All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

おこわ団子

2006年10月30日 | Weblog
中はこうなっています
コメント

寺泊ーお奨め情報

2006年10月30日 | Weblog
<いい旅夢気分・・・お奨め情報
寺泊周辺のごく限られた地域で祭りの時などに昔から作られていた物に「おこわ団子」があります  これは、もち米を蒸して醤油で味付けし、あんこの入った団子を包んだもので、一見アンバランスなようですが結構美味しいものです  
私も始めて見たときは中々手が出ませんでしたが、今では機会があると購入してます  これの欠点は日持ち(賞味期限1日)がしないので人に差し上げられないことです  珍しく、しかも美味しいので知人に送りたいときもあるんですが無理なようです  
今回は、寺泊と出雲崎の中間にある「道の駅 良寛の里わしま」で予約して買ってきました  ここのおこわ団子は地元の「吉屋さん」が作っていて、新潟テレビが取材に来たほどの名人です・・・いい仕事をしています  
この「吉屋さん」は私の親戚なんですが、お店に行くとお金を受け取ってもらえないので、食べたくなるとこの道の駅で買って密かに満足しています全国に美味しいものは沢山ありますが、これは本当にお奨めです
コメント (1)

寺泊ー6

2006年10月30日 | Weblog
寺泊の魚屋に必ずあるのが名物の「浜焼き」です  昔はこのイカの身の中にイカの足が入っていて酒のツマミにはとても美味しかったのですが、今は観光客相手なのでどこにも置いていません
私は町の魚屋さん(指田魚店)にお願いして作ってもらいお土産にしましたが、差し上げた方々からとても喜んでもらえました
コメント

寺泊ー5

2006年10月30日 | Weblog
毎年恒例のシーサイドマラソンが行われて、寺泊から出雲崎の天領の里で折り返します
山が海まで迫った寺泊独特の海岸線、そして後方に越後の神山・弥彦山がみえます
コメント

寺泊ー4

2006年10月30日 | Weblog
夕日スポットは色々ありますが、やはり「佐渡に沈む夕日」が一番でしょう
コメント

寺泊ー3

2006年10月30日 | Weblog
朝方のお風呂はこんな感じです
コメント

寺泊ー2

2006年10月30日 | Weblog
さて、宿泊ですが、寺泊の中心部にはホテルや旅館がありますが、値段と内容に満足するところは余りなく(私的には無いと思います)、それでも近くの弥彦温泉周辺が総合的にみて無難だと思います  
でも寺泊のはずれの野積というところに1軒だけ満足のいくホテルがあり、今回、我々は信濃川分水を渡った「ホテル飛鳥」に宿泊しました  ここは従業員の教育が行き届いており、また、利用料もリーズナブルでゆっくり寛げるので私のお気に入りのホテルです 
皆さんも是非ご利用ください 決して後悔はさせません 
そして、このホテルは先ほどの魚のアメ横の中央水産と山六が共同経営しているので、日本海の新鮮な魚介類が手ごろな値段で堪能できるのです
東京から関越道を260km走ってちょっと疲れた体には、日本海に沈む夕日を見ながらの温泉、そして日本海の美味しいものを食べながら飲んだ日本酒は最高でした
これで血糖値が下がれば最高の人生なんですが・・・トホホ
写真は展望風呂からの夕日です
コメント (1)

いい旅夢気分

2006年10月30日 | Weblog
新潟に行ってきました 当然ですが天童さんもご一緒です
私のDNAの故郷、新潟県長岡市寺泊・・何といっても海岸沿いの「魚のアメ横」が有名です  海岸通りに角上・中央水産・山六といった大きなお店が十数店舗並んで連日魚介類の大安売り、駐車場には全国からのマイカーや観光バスが並んでいます
北陸や新潟・佐渡を観光して最後にここでカニや魚をお土産に買って帰るのが新潟の観光スタイルです  お店も心得ていて、魚介類は発泡スチロールで氷詰めにし持ち帰りや全国発送に応えてくれます  観光気分も手伝って財布の紐も緩みがち、この時とばかりに普段義理を欠いている親戚や友人に送ったりしています
私たちも「スケトウ鱈・ホタテ・蟹」を大阪の親戚と娘の嫁ぎ先に送りましたが、送料の高いのには驚きました  魚は安いのですが、大阪などは送料と箱・氷代で2350円もかかりました  何とかならないんでしょうか・・?
そして昼食です「魚のアメ横」の二階には海鮮丼や蟹ラーメンを売りにした店が多くありますが、ここのものは観光客相手なので本当はお奨めではありません 
私の一押しは港にある「お食事処・日本海」で、天童さんはここの「三色ご膳」を頂きました  一皿めは「イクラと鮭」、二皿めは「蟹肉」、最後は「ちらし」で蟹汁がついて1,575円で、天童さんもまあまあ納得していました ・・というよりも、〆は夕食でということでまだまだ余裕のようでした  
私は「ノドグロの焼き物」(1,580円)を食べましたが、ノドグロとは赤ムツのことで日本海の魚の中では最上級の美味しさです  適当に油が乗っていて満足でした
コメント (1)

祭りー5

2006年10月16日 | Weblog
ここ川越には喜多院というお寺があり、五百羅漢やダルマ市(1月3日)で有名だそうです
天長7年(830)に慈覚大師が無量寿寺を開いたのが始まりと伝えられており、喜多院となったのは慶長17年(1612)、徳川家康の信任を得る天海僧正が、住職となってからのことです
寛永15年(1638)、大火によって喜多院のほとんどを焼失したが3代将軍家光が江戸城内・紅葉山から客殿、書院などを移築しました  それが結果的には江戸の大火による焼失を免れることになり、江戸城唯一の遺構として残されることになりました
客殿や書院には「家光誕生の間」「春日局化粧の間」と伝えられている部屋があります
・・・・・ということで、今回は10月14・15日の川越祭りに行ってきましたが、祭りの規模は私の知っている限りでは日本一だと思います川越・本川越・川越市の3駅からメイン通り(約1.5km)、さらに各町会へと続く出店の数は1000近くかと思われます  失礼ですが、地方のお祭りのイメージでいたのでびっくりしました
山車も写真で見るより雄大で笛や太鼓、踊りもあり見ている人を厭きさせません  また、山車の上部分が回転して周りの人が平等に見ることができるのには感心しました  今回、山車は15町会から出ましたが、前回は26も出たそうです  川越市を始め各町会がこの保存に努め、それを住民が支えているのでしょうが、色々と我々には解らないご苦労もあり大変なことだと痛感しました
来年は10月20・21日だそうです 
是非、行かれることをお奨めいたします
コメント (1)

祭りー4

2006年10月16日 | Weblog

天童さんとご一緒ですから当然食べ物の話題になりますが、ここには駄菓子横丁があり昔懐かしいお菓子や遊び道具が並んでいました  
私も子供の頃に食べた物が数多くありましたが、値段の安さから添加物等が心配で今の若い親達は子供に食べさせないのでは・・・・と変に思った次第です  
従って、買っているのは我々のような中年以上の人種でした  結局今の老人は長生きですが、我々中年はこのような食品添加物と生活習慣病で案外と先が短いかも解りませんそうして駄菓子横丁を冷やかし、いよいよ昼食です
国道沿いにある「かっぱ寿司」に入り、天道さんは「モリモリ」、私は疲れた喉に冷たい生ビールを流し込みました ここは回転寿司ですが、最近の回転寿司は結構そこそこには食べれます  良いものは一皿1貫で出てきましたが、100円なりの味でした
でも、株主招待券を使い無料でしたから文句は言えません

コメント