All About  パルム通信

団塊世代の「チョイ悪親父」が通信員として、季節の流れの中での出来事と故郷の「新潟便り」を中心に掲載しています

京都の名園

2018年04月17日 | Weblog

襖を開けると静寂な青紅葉の庭が・・・・






ここは大徳寺の塔頭 黄梅院 

庭も立派ですが、ここの売りは住職が自在に書いてくれる御朱印です
御朱印帳 2ページにご住職の人生観や風刺を書いてくれるというので人気があります  
料金は 1000円 ・・・ しっかりしています

実はこの襖は娘の手作りで後ろに写真立てがあるのでした
私の誕生日のプレゼントでいただきました

今は先日行った仁和寺の五重塔が納められています
我が娘ながら手先が器用で感心しました

こんな感じです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春の海へ | トップ | 京都の極み 2018 春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事