ぴらにあの写真館 in 伊豆大島→都会へ(新・日記帳)

8年間の伊豆大島生活から都会へ移住しました…
旧日記帳(ODNまいぺーじの思い出)は、BOOK MARKよりどうぞ!

五島椿と長崎ちゃんぽんと、桜島にも行っちゃうんだからの旅!(4日目PM)

2018-10-20 21:00:45 | おでかけ(国内)
*長崎のホテルがメッチャ高くて難儀しました・・・の巻!

 長崎市内には3泊の予定だったんですけど、ちょうど精霊流しの直後でなかなか都合がいいホテルが見つからなかったんですよね。ツインか和室のルームチャージ(朝食付きでもOK)、コインランドリー必須の条件で探しましたが、ビジネスホテルで4~5万円(3泊分)とかシンガポールじゃあるまいし。とりあえず、野宿は辛いので某ホテルをシブシブ押さえておいたんですけど、な~んか気に入らなかったんですよね・・・

 しかし、出発直前になって空室が出始めました。どうやら、キャンセル無料の期限が近づいたので皆さん押さえておいた部屋を手放し始めた模様。結局、ちょっとリッチ系のサブ定宿的なツインルームを予約(お値段もそこそこ)することができました。「○○インじゃないのね~!」と一番喜んだのは小娘さんでした・・・


【お部屋のソファセットがお気に入りの小娘さん、お昼のランドリー休憩で宿題(自由研究)を片付けてます。お部屋に無料のスマホもありますので、チャチャッと調べちゃったりしてます・・・】


【さて、日が傾いても全然涼しくなりませんが、グラバー園にも行ってみましょう。正面から攻めると坂がキツいので、市電の石橋で下りてエスカレーターで上がりましょう・・・】


【坂の道にはニャンコ多し、そしてかぎシッポ。野生動物が苦手な小娘さんもだいぶ触れるようになってきました・・・】


【グラバー園は通常18時までですが、夏休み期間は夜間営業もやってます。グラバーさんのお隣のリンガーさん(中国茶の専門家)は心臓が悪かったそうで、人力車が自宅まで上がれるように日本で最古のアスファルト道路を作っちゃったそうです・・・】


【リンガーさんは有名なちゃんぽんチェーン店の名前の由来になった人ですが、そのちゃんぽん屋さんとは何の関係もありません。昨日、福江島から乗ったジェットフォイルが港に入ってきましたね。あの独特のエンジン音で気が付きました・・・】


【グラバーさんは元は武器屋(お茶や絹糸も扱ってました)なんですが、炭鉱開発、造船業、○○ビールのモトを作ったとか、なかなか活躍したお人なんです。ちなみに神社の狛犬や麒麟像が大好きだったそうです・・・】


【キッチンでアイスクリーム製造器を見つけました・・・】


【園内に数カ所あるというハートの石を探してます。でも、マジメに探さなくてもだいたいお姉ちゃんが群がっていますので・・・】


【もうひとつのハート石を探しながら、大浦天主堂までグダグダ下りてきたらお腹が空いてきました・・・】


【Aホテルの入り口に『ボウリング発祥の地』の碑がありました(G●●glemapの場所は間違ってます)。でも、調べてみるとボウリング発祥の地は長崎にもいくつかあるそうで、日本全国だと結構あるみたいですね・・・】


【ディナーは長崎ちゃんぽんの発祥店で。ちょっと入りにくい雰囲気(高級そうで)だったんですけど、メニューはリーズナブルで長崎港の景色がサイコーでした。ちゃんぽんは福建料理の燜麺(メンミエン)という麺料理がベースになっているそうです・・・】
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 心霊写真かよ… | トップ | どこに停めたらよいのやら… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おでかけ(国内)」カテゴリの最新記事