ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】9 ~9番目の奇妙な人形~…2010年の観賞映画は2010年のうちに(1)

2010-12-21 23:28:28 | 映画・DVD

明日か明後日ごろ、自分へのクリスマスプレゼントが届く予定のピロEKです
届くのはXbox360のソフト「電脳戦機バーチャロン フォース」
すぐに遊ぶ暇があるかどうかは微妙なので、ネットにつなぐ事は検討中です



さて、今年もやってきました
「今年の鑑賞映画は今年のうちに」シリーズです(※とかいっても多分無理)。
押し迫って来ましたからねぇ。ま、とりあえず



「9 ~9番目の奇妙な人形~」
(監督:シェーン・アッカー、声の出演:イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー、2009年アメリカ・3DCGアニメーション)

TSUTAYA DISCASさんから「レポゼッション・メン」と一緒に届いた作品。2010年11月13日(土曜日)の午後に観賞いたしました(DVD)。



ストーリー
2005年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた「9」を長編映画化した作品。
ある古びた研究室で目を覚ました9(声:イライジャ・ウッド)、研究室から出るとそこは廃墟ばかりの世界だった。外の世界で自分に似た2(声:マーティン・ランドー)に出会うが、2はビーストと呼ばれる機械の怪物に襲われ連れ去られてしまう。ひとり彷徨う9は、5(声:ジョン・C・ライリー)や1(声:クリストファー・プラマー)が隠れ住む場所に辿り着く。
詳しくは…http://9.gaga.ne.jp/





ピロEK的感想&点数
こういうビジュアルの作品は基本的に好きです
良い感じのデザインセンス、世界観など、期待通りの出来で堪能いたしました
それに、やはり人形と3DCGアニメという組み合わせの相性は他の素材よりも良いようで、無理なく面白い映像が出来上がっている感じでしょうか

麻袋で出来た9ら人形の造形は特に素晴らしく、オモチャとかも欲しくなります
ホットトイズさんあたりが、劇中と同じ可動な1/1ドールを発売してくれれば多分買うと思います(場合によっては品薄で頑張らないと買えないかも知れないですが)…とはいえ1~9まで9体揃えるとなると20~30万円ぐらいかかってしまいそう。それは怖いのでやっぱり出て欲しくは無い気もします

と、映像とかデザインとか美術面は結構満足なこの作品ですが…

お話の方は…まぁ、ありきたりな感じ。で、展開的にサプライズとか大きな感動とかもありません。
淡々とどこかで観たような感じの話を観させられる感じです。
仮に絵が良くなかったら“正直面白くない”とか思っちゃうであろうお話

まぁ話が中心のアニメでは無いと思えば、これはこれで良いかな…と納得
しかし…短編は観ていないのですが、無理に長編映画にリメイクなどしなくても良かったのかも知れません


と、文章で書く感想もあんまりない作品ではありますが…

私の評価は4点(5点満点中)ぐらいかな。
映像の良さだけでこんな感じです。
で、やはり原作の短編が気になっています。多分セル版ソフトには特典で入ってるんでしょうが
お金が余ってたらソフトを買おうかなぁ…まぁ、お金が余る事なんて無いので困っています



補足・蛇足
特に蛇足は無いですかね…
重ねて言いますが、
ストーリーは簡単、簡単ゆえにツッコミ部分(すなわち蛇足ネタ)も少なく…。
ビジュアルは上等、上等ゆえにツッコむハズも無く…。
まぁそんな感じの映画でした。
(こう書くとかなりツマンナイ映画にも思えてきたなぁ



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (3)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 【映画】ニュームーン/トワ... | トップ | 【映画】レポゼッション・メ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (takakuss)
2010-12-22 00:03:31
ティム・バートンが目をつけただけあって、センスは大変GOODな作品でした。ただそれ以上があんまりなくて残念でしたね。

短編、ここにありますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=5IQcMeNh7Hc&feature=related
ラストはやや不満 (KGR)
2010-12-22 13:57:49
と言うか中途半端。
監督によれば、ダメが出るだろうと思っていたら
そのまま通っちゃったと言うエンディング。
オリジナルのショートと酷似してますが、
メインのストーリー展開が変わったので、
もう少し工夫があってもよかったです。

でも、全体としてはとても気に入ってて、
安ければ、BD/DVD買ってもいいかな、
なんて思ったりしてます。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(takakussさん、KGRさんへ))
2011-01-02 10:55:02
★takakussさんへ★

あけましておめでとうございます。

>短編、ここにありますよ。

情報ありがとうございます。
観れたら観れたで、ヤッパリ高画質のものが観たくなってたりして…

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>と言うか中途半端。

あのラストは助かったんだか助からなかったんだか?
救われたんだか救われなかったんだか?
で、人類は本当に滅亡しちゃったのか?
…まぁハッキリとは何も描いておらず、観る側が勝手に補完しないとイカン状況ですよね。

>でも、全体としてはとても気に入ってて、
>安ければ、BD/DVD買ってもいいかな、
>なんて思ったりしてます。

ストーリーやエンディングに不満があろうとそう思わせるのは流石なんですが、ストーリーも良かったら“安かったら”なんて言わなくても買うのになぁ…とか思ったりして。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

【9 ~9番目の奇妙な人形~ (2009)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
吹きすさぶ風が良く似合う9人の戦鬼(?)が悪と戦うダークファンタジー。 しかし加速装置を使ったり、赤ん坊のエスパーや火を噴く中国人は出てきません。 2005年アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた11分のCG作品を、その監督シェーン・アッカー自...
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (だらだら無気力ブログ)
2005年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた11分の 同名タイトルを見たティム・バートン監督が気に入り、ティム・バートン 監督のプロデュースで長編作品として映画化。声の出演には『ロード・オブ・ リング』シリーズのイライジャ・ウッドやジェニ...
9~9番目の奇妙な人形~ (いやいやえん)
もともとは11分の短編作品だったんですってね。それをティムバが気に入って長編にして作り直したらしい。「麻布の小さな人形が巨大なマシンの怪物と戦う、9体の人形達は何のために生まれたのか?」 ダークな世界観が素晴らしい。この質感ビジュアルだけでも必見の価値...
映画「9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/8 ディズニー・リゾート、シネマイクスピアリ。 ある研究室。 お腹には大きなジッパー、背中には「9」の文字の人形が目を覚ますと世界は荒廃していた。 人形「9」は外に自分と同じような人形「2」が歩いているのを見つける。 「2」...
『9 』をシネマート六本木シアター3で観る男ふじき(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
凄い映像にトンマなお話がちょっともったいない。 「ウォレスとグルミット」でさえ、少し長くなると もたついちゃってきついから、 アニメであれだけの緩急を付けられて、 世界 ...
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (晴れたらいいね~)
風邪をひいて、熱出して寝込んでしまった。せっかくの週末にさ。飲み会もキャンセル、オトメする予定もキャンセル。ひたすら、寝てました。とりあえずの記事UPです。今も、呼吸は ...
映画:9 ~9番目の奇妙な人形~ ティム・バートンの惚れ込んだ世界とは。。。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最新の映画「ナイン」を先行して観た。 というと、フェリーニの名作「8 1/2」→ミュージカル化「NINE」→その映画化「NINE」が現在公開中なので、そちらをイメージされるかもしれないが、それではない。 ティム・バートンが総指揮 している、「 9~9番...
★「9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりに「チネチッタ」で観てきました。 タイトルが「9」だけに、9番シアターで上映してるなんて、さすがチネチッタ。 もともと短編映画を作ってたシェーン・アッカー監督を気に入ったティム・バートンが、 製作に加わり長編映画に仕上げたとか・・・
『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』は人形ではない (映画のブログ)
 訂正である。  『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』は副題に「人形」と書かれているが、9は人形ではない。  その体は麻布を裁縫して作られており、腹はジッパーでふさがれているものの、科学者が開...
9〈ナイン〉 9番目の奇妙な人形(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:9目覚めると、世界は終わっていた。 MOVX京都にて鑑賞。観たい作品が次々と...
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (銀幕大帝α)
9/09年/米/80分/SFアドベンチャー・ファンタジー/劇場公開 監督:シェーン・アッカー 声の出演:イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー <ストーリー> 古びた研究所で目覚めたボロ人形が、仲間と自分たちの存在理由を探って...
9~9番目の奇妙な人形~ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:9) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 2005年第78回アカデミー賞・短編アニメーション部門にノミネー トされた11分のショートフィルム「9」を長編映画化したダーク・ファンタジー。 古びた研究室の片隅で、麻布を縫い合わせて作られた奇妙な人形...
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (晴れたらいいね~)
風邪をひいて、熱出して寝込んでしまった。せっかくの週末にさ。飲み会もキャンセル、オトメする予定もキャンセル。ひたすら、寝てました。とりあえずの記事UPです。今も、呼吸は ...
9 ナイン 9番目の奇妙な人形 /9 (我想一個人映画美的女人blog)
特筆すべきはそのビジュアル 今年公開された「9」のつくタイトルの最後の1本(といっても三本関連性なし) 去年の9月NYでやってたけど時間合わず観れなかったの。 やっと日本公開 何となく、めちゃ期待してた1本。 試写で観て来ました~。 同行したのは人形のお....
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (LOVE Cinemas 調布)
第78回アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品に惚れこんだティム・バートンがプロデュースし、シェーン・アッカー監督自らが11分の作品を80分の長編作品へと作り変えた。人類滅亡後に残された9体の奇妙な人形たちが人類を滅ぼしたマシーンたちと戦うダ...
9(ナイン)~9番目の奇妙な人形~ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Nine。ティム・バートン製作、シェーン・アッカー監督。(声)イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー。2005年アカデミー賞短編アニ ...
9~9番目の奇妙な人形~ (悠雅的生活)
進化しすぎた科学。根源。虹のむこうに。
『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』・・・Over The Rainbow (SOARのパストラーレ♪)
原案となるアッカー監督自身の短編作品に惚れ込んだティム・バートンがプロデューサーを買って出たことにより生まれたという本作。ゆえに強烈なバートンっぽさがあるのかと思ったらそれほどでもなく、バートン好きの私はむしろそこに本作の魅力を感じた。
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (2ちゃんねる映画ブログ)
【シェーン・アッカー】 9 <ナイン> 9番目の奇妙な人形 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1269201345/ 1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/22(月) 04:55:45 ID:V2CQ1qvm] 『9 <ナ...
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ 【印象度:87】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
昨日会社帰りに池袋HUMAXシネマズで観てきました。 エレベータに乗り合わせた5~6人は私1人を残して、 アリス・イン・ワンダーランドをやっている6階で降りて行きました。 結構空いていました。20人くらいだったでしょうか。 席は自由なので、普段あまり座らない後...
9<ナイン>9番目の奇妙な人形 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人類が滅亡したあとの、麻布でできた奇妙な人形と機械の戦いを描いている。わては実写なのかと思ったけど、精巧にできたアニメーションだった。まるで実写を見るような映像と、不思議な世界が印象に残った。ハッピーエンドなどあり得ない展開だけど、見た後の余韻は心地よ...
『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~』 (こねたみっくす)
これがティム・バートンが好む世界観なんです。これがダニー・エルフマンの音楽なんです。 第78回アカデミー短編アニメーション賞にノミネートされたわずか11分の同名短編を80分の ...
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何故だろう、最近やたらと「9」をタイトルに含む映画が多い。 異色のエイリアンSFやスター共演のゴージャスなミュージカルに続くのは、そのものズバリ数字の「9」がタイトルの作品。 「9 <ナイン> ~9番目...
「9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。監督シェーン・アッカーが映像を学んだUCLAの卒業制作として完成させた11分の短編アニメ作品」(2005年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネート)をティム・バートンが惚れ込み長
9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (そーれりぽーと)
ティム・バートンが関わってると聞いたので、てっきり『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』並に原案から練りだしてプロデュースしたものだと思い込んで9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~を観てきました。 ★★ goo映画の解説によると、ティム・バートンは今回完全に...
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品をもとに創り上げられたファンタジー・アニメです。 予告編を観た時から、ダークな世界と人形の表情が印象的で観たい~と思っていました。 今日は新宿ピカデリーで原作の短編も同時上映されると聞いてチャレンジしてみま...