All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

芋羊羹

2007年10月26日 | Weblog
舟和の芋羊羹です
甘さがしつこくなく、男性も食べられます
因みに私達は葛餅を購入しました・・・その理由は・・・・孫の芋ほりで貰ったふかし芋を昼に食べたので暫くは芋を遠慮です
コメント

甘藷まつり

2007年10月26日 | Weblog
毎月28日はお不動様の縁日です 
ここ、目黒のお不動様は江戸時代から庶民の楽しみの一つに数えられて大いに栄えました 
特に今月は「甘藷まつり」があり、裏の墓地に眠る故青木昆陽さんの供養月になっています   青木昆陽は江戸にサツマイモの栽培をすすめた人物で、当時は甘藷先生と呼ばれていたようです 
サツマイモは、薩摩芋の名の通り江戸時代に琉球から薩摩(鹿児島)を経由して日本に入ってきて、薩摩富士(開聞岳)の火山灰に覆われたやせた土地でも栽培できたことから、飢饉の時の救荒作物として重宝されました  
そのサツマイモこと甘藷を全国に広めるのに一役買ったのが、儒学者青木昆陽です
昆陽は晩年を目黒で過ごし、目黒不動裏の、自ら「甘藷先生墓」と刻した墓所に眠っていて、サツマイモ業者(甘藷組合)が明治時代に建てた立派な「昆陽青木先生之碑」と「甘藷講碑」があり、その偉業をたたえています
なお、当日は境内でも焼芋やふかし芋が売られていて、最近は鹿児島から観光協会の人が来て芋焼酎の試飲と即売もやっています 
卑しい私は3杯ほど試飲してから一本購入し、家内は舟和の芋羊羹を買うのが恒例です
今回は甘藷祭りのご紹介ですが、28日には私も行きますので境内でお会いしましょう
コメント

誕生日

2007年10月26日 | Weblog
私事ですが、昨日は家内の5×回目の誕生日で娘が作ったケーキを頂きました
コメント

おこわ団子ー2

2007年10月19日 | Weblog
このおこわの中に白玉(小麦のところもあり)に包まれた餡が入っています

追伸  このおこわ団子は少量の限定販売なので赤福のように売れ残りは無く、製造日の捏造等も行っておりません  賞味期限は当日限りですのでお早めにお召し上がりください
コメント

おこわ団子

2007年10月19日 | Weblog
再び「おこわ団子」の話題です
秋も深まり稲刈りが済んで温泉で一服・・・というとお茶請けにおこわ団子が目に浮かびます
こうなるともう食べたくて親戚に電話し、東京に来る用事を作ってもらい何とか食べることが出来ました
しょうゆ味のおこわと、あん入りの団子   そんな組み合わせが珍しいということで、初めて目にする観光客などはびっくりするらしい  
この団子は、作られたその日に食べないとおこわが硬くなって美味しくなくなります  翌日であれば蒸し直して食べられるが味は今ひとつ・・・・旅の土産には向きません
やはり、ふるさとの味として、現地で食べたい一品です 
親戚の吉屋さんでは開店前から電話が鳴り、「おこわ団子はできましたか」と問い合わせがきて、土・日曜などには6個入の包みが1日に50ほども売れ、昼すぎには売り切れることも少なくなく、なじみ客などは予約していくとか 
暮らしがまだ豊かでなく、生活に追われる毎日の中、節句や祭りには子供たちの笑顔が見たい  そんな母心が作らせたというおこわ団子ですが、今では一般家庭では作られなくなりました  
しかし、幾つかの菓子店が味を再現し、多くの人たちが買い求める・・・そんなおこわ団子がふるさとの「母の味」として続いてもらいたいものです
コメント

上級救命士の認定

2007年10月05日 | Weblog
以前から救命技術をマスターしておきたいと思っていたところ、目黒区で講習会があると聞いて9月23日に「上級救命技能講習」に行って来ました
大きくは心肺蘇生法自動体外式除細動器の実地訓練です
私はこの講習を受ける前まで大きな勘違いをしていました  多分、皆さんも私と同じ間違いをしていると思います(すでに知っている人もいるでしょうが)最近、駅やロビーで自動体外式除細動器(AED)が置いてあります
私の目的はその使い方をマスターすることでしたが、このAEDは心臓が停止した場合に電気ショックをすることで心臓を再稼動させるものであると思っていました
ところが、心臓という臓器は一旦停止したらもう終わりだそうです  いくら電気ショックをしても元に戻りません
でも心臓が止まる前に・・体調が悪い時に・・意識がなくなったとき・・・そのような状態の時に、心電図が正常な動きをしていない場合があります
その時には電気ショックで正常な動きに戻すことができますということで、意識の無い人にはこのAEDはとても有効です 
しかも自動でチェックしてくれるのでAEDが必要でない人には「必要ありません」と音声で応答してくれます
上級だけに9時から17時までの講習でしたが、終わった時はぐったりしました
早速家に帰り一風呂浴びて飲んだお酒の旨かったこと・・・いつもと同じでした
コメント

熱海ー2

2007年10月01日 | Weblog
第二テーマは「温泉と磯遊び」です
私が一番気に入っている観光地、定番である真鶴半島の三石でデイキャンプを楽しみました
タープで拠点を作り秋の一日をゆっくりと、時間の流れを気にせず缶ビールをチビリちびりとやりながら、孫達が小魚やカニを捕まえている声を聞いているといつの間にかウトウト状態です
そして温泉に入り海の幸で一杯・・・最高です
阿部さんもこういう精神状態が治療に一番なんでしょうが、私は庶民でよかったと思う一日でした
コメント

熱海

2007年10月01日 | Weblog
夏の疲れを癒すために熱海に行ってきました
今回の第一テーマは「秋の潮風にあたりながら、クルージング」です
熱海の秋季誘客イベント「熱海ファンタスティックホリデー」の一環として、「熱海湾ファンタスティッククルーズ」が開催されています
一人500円でクルージングができ熱海の夕景を楽しむことができます
船内はゆったりとしたスペースとなっており、ご家族やお友達同士など皆さんでご歓談を楽しみながら、約40分間にわたるクルージングが堪能できました
さらに、私がカモメを呼んで娘がエサをあげたらカモメが10羽近く集まってきて同乗の方々から拍手喝采をあびて、娘が輝いていました・・・親としてはうれしいものです
また、展望台にあがれば、ロマンもひとしお!ご夫婦やカップルなら、ロマンティックな素晴らしい一時を過ごせることまちがいなしです
そして、熱海温泉宿泊者には「熱海ビール」がプレゼントされます

熱海ファンタスティッククルーズ】 
日程/9/7(金)~10/21(日)の毎週金・土・日曜日(全21回)
時間/16:30受付→16:40乗船→17:00出港→17:40帰港
場所/熱海港(和田浜南町)
料金/お一人様500円(税込) 
※定員300名。幼児以下は無料。
問合せ/熱海市観光商工課 電話0557-86-6195
コメント