ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

ドリームガールズ…ハリウッド版「ザ・ヒットパレード」??

2007-08-20 23:06:37 | 映画・DVD
今日の会社の帰り、ツクツクホーシ(ツクツクボーシ?)が鳴いていました。
まだまだ暑いんだけど、空模様(雲)とか、虫の声はなにやら夏の終わり~秋の気配になってきていませんか?
まぁそう思ったときにケイタイのカメラで空を写すとかしてブログにアップとかすればオシャレ(?)なのでしょうが、今思いつきました…もう遅いですね


さて、今日の記事は貯まった映画鑑賞記録から1本。



「ドリームガールズ」
(監督:ビル・コンドン、出演:ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ、2006年アメリカ)

TSUTAYAさんで「ラッキーナンバー7」、「OVA版苺ましまろ(1)&(2)」と一緒にレンタル。
2007年8月14日(火曜日)鑑賞しました(※苺ましまろは記事にする予定なし。茉莉ちゃんの馬マスクが面白かったとだけ伝えさせていただきます)。



ストーリー
The Supremesの事を書いたメアリー・ウィルソン(※作品中のローレルのモデル)の自伝を基にしたストーリー。
1962年のデトロイト。スターを夢見るエフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(ローレル・ロビンソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)3人の黒人少女は“ドリーメッツ”を結成、オーディションに出場する。彼女たちの才能を見抜いた中古車販売の経営者カーティス(ジェイミー・フォックス)は、彼女たちをデトロイトの人気シンガー、ジミー・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスに加える。やがて人気が上昇しバックコーラスから“ザ・ドリームス”として独立することになる彼女たちだが、リード・ボーカルを歌唱力の高いエフィーではなく美人のディーナにするとカーティスから告げられる。
詳しくは…http://www.uipjapan.com/archive/dreamgirls/top.html




ピロEK的感想&点数
もちろん規模もセンスも違うんだけど、
ちょっと前にTV放映された渡辺プロ(ナベプロ)の「ザ・ヒットパレード」というドラマ。
あれを思い出したのは私だけですかねぇ

内容的には“キャロル”を奪い合うジョニー大倉と、矢沢永吉。
大友康平をめぐる“ハウンド・ドッグ”のイザコザとか、
ああいうノリ(?)の作品でした。
…そう考えると、あんまり好みじゃないなぁ


さて、
話の流れは、エフィーが不当に“ザ・ドリームズ”を追い出されて、カーティスが悪人…ってな構図ですが、
冷静に考えてマトモなのはカーティスだけと考えたのも私だけでしょうか(?)

カーティスは最初に自分の財産を投げ打ってドリームズに投資。
基本、彼のやりかたで全米でドリームズは有名になって、黒人差別軽減にまで一役買った(と思われる)訳ですよね。
マフィアとの癒着と、エフィーの新曲パクるのと、クレオパトラ以外は間違っている訳じゃないと思います
…間違いが3つもあるけどね。

彼以外がショービジネスに対してアマちゃんなだけで、
エフィーの脱退のくだりも、どちらが正しいか否かなんていう問題は別としても、
エフィーのワガママな性格部分が誇張して描かれていると仮定しても、
あの憎憎しげな表情を見せられていると、彼女に感情移入なんか出来やしない。
…あと、長い歌ってる暇(熱唱)あったら、子供が出来ている事をみんなに言ったほうがよかったね。

ディーナも深く物事を考えている様にも思えないし、

エフィーの兄ちゃんC.C.もカーティスが不当に編曲した曲に「俺の音楽じゃない」とか言うんじゃなくて、
職業音楽家ならば「時代に受ける音楽の中に自分テイストを如何に埋め込むか」というふうに思考すべき点もあるんじゃないですかねぇ。

ローレルにしても、もともとこの脚本は彼女のモデル(メアリー・ウィルソン)の自伝が元らしいから、ヤク中のアーティストの愛人にあるっていうのも実はヤンワリ描いていてあの設定で(自分はどこか美化しちゃうでしょう…多分)、
本物は、もっと嫌な性格だったり、問題のある人なんじゃないかなぁと想像(※あくまでも想像)。
第一、暴露本(なの?)なんて書く人に、ろくな人間はいないというのが私の考え(※あくまでも偏見)。

…まぁ、品行方正で物分りの良い方ばかりだったら、ドラマにならないですね。


…とにかく、こういうのは好みじゃなかったわけですけど、
…音楽は楽しめましたよ

点数は3点(5点満点中)。
多分それなりに見所のある良い作品。楽しめる人も多いと思われます。
私も楽しんだか楽しんでいないかで言うと…実は割と楽しめました(退屈しなかった)。
マイケル風味な子供も登場します
4点にするか3点にするか悩みました。
…でも好みのストーリーの映画ではなかったんですよね



補足・蛇足
ディーナ役のビヨンセ。
エフィー(※フローレンス・バラード)がディーナ(※ダイアナ・ロス)よりも歌唱力が上だったから、その史実を忠実に再現するために敢えて声量を抑えての出演なのだとか(ウィキペディア調べ)。
これって自分がダイアナ・ロスよりも格上(の歌唱力)と認識しているという事にもなりませんか(?)
私もいろいろな面で、それぐらいの自身を持って生きて行きたいものです

…最後に、メンバーの中で歌唱力は高いけど、ブ○イクなエフィーを見ているとき、SPEED新垣仁絵ちゃんを思い出していたのは私だけでしょうか



今日はこのあたりで
…後ろで娘が夏休みの宿題の「読書感想文」の話しています。
娘の話を聞いていると…私の文章も小学生並みな気がしてきました
ではまた





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (11)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 子供のPC | トップ | 【コミック】ピューと吹く!... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2007-08-23 05:10:57
こんばんは~♪
ワタクシもストーリー自体は大した事ないかなぁ~なんて思いながら観てましたが、やっぱり歌は圧巻で歌だけでも観る価値ある作品だと思いました^^
某『N●N●』とは大違いで(^^ゞ
プライド高そうなビヨンセがよくこんな役を受けたな~と思ったら、そーゆー裏があったんですね!
ちなみに仁絵ちゃんは歌唱力も微妙かと・・・^^;
あ、ついでに!
もちろんワタクシも苺OVAは堪能済みで御座いますw

ではでは、これからもよろしくお願いします♪
こんにちは♪ (ミチ)
2007-08-23 10:33:07
お嬢ちゃまは感想文の宿題完成なさいましたか?
そろそろ夏休みも終わり。
ゆく夏に感傷的な気分になってしまいます。

イイ人ばかりだったら映画でも小説でも面白くなりませんよね。
歌とファッションだけでも充分満足できる作品でした。
新垣仁絵ちゃんかぁ・・・・。
こりゃまた懐かしい人を出してきましたね~。
こんばんは! (アイマック)
2007-08-25 21:57:39
いつもTBどうもありがとうございます!
黒人が白人社会に挑んでいく物語でもあり、ショービズ界の裏側は汚いものですよね。
カーティスは男気がある人だと思いました。
とにかく歌のパワーに酔いしれた映画でしたよ。
新垣仁絵ちゃんて、今いずこ?^^;
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(Aki.さん、ミチさん、アイマックさんへ))
2007-08-28 12:40:12
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>某『N●N●』とは大違いで(^^ゞ

某「○A○A」のシリーズは観ていません。そんなにアレなんですか…逆に興味が出てきたりして…

>プライド高そうなビヨンセがよくこんな役を受けたな~と思ったら、そーゆー裏があったんですね!

私の記事に書いてあることは、私がテキトーな解釈をしているので、ビヨンセが本当にそう思っているかどうかは知らないですよ

>もちろんワタクシも苺OVAは堪能済みで御座いますw

…そんな気がしていました。
…あの馬のお面は反則的すぎて、腹かかえて笑いました
オモシロいですよねぇ「苺ましまろ」って

では、また来てくださいね。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>お嬢ちゃまは感想文の宿題完成なさいましたか?

まだみたいですよ
どうするつもりなんですかねぇ。

>歌とファッションだけでも充分満足できる作品でした。

歌唱シーンだけでも堪能できる作品ではありましたね
ストーリーって、別に要らないんじゃないかなぁとまで思ったりして…

>新垣仁絵ちゃんかぁ・・・・。
>こりゃまた懐かしい人を出してきましたね~。

仁絵ちゃんは「男はソレを我慢できない」に出てきましたよ。
細々とは活躍しているみたいです。

では、また来てくださいね。




★アイマックさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ショービズ界の裏側は汚いものですよね。

偏見も多分に混じっているとは思いますが…芸能界やショービジネス界って、恵まれた環境で育ってる方よりも、それ以外の方のほうが多い世界なんでしょうねぇ。で、汚いことにも手を染めやすいというか…そういった側面はある気がします。

>新垣仁絵ちゃんて、今いずこ?^^;

前述、ミチさんへのコメントの部分にも書きましたが、仁絵ちゃんは「男はソレを我慢できない」に出てきました。
あんまり、めだっていなかったですけどね(周りの出演者の個性が強すぎたし)。

では、また来てくださいね。
TBありがとうございました (can)
2007-09-10 00:22:14
確かにみんな"甘ちゃん"な部分が多かったですね~
ショービジネス界の裏側なんてよくわかりませんが、確かに観ていてちょっとイライラしちゃうシーンもありました

ま、私も歌とファッションでかなり満足できたのでよかったです
TB、感謝です♪ (カゴメ)
2007-09-15 14:57:37
>冷静に考えてマトモなのはカーティスだけと考えたのも私だけでしょうか(?)

おお! まったくその通り!!
経営者としては普通ですよ、普通。

>第一、暴露本(なの?)なんて書く人に、ろくな人間はいないというのが私の考え。

これにも激しく賛同。
ちなみに、劣等感をエネルギーに換えて・・・というのも、
何だかあざとくて好みに合わないとです(エフィーの事ね)。

>自分がダイアナ・ロスよりも格上(の歌唱力)と認識しているという事にもなりませんか(?)

まぁ、実力はビヨンセの方が若干上かも知れませんねぇぇ(笑)。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(canさん、カゴメさんへ))
2007-09-16 15:24:36
★canさんへ★

いつもコメントありがとうございます
返事はいつも遅れがちで申し訳ありません

>ま、私も歌とファッションでかなり満足できたのでよかったです

実際には内容よりもこちら(歌とか)を楽しんでもらいたい作品なんではないですかねぇ。
だとすると成功作品なのかな?

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★カゴメさんへ★

いつもコメントありがとうございます
最近お忙しい様子ですね。そんな中コメントに来ていただいて感謝であります。

>経営者としては普通ですよ、普通。

裏社会との癒着(しかも確証なし)以外にはそんなに悪いことしていないですもんねぇ。
「ワン・ナイト・オンリー」についても個人的にはドリームズバージョンの方が良いような気もして…

>ちなみに、劣等感をエネルギーに換えて・・・というのも、
>何だかあざとくて好みに合わないとです(エフィーの事ね)。

エフィーは鬱陶しいキャラですよね。
友達にはいて欲しくないキャラです。

>まぁ、実力はビヨンセの方が若干上かも知れませんねぇぇ(笑)。

そうなのですか、
実は双方とも真剣に聞いたことがない私は比較のしようもなかったりします。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました。 (小米花)
2007-11-26 22:17:12
ミュージシャンのサクセスストーリーって、あまり好きではないのですが、この映画は楽しめました。
歌の迫力が素晴らしかったです。

ブラックミュージックが浸透していったという背景も垣間見られたような気がします。
TBさせて頂きました。
★★コメントありがとうございます~その3~★★ (ピロEK(小米花さんへ))
2007-12-04 12:38:38
★小米花さんへ★

いつもコメントありがとうございます
反応が遅れてスイマセン

>ミュージシャンのサクセスストーリーって、あまり好きではないのですが、この映画は楽しめました。
>歌の迫力が素晴らしかったです。

歌の部分は迫力ありましたねぇ。
歌部分以外は鬱陶しい愛憎劇やらナニやらを観させられて…ストーリー的に好みじゃない作品でしたが、歌の部分は概ね良い感じの映画だったので、私も割と楽しめました。

では、また来てくださいね。この後とも宜しくお願いいたします。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2008-08-06 21:51:20
アカデミー賞を騒がせた作品だったので観てみました
これってミュージカルだったんですね~
まったく知らずに観ました...人生初ミュージカルです(笑)
音楽が良かったのでまぁ観れましたが、かなりドロドロしたドラマで正直言ってとても賞レースに絡んでくる作品とは思えませんでした。
そういう意味ではオスカーが獲れなかったのも当然かと思います。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

「ドリームガールズ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 1962年、シカゴ在住のディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズさん)とエフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソンさん)、ローレル・ロビンソン(アニカ・ノニ・ローズさん)の仲良し3人組はコーラ...
『ドリームガールズ』 (京の昼寝~♪)
夢は永遠に生き続ける     ■監督・脚本 ビル・コンドン■キャスト ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディー・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローバー、ジョン・リスゴー □オフィシャルサイト  ...
ドリームガールズ/ジェイミー・フォックス (カノンな日々)
ココ数ヶ月の間で劇場予告編を観る機会が一番多かったのがこの映画じゃないかってくらいで、よく行くシネコンではロビーでも上映していて主題曲も繰り返し何度も流れてたから、観る前からすっかり洗脳されてしまってるような状態ですね。興行側にしてもかなり自信を持って...
【2007-27】ドリームガールズ(DREAMGIRLS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
才能もあり 情熱もある でもそれだけでは── 夢はつかめない 輝くために 失う何かがある しかし夢だけは── 永遠に生き続ける
ドリームガールズ/DREAMGIRLS (我想一個人映画美的女人blog)
2/25に発表になるアカデミー賞で、最多8部門でノミネート! 予め、サントラ先に購入して映画観る前に聴いておくという"予習"をたまにやるんだけど、 これは大正解{/good/} まずは音楽を楽しむってことが大前提!! ドリームガールズ サントラ{/fuki_osusume/} 最初...
ドリームガールズ (八ちゃんの日常空間)
まさに、ミュージカル映画と言うよりもミュージック映画と呼べる出来具合。キャラクターの心情やセリフを歌に載せるミュージカルがどうしても苦手だと言う人にも楽しめるかも知れません。全篇、そんなミュージカルと言うより「歌」そのものを見せて聞かせる映画なのです。
DREAMGIRLS/ドリームガールズ☆★ (銅版画制作の日々)
 DREAMGIRLS   1981年12月20日、NYのブロードウェイにあるインペリアル・シアターでオープニングを迎え、毎夜、スタンディング・オーベンションによる喝采を浴びた、マイケル・ベネット演出による伝説のミュージカル「ドリームガールズ」今回スクリーンに登場ブ...
★「ドリームガールズ」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/17の劇場公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 ブロードウェイミュージカルの映画化。 ひらりん、結構ミュージカル好きなので期待大。 オスカーも6部門に8ノミネートされてるしーーー。
ドリームガールズ (シャーロットの涙)
マイケルベネット演出による伝説のミュージカル「ドリームガールズ」の映画化作品
ドリームガールズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
夢は永遠に生きつづける・・・伝説のミュージカル「ドリームガールズ」がスクリーンに! トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した極上のエンターテインメント作。コーラスガールの女性3人組が歩んだ成功と挫折の物語を、数々の名曲に載...
ドリームガールズ (とんとん亭)
「ドリームガールズ」 2007年 米 ★★★★ 1962年シカゴに住むエフィ、ディーナ、ローレルの3人は、ボーカル ユニット「ドリーム・メッツ」を結成。 デトロイトで大物シンガー、ジミー・アーリー(マーフィ)の、 バック・コーラスの女性が止める...
ドリームガールズ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 歌、上手っ! いや~、これは日本では絶っ対に作れない映画ですよね。 だって、こんなに歌が上手い役者なんて当然居ないし、それどころか歌手でも ここまで上手い人中々居ないでしょ~。 全部が凄かった...
映画 【ドリームガールズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ドリームガールズ」 トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを元ネタに映画化。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレルの3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見て...
ドリームガールズ (ネタバレ映画館)
男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・
ドリームガールズ (小部屋日記)
Dreamgirls(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本: ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ダニー・グローヴァー /アニカ・ノニ・ローズ/ジェニファー・ハドソン/ジョン・リスゴー 本年度アカデミー賞最多...
ダイアナロス 恋はあせらず (ダイアナロス 恋はあせらず)
ダイアナロスの代表作,『恋はあせらず(You Can't Hurry Love)』の情報(歌詞、試聴、CD…)を集めました。
ドリームガールズ (奥様的部屋)
映画館で観たかったなぁドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション 噂に違わず、オスカー(助演女優賞)受賞のジェニファー・ハドソンの歌声は素晴らしくて、このジャンルの音楽のことはよくわからない私でも、圧倒されたし、思わずリズムの合わせて体を...
★「ドリームガールズ」、絢爛豪華だが内容が薄いぞ★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★ “Kagome's Cinema-Cave”)
「ドリームガールズ」(2006) 米 DREAMGIRLS 監督:ビル・コンドン製作:ローレンス・マーク製作総指揮:パトリシア・ウィッチャー原作:トム・アイン脚本:ビル・コンドン撮影:トビアス・シュリッスラープロダクションデザイン:ジョン・マイヤー衣装デザイン:シャレン...
ドリームガールズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『夢は永遠に生き続ける』  コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  アカデミー賞最多ノミネート(...
ドリームガールズ (Blossom Blog)
ドリームガールズ DREAMGIRLS 監督 ビル・コンドン 出演 ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ     エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン アメリカ 2006
ドリームガールズ (こんな映画見ました~)
『ドリームガールズ』 ---DREAMGIRLS --- 2006年(アメリカ) 監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス ビヨンセ エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ ダニー・グローバー モータウン(デトロイト市に設立されたソウル音楽...
ドリームガールズ 07202 (猫姫じゃ)
ドリームガールズ Dreamgirls 2006年   ビル・コンドン 監督ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ  エディ・マーフィ ダニー・グローバー ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ キース ロビンソン シャロン・リール ヒントン・バトル...
『ドリームガールズ』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
音楽が良い!!{/hiyo_en2/}というのが一番の感想です。元はブロードウェイミュージカルなんですね。納得。いかにもブロードウェイらしく歌でまくし立てるという(^-^;。喧嘩も歌で・・・です。  ビヨンセはもちろん歌がうまく綺麗ですが・・・エディ・マーフィーが...
ドリームガールズ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 130分 監督 ビル・コンドン 製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー 原作 トム・アイン 脚本 ビル・コンドン 音楽 ヘンリー・クリーガー 出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マー...
ドリームガールズ (平成エンタメ研究所)
 『夢があれば生きていける。   愛があれば支えられる。   私たちと大きな夢を。私たちが支えてあげる』  主題歌「ドリームガールズ」の歌詞。  ポップで楽しくなる。  でもインパクトがあるのは感情をぶつけ合う楽曲の方だった。  例えばセンターから下ろされ...
ドリームガールズ ( オタク部屋)
 これ、上司のオススメだったんですよ。私ホラーオタクだって主張してたら、たまにはこーいうのを見て、心を入れ替えるべきだと言われました。 てか、これも結構ドロドロじゃありません? 2006年 米 監督 ビル・コンドン 出演 ジェイミー・フォックス,ビヨンセ・...