる。大儀を失った現代では、“圧制から人々を救う”という見え透いた嘘で戦争を続ける大 ...
「ロード・オブ・ウォー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロード・オブ・ウォー日活このアイテムの詳細を見る ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともに アメリカに渡ったユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。やがてニューヨークに レストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーは あ ...
「ロード・オブ・ウォー」(106) (映画とワンピースのこでまり日記)
これが事実に基づいているなんて、やるせなさ過ぎる・・・’05 アメリカ 122分監督・・・アンドリュー・ニコル出演・・・ニコラス・ケイジ ジャレッド・レド ブリジッド・モナハン イーサン・ホークソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に ...
ロード・オブ・ウォー (色即是空日記+α)
ぐはっっ、、、、なんちゅー、、オープニングや、、。 イタイイタイイタイ。。 あの銃弾は私に届いた。
ロード・オブ・ウォー (。○o。.1日いっぽん映画三昧.。o ○。)
長かった。いつレンタル屋に借りに行っても貸し出し中の「ロード・オブ・ウォー」を
「ロード・オブ・ウォー」、相対するのは自分?!★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「ロード・オブ・ウォー」 (2005) 米 LORD OF WAR 監督:アンドリュー・ニコル製作:ニコラス・ケイジ ノーマン・ゴライトリーアンディ・グロッシュ アンドリュー・ニコル 他、製作総指揮:ブラッドリー・クランプクリストファー・エバーツ ファブリス・ジ ...
ロード・オブ・ウォー(DVD) (ひるめし。)
弾丸[タマ]の数だけ、札束[カネ]が舞う―――。
【映画】 ロード・オブ・ウォー (REAL LIFE)
出演: ニコラス・ケイジ(Yuri Orlov) イーサン・ホーク(Jack Valentine) ジャレッド・レト(Vitaly Orlov) ブリジット・モイナハン(Ava Fontaine Orlov) イアン・ホルム(Simeon Weisz) 監督:アンドリュー・ニコル 製作:アンドリュー・ニコル、フィリップ・ル...
ロード・オブ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが―     監督 : アン...
ロード・オブ・ウォー (とんとん亭)
「ロード・オブ・ウォー」2005年 米 ★★★☆ 80年代から世界中の紛争地帯で武器を売り込み巨万の富を築いたウクライナ系 アメリカ人ユーリー・オルロフの半生。実在する武器商人をモデルにした物語。 少年時代に家族と共に渡米したウクライナ人ユーリー(...
「ロード・オブ・ウォー」  Lord of War (俺の明日はどっちだ)
略称「チャリチョコ」を少々思い出す秀逸な銃弾製造の工場のシーンから売買が行なわれ紛争国に運ばれ、実際に使用されるまでの過程を銃弾そのものから見た視点で描く、そのスタイリッシュなオープニング、しかもそこで流れるのが、懐かしのバッファロー・スプリングフィー...
ロード・オブ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『史上最強の武器商人と呼ばれた男』  今日は、多分今年の劇場鑑賞納めという事でコチラの映画を観てきました♪多分ってのは、明日は今のところお家でDVD鑑賞しながら、夜のPRIDEに備えようと思ってるからですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ  いつもお世話になっているこっ...
ニコラス・ケイジ「ロード・オブ・ウォー」 (のほほん映画鑑賞)
ウクライナからの移民、ユーリー・オルロフ。 社会の底辺でくすぶっていた彼が、武器売買でその商才を発揮する。 捜査を逃れようと、武器輸送船の名前を急いで塗り替えたり、証拠隠滅のため、武器を土地の人々に持って行かせたり・・・ 賄賂をつかませ、闇取引や法律す...