ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ジオストーム…蛇足は日本語吹き替え問題について

2018-08-18 17:31:58 | 映画・DVD

久しぶりにポケモンにも家族にも多くを割かない週末の時間をゆったり過ごしているピロEKです。
本日二度目の記事投稿です。
(一回目はこちら)


以下は映画鑑賞記録



「ジオストーム」
監督 :ディーン・デヴリン
出演 : ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ
制作年:2017年
制作国:アメリカ合衆国🇺🇸
原題 :Geostorm

TSUTAYA DISCAから「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」と一緒に届いた1本。
2018年8月15日(水曜日)の夜に半分、16日(木曜日)の夜に半分鑑賞しました。(ブルーレイ)



概要
2019年、地球は異常気象による大規模な自然災害に多く見舞われる。世界各国は共同でダッチボーイという愛称の国際気象宇宙ステーション(ICSS)を中心に人工衛星を張り巡らせた気象コントロールシステムを構築し異常気象を封じ込めることに成功する。この開発の中心人物で管理者のアメリカ人、ジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラー)は、ある日、その言動・行動がダッチボーイの管理者としての資質に欠けるという理由から、アメリカ合衆国上院の査問会に呼び出され、その場で査問会の議長を罵倒する流れに陥り、弟のマックス・ローソン(ジム・スタージェス)からの命令で、ダッチボーイの仕事から外されてしまう。それから数年後の2022年、アフガニスタンの村が丸ごと凍り付いてしまう災害が発生する。事態を重く見たアンドリュー・パルマ アメリカ合衆国大統領(アンディ・ガルシア)は、内閣緊急会合を招集され、メンバーにはマックスの姿もあった。アフガニスタンの災害はダッチボーイの不具合であるとされ、この解決に隠匿生活を送っていたジェイクが選ばれ、ジェイクはICSSに送られることになる。



感想
(ネタバレしてます。ネタバレ云々な映画かどうかはともかく)
ずっと、昔鑑賞した映画の記事をアップし続けていましたが、本日はついこの間(レンタルでとはいえ)観た映画です

天災(に見える人災)を描いたディザスタームービー。
この分野では、ローランド・エメリッヒあたりが、そこそこ上等な映画を沢山作っているのだけど、この映画独自の個性を出そうとした結果、普通の自然災害ではなくて、異常気象を止めるために、いったいいくら予算と資源が必要なんだという、天候をコントロールする設備を宇宙に大々的に置いてるという…
近未来(来年)なのに、超科学みたいな設定。
正直、とんでも設定に思えるコレがお話の骨子
で、そんなすごいのにシステムに隙があって、が悪用される話

こいつが(悪用によって)暴走すると、世界中ですでに起こっている
1.アフガンで小さいとはいえ村全部が瞬間冷却、リオで同じように瞬間冷却、鳥も飛行機も落ちる

2.温度が上がりすぎて、地面が爆発、ちかくにあるビルがなぎ倒される災害

3.巨大な雹が沢山降って銀座が崩壊

4.ロシアにはなんかダイレクトに衛星から熱がきて火事

5.インドでは竜巻が同時に大量発生

6.ドバイで大津波

7.アメリカではなんでも壊せる威力の雷が多発スタジアムで何万人か死んでそうな大惨事

(大統領、民主党でしたな)

なんて災害は目でもない“ジオストーム”っていうすごい天変地異が起こるから、コレをなんとか防がねば、という話。
“ジオストーム”がなんぼのものかは知りませんが、それまでの災害でも億の人数が死んでる大災害なのだろうけど、映画の最後には災害を防いだ体

とにかく災害がすごく多発して、いろいろわちゃわちゃするわけだけど
主人公のいるICSSもエアロックで事故が起こったり、宇宙服細工されて暴走したり、最後には大爆発とてんこ盛りで、見る側からすれば集中できないと言うか、なんか絞りどころがない。
結果、そうでもないものが、てんこ盛りすぎて…
どれ食っても同じ味の親戚が集まった時にたべるオードブルセットみたいな映画。
エビフライは中でも、まぁまぁ美味いから食べようと思ったら親戚の子供が食べてしまっているみたいな
(そうなると、エビフライはアフガンの凍った村かな
そんなオードブルセットでお腹いっぱいな上で、このあとくるメインディッシュの“ジオストーム”は、長男のお嫁さん曰く「もうお腹いっぱいだから出さないでおくね」なので(主人公の活躍で防いじゃうもんだから)ジオストームが何者かもわからないという作り

いや、これは災害じゃなくて合衆国政府内の陰謀の話なんだよね。すいません目先の事ばかり見る見方しちゃって

陰謀の黒幕は、観客からすれば、
大統領のアンディ・ガルシア

国務長官のエド・ハリス

のどっちかなんだけど(まぁ設定上、容易に国務長官だろうとは思って、結局その通りなんだけど)、キャスティング的にはどっちが黒幕(悪役)でもおかしくない豪華キャスティング。
これは意図的なんですかねだとすれば、ここは狙い通りです
映画の完成度はさておき、キャスティングは豪華

キャラクターも多くて、
1.主人公でシステムの責任者

2.ナレーション担当のその娘

(まず彼女の設定がとってつけたようで感情移入できない)

3.主人公の弟で地上で活躍する担当

4.その彼女でSPの女性、弟を助ける戦力の人

5.弟の頭脳担当なパソコン得意な黒人女性

(このキャラいる?弟が頭いい設定でも良くない、言うほど活躍もしません)

6.陰謀にいち早く気がつく弟の友達の中国人

7.弟の後ろ盾だったけど黒幕だった国務長官

8.その実行犯

9.主人公の周りの宇宙ステーションの人たち

(この中にも疑わしいのが誰かみたいな話の流れあり)

10.宇宙ステーションのボスの女性

(この方が最後に助けてくれて、ここだけ切り取ればヒロイン的立場なんだけど、映画全体からしたら、心にはあんまり残ってない美味しくない役)

等々、前述の災害同様、ここも、どれ食べても同じ味みたいに

と、こんな感じです。
批判的な内容になってしまいましたね

映像の迫力は十分でしたよ。グッドポイントです
ただやっぱり全部同じ味だし、災害現場には基本脇役しかいないから、ハラハラとかしないけど


ということで点数は3点強程度(5点満点中)
これは、この後語る日本語鑑賞のダメさは差し引いてます
加味すれば3点弱かな。
最近アップしてる5年前の映画鑑賞記事では、どうも配点が甘めに感じる私ですが、今回は辛めに。



蛇足
今回は(そうでもないだろうからサクッと見ようという感も働き)日本語吹き替え版で鑑賞いたしました。

で、日本語吹き替えの担当が

ジェラルド・バトラー → 上川隆也

ジム・スタージェス → 山本耕史

アビー・コーニッシュ → ブルゾンちえみ


となってまして、これがひどい
普段の芸能人起用では、だいたい1人の声を我慢すれば良いところを、今回は主人公クラスが3人

まず、ブルゾンちえみが違和感
あら、これブルゾンじゃね…と。
洋画の吹き替えで、主役クラスの美人で声優の顔浮かんだらいかんだろう…と。
(浮かぶ顔が美人ならまだしも

…ここで、以前朝の情報番組か何かで、3人が吹き替えしますよと言っていた記憶が蘇りました。そうだったと

ジェラルド・バトラーもいつもと声が違って軽い感じだなぁぐらいにしか思ってなかったのにだんだん気になってきて、最後には下手だなぁ下手だなぁとしか思えず映画に気が入らず

山本耕史だけは、私がジム・スタージェスに。ちゃんと会うのが「ラスベガスをぶっつぶせ」以来ぐらいということもあり、思い描く日本語吹き替えの声ってのもなかったから、割とすんなり受け入れて、まだマシな方というか(※上手いということではない)。
(ジム・スタージェスは先日記事をアップした「クラウドアトラス」にも出ていますが、こちらは記憶がなかったです)

で、旬でしょうがない配役なら興行的に必要という判断だろうから、1ユーザーがとやかく言わんでも良いのでしょうが、

上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみ
って、こういう中途半端なポジションの芸能人配役いる

まぁ必要としましょう。
しかし、必要ならガッツリとリハーサルして完璧にこなしていただきたい。
上記3名よりはるかに上位の芸能人である綾瀬はるかさん(意図せずダジャレ)は「インクレディブル・ファミリー」での吹き替え完璧でありました
あれぐらいなら誰も苦情は言わんし、顔浮かんでもバイオレットより可愛いし

田中敦子とか、内田直哉とかが、この適当配役時流に怒ってくれないものかと願う次第です(急に他力本願にシフト



では、こんなところです。また


★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【映画】ジャンゴ 繋がれざる... | トップ | 【映画】フライト(映画鑑賞... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名)
2019-08-11 18:19:46
声優がほんとに酷すぎる!キチンと声優を使って欲しいです。芸能人を使ってもどの吹き替えを見ても、とてもじゃないけど、ホンモノの声優さんには到底敵わない。声優は、声優さんにさせるべき!!芸能人を使って欲しくないです
せっかくの映画が 台無し!
★Unknown (匿名)さんへ★ (ピロEK)
2019-08-11 19:53:11
コメントありがとうございます。

芸能人の吹き替えが全て悪いわけではないんですけどねぇ。
こういう話題作りの付け焼き刃な奴はやめてほしいですわ。

またきてくださいね。
Unknown (Unknown)
2021-05-15 22:43:47
上川隆也は中途半端な芸能人ではないですよ。
Unknown (かこ)
2021-05-15 23:05:02
ほんとうですね‼️
話が入ってきません。素晴らしい役者だからって声優に向いているとは限りませんよね💦
声優という立派な職業があるのになぜ、役者とはいえ声優素人を使うのかわかりませんね!
Unknown (Unknown)
2021-05-16 00:15:28
まったくもって吹替は納得いくものではありませんでした!!
洋画ファンを舐めてるとしか思えない…

通りすがりで失礼しました
★★Unknownさんへ★★ (piro-ek0324)
2021-05-16 05:00:57
>上川隆也は中途半端な芸能人ではないですよ。

それは失礼。
この書き方は良くなかったです。
★★かこさんへ★★ (piro-ek0324)
2021-05-16 05:04:46
コメントありがとうございます。

>ほんとうですね‼️
>話が入ってきません。素晴らしい役者だからって声優に向いているとは限りませんよね💦
>声優という立派な職業があるのになぜ、役者とはいえ声優素人を使うのかわかりませんね!

吟味の上だったら良いのですけどね。
アニメの吹き替えとかでとても上手にやっておられる声優以外の芸能人ってのはいらっしゃいます。
洋画だと「いつもと違うし芸能人の顔が浮かぶ」という問題が加味されてハードル上がるのに…やらないほうがいいですよね。

では、また来てくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。
★★Unknownさんへ★★ (piro-ek0324)
2021-05-16 05:07:50
コメントありがとうございます。

>まったくもって吹替は納得いくものではありませんでした!!
>洋画ファンを舐めてるとしか思えない…

>通りすがりで失礼しました

昨今、ここまで変な芸能人起用も珍しいんですけどね。
日本の配給会社は洋画ファン舐めているところもありますね、確実に。

俳優・芸能人さんたちが悪いわけでは無いのに矢面に立つのは彼らですし。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事