All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

年末

2016年12月25日 | Weblog

年末は師も走る・・・私も大忙しです

クリスマス  賞金王決定戦  有馬記念  そして多少の掃除と買物

我家のクリスマスケーキ  3時間かかりましたが結構うまくいきました



新潟は年末に来て糸魚川の大火災で大変なことになりました  一年の締めくくりを目の前にして全てを失った人たち・・・かける言葉が見つかりません
でも、明日のために前に進むしかありません
そんな中、寺泊のアメ横ではカニを始めとして正月用の海産物を並べて待っていますが、今一つ盛り上がりに欠けるようです
それでも正月はやってきます  もしよかったら寺泊に来てください

それでは良いお年を!

 

コメント

アプトの道

2016年12月18日 | Weblog

アプトの道  御存知ですか

その昔、長野新幹線(今は北陸新幹線でしょうか)ができる前は東京から長野へは信越線が走っていました  最大の難所は群馬と長野の国境・・・碓井峠越えでした  一度には登れず途中で前後が切り替わっての難所です
そして新幹線が通り信越線は廃止になりました  でも地域のために高崎から横川までは残っています
その横川に鉄道村ができ、さらにそこから旧信越線の廃線跡が「アプトの道」としてハイキングコースとなり鉄道ファンやハイカーにとって魅力的なスポットとなったのです

そのアプトの道に行ってきました
8:14  東京発 とき307号       9:18   高崎着
9:32  高崎発 信越線          10:05  横川着

アプトの道を歩く   始めは長い直線(鉄道跡だから当然かも)
そして幾つものトンネルを歩く   暗くてチョット怖い
約1時間で目的地の「眼鏡橋」に到着

ここで折り返し、中間点にある「峠の湯」で汗を流しビールで喉を潤す
ここの湯は源泉かけ流しの良いお湯でシタ  

帰りは高崎で全国ブランドの「原田のラスク」を購入して帰宅しましたが、ここは東京からも近く良い一日でした

途中のトンネル 明かりがついている


眼鏡橋


休憩所も綺麗でした

コメント

九品仏

2016年12月12日 | Weblog

京都の混雑を他国の出来事と遠方から眺め、地元である目黒の紅葉を見に行ってきました
目黒の紅葉というとあまり知られていないようですが、良いところが2~3ヵ所あり、その中でも一押しが九品仏なのです
場所は浄真寺で東横線の自由が丘と東急線の奥沢の中間で近くの駅が大井町線の九品仏です  九品仏の由来はこの寺の本尊が9体の阿弥陀仏であることから地元では浄真寺ではなく九品仏と言っています
本堂の3つの三仏堂にそれぞれ3体ずつ置かれており、9体とは

上品・・・ 上生 中生 下生
中品・・・ 上生 中生 下生
下品・・・ 上生 中生 下生

の阿弥陀如来なのです  詳しくは現地で学んでください

でも、休日のためここも混雑していました  京都を笑ってばかりいられません



コメント

新潟市へ

2016年12月03日 | Weblog

瓢湖で白鳥(殆どが鴨だった)を見た後は、水原から新津を経由し新潟駅に
ここでは得意のレンタサイクルで散策  なんと3時間の利用料は100円・・・今時信じられませんが本当です(だだし初回のみ登録料が200円也)

目指すは「朱鷺メッセ」 新潟市のスカイツリー的存在です
ここの31階からの眺めは最高でした  信濃川から佐渡汽船、そして遠く佐渡島も見えて飽きません  しかも無料・・・新潟は財布にやさしい街ですね
その分お土産を奮発してしまった

朱鷺メッセ


その後は新幹線の時間まで朱鷺メッセの足元にある「新潟の水産物販売所」で最後のお土産タイム  ここには新潟の美味しい水産物が勢ぞろい  その中で小生が購入したのは次の通りです

えご(海草のエゴを煮て固めたトコロ天の様なもの) 日本酒に最高です
棒だらの甘露煮(正月には欠かせない一品)
トンビのから揚げ(烏賊の口です)

サバの浜焼き・・・一番買いたかったが自転車と電車での移動を考えて断念
         このサバで一杯やると最高なんですが諦めた

と言うことで3:04発の新幹線328号で帰宅となるのですが、当然、新潟から東京に向かうことになります・・・そして晴天の新潟から群馬に入ると
国境の長いトンネルを超えるとそこは雪国だった
と言うことで川端康則氏の描く「雪国」とは真逆になった今回の旅でした

追伸 
 私が瓢湖に行った一週間後、瓢湖は鳥インフルエンザのため立ち入り禁止となりました  
     

遠くに佐渡が見えます


コメント