pinonyanのホッと一息

2ニャン&ワンコの日常を
マイペース更新で綴って行きま~す(゜∇^*)b

大物?な娘

2008年02月26日 | くれあ成長記

 

  全国的に、そろそろ春ですねぇ~との便りが

  聞かれる中・・・。

  なんなんでしょう  このドカ雪は Σ(・Д・ノ)ノ

  おかげで会社へ行くのに、いつもより15分くらいは早めに

  を出なきゃ行けないし ただ歩いてるだけなのに筋肉痛

  なるし(←単なる運動不足

  ホント春が待ち遠しいpinoです(^^;;

 

  くれあ 「 ねぇねぇ  今日は何ちてあそぶ??」

 

  寒さなんて吹き飛ばす 程の元気娘くれあ

  アビシニアンのMIXと言う事で・・・さぞかし品の良いステキな

  レディに成長するであろうと今から楽しみな母ですが・・・

 

 

  ミン「 将来は・・・きっと大物になるね

 

 

  くれあ ガオォォーー

 

   大物って・・・

  ライオンの赤ちゃん 間違えて連れて来たかしら!?(;・∀・)

 

 

  母の思いとは裏腹に 、ワイルドに磨きのかかる愛娘

 

 

  立場が逆転するのも・・・時間の問題だね

 

 

 

コメント (14)

新米お兄さん♪

2008年02月12日 | くれあ成長記

 

  くれあが、わが家に来て1ケ月が過ぎました・・・。

  超ビビリなまめちゃが、ノンタン以外の子を受け入れて

  くれるかどうか不安な日々でしたが。。。。

 

  くれあ 「 兄た~ん スキっ

 

  まめ 「 くっ  苦しいんだけどぉ・・・

 

  連れてきて初めの2~3日くらいは、しつこくするくれあに、

  威嚇したり、怖がって逃げ回ったりしていた、まめちゃですが・・・。

 

 

  まめ「 ほぉ~ら、遊んでやるニャ

  なんだか・・・。お兄さん風吹かしております( ̄∇ ̄;)

 

 

  超おてんば娘に、さすがの暴れん坊ミントも・・・。

 

  ミン 「体力の限界でしゅ

 

  ミントとは、テンションも似てるので、いいコンビになりそう

  ミントとの写真も撮りたかったんですが、あまりに動きが早すぎて

  カメラに収まりませんでした

 

  まめちゃの病状ですが、今のところ落ち着いているので様子見の

  状態です。くれあが来てからも変わらず安定しているので

  私達も一安心

  いずれは膀胱炎がひどくなりまた手術をしなければいけないけれど

 

  今は、この穏やかな生活が少しでも長く続くといいなぁ~

 

 

 

コメント (10)

先の見えない闘い・・・

2008年02月04日 | まめちゃ日記

 

 前回お話したように、今まめちゃは『下部尿路疾患』

  と言う病気と闘っていますが・・・。

  先日、またしても病院で先生からショックな一言

 

 

  『また石が出来ています・・・』

 

 

  もうホント どうしたらいいのかわからない・・・。

 

  今をさかのぼること5ヶ月前・・・。

  ノンタンが亡くなって間もなくして、気が付くとトイレから

 長時間出て来ないまめちゃ。

  その日を境に、頻尿とトイレで鳴き叫ぶ異常行動。

 

  すぐに病院へ連れていき、検査したところ検出されたのは・・・

   『シュウ酸カルシウム』と言う聞き慣れない言葉でした。

  しかも、すでに膀胱に石が出来ていて。。。切開して取り除くしか方法

  がないと・・・。

  まるで昨日のように蘇る悪夢の日々・・・。

 

  一般的に良く聞く、『ストルバイト』と違い、石を薬で溶かす事も

  出来ないし療法食に変えてもなかなか治らない・・・。

  石を取り除いてからも『膀胱炎』を繰り返し、結晶も出たり消えたりと

  不安定な状態が続いていました。。。。 

  ただ年末くらいからは、徐々に頻尿も少なくなり状態も安定していた

  ので、回復に向かっているのだとばかり思っていたのに・・・

 

  今回のことで一つはっきりしたのは、病気の一番の原因がやはり

  『環境の変化』によるものだと言う事。

  初めは、食べ物による可能性も捨てられず、大好物だった食べ物

  すべて我慢させ、療法食だけの食事に変えました。

  だけど・・・。今となっては、これもまめちゃにとってはストレスなのかも

  知れない

  我慢させても『石』が出来てしまうのなら、我慢させる意味がない。

 

  病院での治療は当初、『シュウ酸カルシウム』に対する治療が中心でしたが、

  あまり効果を得られなかった為、途中からは『メンタル』な面での治療に移行

  していきました。

  担当して頂いてる先生から『アメリカでは、この治療に精神安定剤を用いる

  ケースもある・・・。』と聞き、いろいろな観点から診ていかなければならない

  時期にきているのだと・・・。

 

  私のブログを以前から見て頂いてる方なら、まめちゃがどれだけノンタンに

  依存していたかは一目瞭然ですよね。 

  でも私は正直、まめちゃがここまでデリケートだとは思っていませんでした。

  外泊したことだってあったし、ミントを迎えた時だって普通に乗り越えてた。

  でもそれは今思えば、すべて 『ノンタン』 在りきだったんだ・・・。

 

  ノンタンを失った時、辛くて寂しくて・・・。新しい家族を迎えることなんて

  考えられなかった。これからはまめちゃを・・・これでもかっ!ってほど

  溺愛して大切にしていこうと思っていた・・・。

  だけど、現実には仕事があって、いつも側にいてあげることが出来ない。

  ノンタンが居なくなってからというもの、私が家に帰ってくると狂ったように

  泣き叫び私の側から離れようとしないまめちゃ。

  きっと不安で不安でしょうがないんだね・・・。

  そんなまめちゃを見ていて、やはり心のよりどころ的な存在がもう一人

  まめちゃには必要なのでは?と思うようになっていきました。

  ただ、新しい家族を迎えるにあたっては、大きなリスクがある。

  『相性の問題』、合わなかったらかえってストレスを倍増させてしまうこと

  になる。

 

  くれあ 「 アタチ兄たんの救世主になるでしゅ

 

  そう望んどります(; ̄ー ̄)

 

 

  少しずつ・・・。ゆっくり・・・。 この距離縮まりますように

 

 

 

 

コメント (16)