ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編

2008-07-06 18:05:26 | 映画・DVD
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ…
“2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です

今日は天気が良かったので少し出かけたのですが、暑いです
娘は茶道部(?)のお茶会とやらに出かけましたが…暑いだろうねそちらも。


さて、今日は久しぶりに映画館で観た映画のレビューです。鑑賞順で言うともう一本先に観た映画があるんだけど、こちらの方が鮮度が大切だと思ったので先にまとめました。では…



「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
(監督:スティーブン・スピルバーグ、出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン 、2008年アメリカ)

ワーナーマイカルシネマズ戸畑で、2008年6月30日(月曜日)に鑑賞。
嫁と一緒に行ったのですが、ワーナーマイカルシネマズって月曜日(メンズデイ)と水曜日(レディースデイ)は男女で行くと二人で2,000円で映画が観られるみたいです(北九州だけ?)。最近はシネコンの競争も激しいみたいだからね…お得感を感じつつの鑑賞でした



ストーリー
インディアナ・ジョーンズシリーズの劇場版第4作目。
大学で考古学を教えるインディアナ(インディ)・ジョーンズことジョーンズ博士(ハリソン・フォード)が聖杯探索を行ってから19年後の1957年。インディはイリーナ・スパルコ大佐(ケイト・ブランシェット)率いるソビエト連邦の特殊部隊に諜報員のジョージ“マック”マクヘイル(レイ・ウィンストン)と共に拉致されネバダ州米軍基地に連行される。イリーナらの目的はジョーンズが解析に協力したという1947年に起こったロズウェル事件の遺物だった。何とかソ連軍から逃げだせたインディは、マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)と名乗る青年と接触、イリーナに拉致されたという旧友オックスリー教授(ジョン・ハート)を救うため南米に向かう。
詳しくは…http://www.indianajones.jp/top.html





ピロEK的感想&点数
パラマウントのマークが何に変わるのか??…ってな所から楽しみなこのシリーズ。
今回はやけに小さな山だったのでビックリ

エリア51とか、ロズウェル事件とか、ネバダ核実験場とか、マッカーシズムとか、当時の時事ネタ(?)満載な所は、こういう時事ネタを基本に成り立ててあったけどイマイチ面白くなかった記憶のある「ヤングインディ・ジョーンズ」風味でしたが…(※ヤングインディ・ジョーンズは最初の方のエピソードをいくつか観ただけで断念。なので勉強不足です…マットとの会話でヤングインディ・ジョーンズのエピソードらしきものを語る部分があったけど、残念ながらどの話なのだか???でした)、
そんなヤングインディ風味の中でも面白く見せてくれるところ、流石はスピルバーグです

で、エリア51の機密品の倉庫で「ここを知っているだろう」…とインディに聞くソ連軍。
ソ連人が言ってるのはそういう意味では無いわけですが…私も知っていますよ~ココ
アークが納められた場所じゃん
って思ってたら、出てきましたアーク…開ければこの時点でソ連軍全滅に出来たのにね

核実験に巻き込まれるシーンだけは風刺味が効きすぎてて、あえて面白いシーンにしようとしてはいるんだけど「イイのかなぁ??」と思っちゃいましたけど
このあたり私が核被爆国国民であるゆえの特別な心情なのかな
…っていうか冷蔵庫で助かるものなんですかねぇ…当時の冷蔵庫って入ったら自力で出られないんじゃなかったっけ…などと追加の心配もした私。

一番楽しかったシーンは大学構内でのFBIとのチェイス
50年代の酒場(?)なシーンではもしかしたら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」な人たちがいたりしないか探してたのであんまり頭に入っていないのですが(もちろん見つけてませんよ)…その後、
故デンホルム・エリオットが前作まで演じていたマーカス・ブロディ副学長が出演もしていないのに何故か活躍。マーカスの写真が壁に貼ってあるだけでも面白かったのですが、銅像の頭が落ちちゃったりするところでは笑いました流石はスピルバーグ(2回目)
亡くなった俳優さんを(というか役柄をだけど…)こんなに笑い物にして問題は起こらないんですかねぇ
面白かったけど

南米に渡ったのちは割といつものインディ。
ガイコツと、虫と、蛇と、コントみたいな罠
滝から三度落ちる部分
こういうシーンをクドクドと「迫力シーンだろ」的にこれみよがしに見せられると結構厭ですよね。
それに対して、しらけた感じで「はいまた落ちるよ」的に演出してるのもナイス。こういうのをクドクドと見せ続けないところは流石はスピルバーグです(3回目)

でも、ターザンなところは…多少いただけなかったかな

最後が宇宙人オチだったけど個人的には許容。
オチがどういうオカルトになろうとSFになろうと、関係ないところがインディ・ジョーンズの良いところだと思っております
(高度とはいえ)如何にもCGな遺跡崩壊はチョイ残念映像だったけど、


最後にシャイア・ラブーフに帽子を簡単に被らせなかったのも流石はスピルバーグ(4回目)
…ルーカスだけに任せてたら被ってたかもね(この部分、私が勝手にスピルバーグの功績に決めつけちゃってるけど真相は?ですよ)。
彼(スピルバーグ)がTVシリーズにも関わっていたらショーン・パトリック・フラナリーにも帽子被らせていないかも(ヤングなインディはリバー・フェニックスだけだと思っているピロEKです)


ということも点数ですが、久々の劇場鑑賞なのでテンションアップも手伝って
5点強(5点満点中)。
流石はスピルバーグ(5回目)。幼稚とも思える内容でベタな展開の脚本を見事な娯楽作品に仕上げます。
ルーカスだけだったら、ストーリーを淡々と進めるだけの映画になっているところかもです
ショーン・コネリーが出てこなかったのは少し残念ポイントではありましたが、それはそれで4作目としての個性につながっているかもね。

このあと前3作と見比べたり、今作のDVDが発売されたら再鑑賞したり、ラジバンダリーすると、いろいろとアラも見えてくるのでしょうが、現状では満足&オススメ作品です
あとはDVDで再鑑賞した際にでも追記いたします(別記事)。ドロイドコンビもE.T.も発見できなかったことですし…

…構想自体があるのかどうかですが次回作にも期待。片目を失うことになるエピソードも知らないしね我々は(と、結局はヤングインディな設定も受け入れているピロEKでした



補足・蛇足
ターザンなところ以外でも少しだけ貶しておきます
この映画のサブタイトル「クリスタル・スカルの王国」って、何となくカッコ悪くないですか?
(どこらあたりが王国だったのかもピンと来ませんでした。クリスタル・スカルを崇拝していた王国ってこと?、クリスタル・スカルが治めていた王国ってこと??、クリスタル・スカルの王国の王様はクリスタルキング????)。
ルーカス作品って、他にも深くない子供でも考えつきそうなタイトルが多いような気が…あくまでも私の主観に過ぎませんが、「新たなる希望」、「クローンの攻撃」なんかも、深くない度お高めに感じます(且つカッコ悪め)…まぁ「スター・ウォーズ」ってのも考えたら単純すぎるタイトル。
「帝国の逆襲」、「シスの復讐」、「最後の聖戦」あたりは普通(※あくまでもピロEK基準で変に思わないってことです)。「ジェダイの復讐」は普通だと思ってたんだけど「ジェダイの帰還」になったら少し微妙(※あくまでもピロEK基準
まぁ、どうでもいいことなんですけどね。これが原題からのことなのか、単に邦画タイトルのセンス問題なのか…どうなんでしょうねぇ
…あ、一つだけカッコ悪くないけど意味不明なサブタイトルがありました「ファントム・メナス」ってどういう意味ですか



では、今日の乱文乱筆はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (24)   この記事についてブログを書く
« 今日は暴飲暴食しただけの1日 | トップ | 【小説】機動戦士ガンダムUC... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インディ (みゆみゆ)
2008-07-06 20:58:09
TBありがとうございました。
インディはなんだかんだ言いながら・・・楽しく見られたからよかったかな?と・・・。

私もあのマーカスの銅像の頭がポロリ・・・は笑ってしまいました(^^;

ドロイドコンビってあのドロイドがいたんですか?分からなかったので、私もDVDでチェックしたいです!
Unknown (ryoko)
2008-07-07 00:07:58
映画館で「失われたアーク」をみて衝撃を受けて以来のファンです。最後の聖戦も良かった~なのに・・・
**人はあかんやろ。
従来どおり古代遺跡系で留めておいて欲しかったです。
でも、とっても面白かったです。
こんにちは~♪ (ミチ)
2008-07-07 22:10:18
良くも悪くも「さすがはスピルバーグ」という作品でした。
ハリソンの子供がシャイア君だなんてあまり信じられない~
ショーン・コネリーから続く男の色気の系譜が途絶えたわ

実はワタクシ、あのターザンのシーンに大爆笑してしまったのですが、あれはちょっとお遊びが過ぎましたよね。
あと、核実験のシーンは笑っていいのやらいけないのやら微妙な空気を感じました。
Unknown (moriyuh)
2008-07-09 12:09:16
こんにちは。TBありがとうございました。

>こういう時事ネタを基本に成り立ててあったけどイマイチ面白くなかった記憶のある「ヤングインディ・ジョーンズ」風味でしたが

そうですね、私もこのシリーズは???です。
ヤングインディ・ジョーンズは、リバーフェニックスだけでいいです!!なぁんてね。

今まで考古学で来ていただけに、今回のコレは???ETっぽいしね、ちょっとGがしんじゃうのぉ?なんておもっちゃいましたぁ!


Unknown (いぇっさん)
2008-07-09 23:01:40
はじめまして TBありがとうございます。
インディの終わりの帽子のシーン
あれシャイアが被ってたら今度は息子編になるかも・・・と少しがっかりしたと思います
パラマウント (メビウス)
2008-07-09 23:14:19
ピロEKさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分インディシリーズはテレビでしか見た事が無いものですから、お馴染みといわれるパラマウントのユニークなスタートは今回初めて観たような気がします(^^;)テレビ放映だと尺の関係上パラマウントの場面を飛ばしてその後から放映する事が多いんですよね~(汗)

今度は色々な小ネタを探そうとつい最近リピートしたのですが、冒頭の倉庫のアークは自分もニヤリとなってしまいましたねw他にもスターウォーズでお馴染みのセリフ『悪い予感がする・・・』というセリフもインディが喋ってて面白かったです♪
赤毛? (AI)
2008-07-22 23:47:14
ピロEKさん、こんばんは~。

マット(インディジュニア)って、母親マリオン譲りのクルクル赤毛じゃなかったですか?
やたらヘアスタイル気にしてましたけど、ほっとくとクルクル赤毛が爆発しちゃうのかな~なんて。
父親からは気質のみいただいて、ヤングインディとは差別化?したのかしら~、なんて思っちゃいました。
TB&コメント有難う御座いました♪ (Aki.)
2008-07-24 03:50:08
こんばんは~♪
いや~、流石はスピルバーグでしたw
てか、ワタクシ、ヤング・インディもかなり好きなんですけどw
ぶっちゃけビデオ全巻持ってますし(^^ゞ
ハリソンがインディ引退してもショーン・パトリック・フラナリーで全然問題なし(ベストはリバーでしたけど・・・)どころか大歓迎だったりしますし(^^ゞ
にしても、オチがあまり評判良くないよーですね。
元々、見ちゃいけない幽霊(?)とか心臓えぐる子供とか何百年も生きてるおっさんとか非現実なオチばかりなんだから今回のもアリ(ジャンル的にも)だと思うんですけどね~。
取り敢えず最低でもあと一回は劇場に行こうと思ってます^^

っと、滅亡の危機に備えてブタでも飼った方が良いですかねぇw
もちろん名前は「うまそう」で^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
TBありがとうございました。 (KGR)
2008-07-24 23:29:31
オーパーツのクリスタル・スカルをイメージしていたので、
どくろはもう少し小さいと思ってました。
でかくてびっくり。

冷蔵庫では実際には即死でしょうけど、
お話としては、爆風は飛ばされてやり過ごし、
LEAD(鉛)のシールドなので放射能も大丈夫、
ってとこでしょう、洗ってたし。
こんにちは! (happy)
2008-07-27 13:57:56
お返事大変遅くなってしまいすみませんでした。
TB有難うございました。

次はシャイア君が主役にって話も出ていたので
ラストの帽子のシーンではやられたというか
別の意味でニヤリとしてしましました(^^)

こちらからもTBさせて頂きますね~

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事