goo

FRENCHWORKERS INDIGOLINEN COAT

裏側

↓ 色落ち見本 / 約1年4ヶ月経過(以前同じ生地で製作したコートです)



↓ 色落ち見本 / 約4年2ヶ月経過(以前同じ生地で製作したコートです)



[生地]
ハイカウントリネン100%
1/40 インディゴ染めの後に表面のみ墨汁インク染め加工
[色] indigo
[洗い] one-wash(水洗い天日干し仕上げ)
[ボタン] コロゾ調プラスティックボタン
[価格] 57200円(本体価格 52000円 消費税 5200円)
[製品寸法](若干の個体差はご容赦下さい)
身幅/36(S~M)59cm  38(M~L)61cm  40(L~LL)63cm 
肩幅/36(S~M)50cm  38(M~L)52cm  40(L~LL)54cm
胴幅/36(S~M)60cm  38(M~L)62cm  40(L~LL)64cm  
裾幅/36(S~M)64cm  38(M~L)66cm  40(L~LL)68cm  
袖丈/36(S~M)61cm  38(M~L)62cm  40(L~LL)63cm 
着丈/36(S~M)88cm  38(M~L)90cm  40(L~LL)92cm  
ベルトの長さ/36(S~M)149cm/38(M~L)153cm/40(L~LL)157cm

look-1
look-2
look-3
look-4

参考資料 : 1910~20s french antique coat 他
関連事項 : 8B classic wool jkt(ボディベースに使用)/ 改良
https://blog.goo.ne.jp/piraconia/e/3f7ed5b5462dfb510531e49cf724dddc

生地について :
高密度に織り上げたハイカウントリネンを丁寧にインディゴ染めした後に
墨を主原料とする染料で表面だけを染めている大変手間をかけた生地です。
はじめはハリのある生地感ですが、使用と洗濯を繰り返していくと
表面の墨染料が溶け込んでいくため次第に柔らかくなっていきます。

20世紀初頭のフランスの労働者達が着ていたコートをイメージ。

オールドフレンチカラーやポケットのデザインも渋くかっこいいです。
ベルトはやや高い位置で雰囲気満点です!ベルトをしない場合は
背中のボックスプリーツが開いてAラインになります。
生地はアンティークインディゴリネンのようなインディゴリネンを使用。
表面を墨でコーティングした2度染めの生地となります。
使用(洗濯)により墨が落ちていき何とも言えない風合いになります。
次第に生地も柔らかくなっていきます。ヨレヨレの佇まいが最高です!

洗濯方法などついては品質表示の通り行って頂けますようお願い致します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »