ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減

2010-08-24 14:17:20 | 映画・DVD
九州よりも東京の日没が早いのが違和感だったピロEKです。
今週は夜勤週。お仕事は多めです

毎年この時期は少し忙しいらしく、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞…未だに書けてい無いモノも沢山ホントスイマセン



以下はまたまた映画観賞記録
他の記事は完全(?)に止まっちゃったなぁ



「サブウェイ123 激突」
(監督:トニー・スコット、出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、2009年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「シャーロック・ホームズ」と一緒に届いた一本。2010年8月1日(日曜日)の夜に鑑賞しました。



ストーリー
ジョン・ゴーディ原作の小説「サブウェイ・パニック」の映画化作品(3度目の映画化との事)。
ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)は地下鉄ぺラム123号の異変にいち早く気が付く。ぺラム123号はライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗る男をリーダーとする一味にジャックされており、ライダーは最初に無線連絡したガーバーを交渉役に指名。人質の命と引き換えに市から1,000万ドルを支払うように要求してくる。
詳しくは…http://bd-dvd.sonypictures.jp/thetakingofpelham123/site/





ピロEK的感想&点数
冒頭部分は如何にもトニー・スコットスタイリッシュ映像からスタートしたので、ちと不安が過りましたが…まぁそういうのばっかりを観させられる事も無く、普通に楽しめた作品です。
「ドミノ」で感じたトニーへの不信感は、「デジャヴ」とコレで確実に払拭されつつあります。良かった良かった。

内容ですが…
地下鉄ダイヤを巧みに利用した「点と線」系(?とかではないので、未見のテツの方なんかは期待をしすぎないようにご注意。割と単純な犯罪モノです
…個人的には、このぐらいの塩梅が普通に楽しめるかと

犯人と、交渉人に成り行きで任命された職員の攻防…ってのがメイン。
この攻防なのですが、デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの演技方法の違いからなのか、はたまた脚本に元々盛り込まれた意図からなのか、終始デンゼル・ワシントンがジョン・トラボルタを何処か馬鹿にした感じに思えました…本来の劇中の立場は逆(だと思う)なのに…。

ラストも…哲学風味で芝居がかった屁理屈を語ってああなっちゃうトラボルタ犯人。
しかしそんなことは意に介した様子も無く家庭に戻るデンゼル職員。

犯罪者が語る哲学とか生き方とかなんて、一般人が家に帰宅する事以下(※牛乳以下)
って、メッセージだと私は受け取ったんだけど…
ソコが実は、
デンゼルは白けた感じの演技しか出来ない。
トラボルタは知性派の役をもらっても馬鹿っぽい演技になっちゃう。
…っていう状況から生まれた“偶発的な”演出でした…脚本はこんなんじゃないですよ…なんて事は無いですよね(少なくとも、そんな二人を見越してのキャスティングだと信じたい)。

トラボルタのワルボルタは、まぁ何度目かですが…
彼の大袈裟マフィアとか、バカサイコとかはちょっと観飽きてて顔は悪役向きなのに魅力的な悪役は一回もやっていないなぁ…とか思ってるんだけど、今回はまぁまぁ及第点…っていっても過去との比較級なんですけどね
少なくとも特殊メイクでファッティな女性になっていたヤツよりは数倍良かったです。
…もしかしたらあのダメな個性(※トラボルティング)を打ち消すべく演技指導が強めに入った結果かもしれませんね


と、何故かトラボルタ批判率の高い文章となっちゃいましたが
点数は4点強(5点満点中)。
普通に面白くオススメな作品です
私はやっぱこういう普通の(あんまり頭を使わない…ベタな)犯罪アクションが一番楽しめる一般人なようです



補足・蛇足
関係無い話なんだけど…
この地下鉄もの映画を観ていて思い出したのは「交渉人 真下正義」のラストのモヤモヤ。
あの映画って何で犯人が分からないつくりになっているんですかねぇ。考えていないだけなんかなぁ



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
« 【映画】シャーロック・ホー... | トップ | 【映画】ターミネーター サル... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
踊る (sakurai)
2010-08-24 19:56:49
犯人はいつもしょぼいですよね。
普通の人の犯罪・・・というのをクローズアップさせたいのかは知りませんが、いつも感じます。
うーん、これは期待がちょっと大きかったもんで、微妙に外した口かも。
やっぱ、もっと地下鉄を動かしてもらいたかったかも。
あ、トラちゃんと言えば、「パリより愛をこめて」がなかなかよかったです。
まだDVD出てないか。。。
あたしのジョナサンの方が目当てでしたが、トラちゃん、50すぎて父ちゃんになるかして、がんばってますわな。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-08-25 04:06:25
こんばんは~♪
仰る通り、トニー・スコット過ぎなかったのが良かったですね!
てか、トラボルティングwww
最高ですw使わせて頂きますw
ま、今回は悪くなかった気がしました(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、Aki.さんへ))
2010-10-09 03:46:00
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>犯人はいつもしょぼいですよね。

実は「踊る」に詳しくないのです。でもたまに観た話はグダグダで終わってる感があります。

>やっぱ、もっと地下鉄を動かしてもらいたかったかも。

トリックとか推理の面でちょっと薄めではありましたね。
でも地下鉄を動かしすぎた挙句「真下正義」では仕方ないわけで、このぐらいが無理が無いのかも知れません。

>あ、トラちゃんと言えば、「パリより愛をこめて」がなかなかよかったです。

TSUTAYA DISCASの予約画面でトラボルタの顔を見かけ、無意識にスルーしておりました。
リストに加えておきます。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>仰る通り、トニー・スコット過ぎなかったのが良かったですね!

冒頭部分では心配しましたもんね

>てか、トラボルティングwww
>最高ですw使わせて頂きますw

私発信の造語ってつもりは無いんですよ。
ネットでも何件かヒットしますし
…ただ、この記事書いて以降はこれがトップに来ちゃいますけどね
許可する立場でもありませんが、もちろんご自由にお使いくださいませ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
オリジナル (iina)
2010-10-20 10:11:29
こんにちは、DVD観賞でしたか。
オリジナルは、喜劇俳優?ウォルター・マッソーが、抑え気味なユーモアで犯人ロバート・ショウ
と交渉するのが見物です。この交渉のやりとりの中の癖がラストに冴えます。
捜査で犯人宅をマッソーが訪ね、帰ろうとした矢先に犯人がクシャミをし、交渉中の犯人の癖と悟って
幕となる寸法です。

TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2010-11-16 17:23:56
まぁさすがにこれだけのスタッフ・キャストなので(笑)
それなりに楽しく観れましたね。
ただ、サスペンスなのにイマイチ緊張感に欠ける感があったのは残念でした。
オリジナルの方が遥かに面白いらしいので
またオリジナルも観てみたいです。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(iinaさん、ONE OF THE BROKENさんへ))
2010-11-23 21:56:59
★iinaさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>オリジナルは、喜劇俳優?ウォルター・マッソーが、抑え気味なユーモアで犯人ロバート・ショウ
>と交渉するのが見物です。この交渉のやりとりの中の癖がラストに冴えます。

オリジナルも面白そうですね。
古い映画というのは、なかなか観る機会が無いのですが、気に留めておこうと思います。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>まぁさすがにこれだけのスタッフ・キャストなので(笑)
>それなりに楽しく観れましたね。

そうですね。逆にこのスタッフ・キャストでつまらない作品だったら大問題ですよね

>オリジナルの方が遥かに面白いらしいので

iinaさんも仰っていますが、オリジナルの評判って良いのですね。
レンタルで探してみようかなぁ…本当は衛星放送の無料枠とかであれば良いのですが。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

64 トラックバック

サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公開...
サブウェイ123 (迷宮映画館)
トニーさんにしちゃあ、痛さが少なかったような。
サブウェイ123 激突 (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 多少のスランプはあったものの、次から次へと世の中的に評価される作品を作り出す兄とは対称的に、ハマった時とそーでない時のギャップがやたら激しい気がする弟、トニー・スコットの監督作品で御座いま...
サブウェイ123 激突 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE TAKING OF PELHAM 123) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1973年に刊行されたジョン・ゴーディ原作の同名小説を映像化。 1974年「サブウェイ・パニック」(原題:THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE)が公開。 1998年にTVムービー「サブウェ...
サブウェイ123 激突 (いやいやえん)
ジョン・トラボルタ×デンゼル・ワシントン。そういえばデンゼル・ワシントンさんがでてる作品ってなんか安定してる気がする。 123号線のハイジャックならぬサブウェイジャックですね。目的は金。たまたま管制担当だったデンゼルさん演じるガーバーが犯人との交渉役...
サブウェイ123 激突 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。
劇場鑑賞「サブウェイ123激突」 (日々“是”精進!)
サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディ...
サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1974年の『サブウェイ・パニック』を 『トップガン』他数々の名作&大作を送り出してきた名匠、 トニー・スコット監督(65)がリメイク! (兄はリドリー・スコ...
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ...
『サブウェイ123 激突』 (Cinema + Sweets = ∞)
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれない...
サブウェイ123 激突 (2009) (肩ログ)
THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、他 1回書いた記事がぜーんぶ消えました 2回目は気...
サブウェイ123 激突 (だらだら無気力ブログ)
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することに...
サブウェイ123 激突  ペラム駅1時23分発 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタが、がっぷりと対決するサスペンス大作だ。地下鉄をハイジャックしたトラヴォルタの冷酷で頭の切れる悪人ぶりもいいし、一見さえない地下鉄職員を演じたワシントンの緩急自在の演技もすばらしい。幾重にも隠されたプロットが明...
サブウェイ123 激突 (Akira's VOICE)
安全管理は万全に。  
サブウェイ123 激突 (映画道)
チェック:1974年の『サブウェイ・パニック』を『デジャヴ』などのイギリスの名匠、トニー・スコット監督がリメイクしたサスペンス。 突如何者かにハイジャックされたニューヨークの地下鉄を舞台に、犯人グループとの身代金交渉を臨場感たっぷりと見せる。 頭の切れる武装...
サブウェイ123 激突 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフ...
★サブウェイ123 激突(2009)★ (CinemaCollection)
THETAKINGOFPELHAM123123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。メディア映画上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエン...
★「サブウェイ123 激突」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。
サブウェイ123 激突 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました~【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切...
【サブウェイ123 激突】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ 「地下鉄職員のガーバーは変な動きをしている地下鉄に気付いた。無線の呼びかけにも応えない。 その地下鉄は四人の男たちによってジャックされていた。 一両目だけ切
サブウェイ123 激突 (そーれりぽーと)
公開スケジュールを見てると、この秋以降は超話題作じゃなくてもフライングで金曜に公開されるパターンが増える。 そんな無意味にフライングする最初の映画『サブウェイ123 激突』を観てきました。 ★★★ オリジナルは観てません。 トニー・スコット節炸裂なカッコ...
■『サブウェイ123 激突』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。
サブウェイ123 激突 (勝手に映画評)
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ガーバーを演じるのは、アカデミー俳優のデンゼル・ワシントン。彼は、わざわざ太って役作りに励んだという。その役作り...
サブウェイ123 激突 (心のままに映画の風景)
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。 1...
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェーム...
『サブウェイ123 激突』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェ...
サブウェイ123 激突 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「サブウェイ123 激突」監督:トニー・スコット(『デジャヴ』『ジェシー・ジェームズの暗殺』)出演:デンゼル・ワシントン(『アメリカン・ギャングスター』『インサイド・マ....
サブウェイ123 激突 (Recommend Movies)
二人の『頭脳』が激突する 【感想】 トニー・スコット監督×デンゼル・ワシントンのタッグは 『クリムゾン・タイド』、『マイ・ボティー...
サブウェイ123 激突/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
劇場予告編を何度観ても主人公らしき人物がデンゼル・ワシントンだというのが信じられなくて思わず公式サイトに行って確認しちゃいましたけど、ちゃんとデンゼル・ワシントンでした。今までとは髪型がガラリと変わっちゃっってビックリです。この映画は1974年の『サブウェ...
サブウェイ123 激突!! (銅版画制作の日々)
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求...
サブウェイ・パニック~『サブウェイ123 激突』 (真紅のthinkingdays)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3  ニューヨーク。地下鉄運行管理官のガーバー(デンゼル・ワシントン)は収賄 容疑で告発され、管理職から降...
サブウェイ123 激突 (試写会) (風に吹かれて)
[E:subway] オヤジ対決デンゼル・ワシントン vs ジョン・トラボルタデンゼル・ワシントン 9年ぶりに来日公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/the
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
映画「サブウェイ123 激突」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『サブウェイ123 激突』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。ホントは3.5点。 硬派な男たちのドラマです。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの2大スターがオヤジパワー全開で闘います。ハラハラドキドキの地下鉄パニック映画でちゃ...
『サブウェイ123 激突』 ('09初鑑賞117・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 9月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:25の回を鑑賞。
サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123 (いい加減社長の映画日記)
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑...
[映画『サブウェイ123/激突』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しな...
サブウェイ123 激突 (Diarydiary! )
《サブウェイ123 激突》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE TA
サブウェイ123 (りらの感想日記♪)
【サブウェイ123】 ★★★☆ 映画(29) ストーリー ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワシントン)
サブウェイ123 激突 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD](2010/02/24)ルイス・ガスマンデンゼル・ワシントン商品詳細を見る 本日は「サブウェイ123...
2009-68『サブウェイ 123 激突』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-68『サブウェイ 123 激突』(更新:2009/09/06) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 連日、仕事帰りに映画鑑賞しました。 しかし、決して楽になった訳ではないです。 とりあえず、明日は休み...
「サブウェイ123 激突」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Taking of Pelham 1 2 3 」2009 USA/UK    ウォルター・ガーバーに「デジャヴ/2006」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のデンゼル・ワシントン。 ライダーに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「ヘアスプレー/2007」のジョ...
サブウェイ123 激突 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
川崎のチネチッタで、ポイントカードを提示すると1000円で鑑賞できるキャンペーンをやっていたので、1000円で鑑賞。(そのかわりポイントはつきませんが。)サブタイトルはデンゼル・...
サブウェイ123 激突 (映画通信みるみる)
ニューヨーク午後2時。ペラム発1時23分の電車が不意に停止。 今、デンゼル・ワシントン対ジョン・トラヴォルタの闘いが始まる! 午後2時...
サブウェイ123 激突 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] いいんだけど、何かが足りない・・・
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい! (労組書記長社労士のブログ)
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会...
サブウェイ123激突 (だめ男のだめ日記)
「サブウェイ123激突」監督トニー・スコット出演*デンゼル・ワシントン(ウォルター・ガーバー)*ジョン・トラヴォルタ(ライダー)*ジョン・タートゥーロ(カモネッティ警部補)*ル...
サブウェイ123激突 (シネマ日記)
またトニースコット監督とデンゼルワシントンのコンビか~。またどうせ超トニースコットな感じの映画なんだろうなぁ、と思いつつ、最近社会派の映画ば...
サブウェイ123 激突 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
主導権を握るのはどっちだ!?・・・緊迫の交渉劇、ある言葉が闘いの流れを変える。物語:大都会ニューヨークのある日の午後2時、地下鉄ハイジャック事件が発生した。ペラム駅1時23分発の列車“地下鉄(サブウェイ)ペラム123号”の運転室が占拠されたのだ。犯...
サブウェイ123 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はデンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタが激突するクライム・アクション!「サブウェイ123」を観てきましたよっ!!  NY。  地下鉄指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)はペラム123の列車が不審な動きをしているのに気...
「サブウェイ123 激突 」  THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 (俺の明日はどっちだ)
・ 公開前から随分と繰り返し予告編を見せられた1974年に公開された「The Taking of Pelham One Two Three(邦題:サブウェイ・パニック)」のリメイク版。 デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタといった顔合わせ、そして監督がトニー・スコットとい...
サブウェイ123 激突☆独り言 (黒猫のうたた寝)
地下鉄を舞台にした地下鉄ジャックの物語・・・とこれを観てまず思いだしたのが『交渉人 真下正義』オリジナルが『サブウェイパニック』だそうですが残念ながら、猫の記憶に残ってない^^;;;その結果がこの連想だったのですが(笑)タイムリミットがある・・・しかも上映...
09-258「サブウェイ123 激突」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
地下鉄パニック  ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。  すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男か...
サブウェイ123 激突 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちま...
サブウェイ123 激突 (まぁず、なにやってんだか)
友人からもらった9月30日の期限の映画チケットで、昨日「サブウェイ123 激突」を観てきました。 ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)とライダー(ジョン・トラヴォルタ)のやりとりが緊迫していて、とてもよかったです。どうかライダーを怒らせません...
「サブウェイ123激突」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「サブウェイ123激突」の試写会に行ってきた。原題は"TheTakingofPelham123"。「ペラム発1時23分の乗っ取り」てなとこか?ニューヨークの地下鉄が1両ハイジャックされて、乗客の身代金を要...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
サブウェイ123 激突 (こんな映画見ました~)
『サブウェイ123 激突』 ---THE TAKING OF PELHAM 1 2 3--- 2009年(アメリカ) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ ニューヨーク、午後2時。 地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワ...
「サブウェイ123 激突」 (てんびんthe LIFE)
「サブウェイ123 激突」試写会 ニッショーホールで鑑賞 トラボルタ大好きなんです。 すべてに見とれる。 「ナイトフィーバー」してる頃、2枚目だか同課は知らないけど痩せてて青臭いトラボルタなんてどうでもよくて、体系の崩れたあごのえぐれたどう見ても?の...
「サブウェイ123 激突」(試写会:ソニーピクチャーズ試写室 虎ノ門) (なつきの日記風(ぽいもの))
JUGEMテーマ:映画 原題:「The Taking of Pelham 1 2 3」 監督:トニー・スコット 製作:トッド・ブラック、トニー・スコット、ジェイソン・ブルメンタル、スティーブ・ティッシュ 製作総指揮:バリー・ウォルドマン、マイケル・コスティガン、ライアン・カ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...