pinonyanのホッと一息

2ニャン&ワンコの日常を
マイペース更新で綴って行きま~す(゜∇^*)b

ありがとう・・・

2007年07月23日 | 猫日記

 

   

   病気の告知を受けてから2週間。

   7月22日  0時40分頃。。。。

   ノンタンは逝ってしまいました。

 

   その前日、病院で検査をしてもらうと

   すでに貧血の値が、命に関わる危険な数値

   先生に 「 長くない・・・」と言われました。

   その時、言われた選択肢は2つ。

 

   1. 危険が伴うけど、うまくいけば延命出来る可能性のある

       『輸血』と言う手段。( 半日入院)

   2.  このままの状態で、通院しながら薬による自宅看護。

 

   ただ、ノンタンの今の容態では、1の場合、体力的に

   危険が伴うし・・・ ひょっとしたら処置中に亡くなってしまう

   可能性がある。

   しかも、輸血がうまくいったとしても、一時的なものでしかない。

 

   どうせ先がないのなら、住み慣れたわが家で看取ってあげる

   ことがノンタンの為。   そう思い、連れて帰ったその日の夜。

   容態が急変し、私の腕に抱かれたまま息をひき取りました。

 

   同じ病気と闘っている猫ちゃん達のブログを見ても・・・。

   ネットや本で調べても・・・。

   たとえ発症した後でも、うまく病気と闘いながら何ヶ月も何年も

   生きている猫ちゃん達が大勢いるのに、うちのノンタンだけが

   どうして・・・??

   悔しかった・・・。

   何もしてあげられなかった・・・。 

 

   亡くなった当日、仕事に行かなければならなかった私は

   病院へ亡くなった旨の連絡を彼にお願いした。

   すると、担当医から 「 今回のケースは、ほんとに極稀なケースなの

   で是非調べさせて欲しい! 」と言われたらしい・・・。

   やはり病院側でも、こんなに短期間に容態が悪化したことに

   疑問を感じているらしいかった。

   彼は・・・『即答で断ったよ』って私にメールをくれた。

  でも、私の中ではものすごい葛藤があった。。。

   私自身、すっきりしない部分もあったし、今後、同じ病気の

   猫ちゃん達にとっては、いい前例になるかも知れない・・・。

   でもその日、苦しみながら死んでいったノンタンを思うと

   もうゆっくりさせてあげたかった。。。。

  

   今日の午前中、最後のお別れをしてきました。

   ノンタンの寝顔が大好きだった。

   この寝顔に何度も癒された。

   今、まめちゃやミントがいるのも・・・

   ノンタンが来てくれてからの毎日が

   とっても楽しくて幸せだったから・・・。

 

   たった2週間という、短い闘病生活でしたが

   ノンタンを見守って頂いた皆さま、

   暖かい励ましのコメント、アドバイスをくれた

   皆さま・・・本当にありがとうございました

   今は、喪失感でいっぱいの毎日ですが・・・

   まめちゃやミントの姿にとっても励まされています。

 

   長文にも関わらず、最後まで読んで頂いて

   ありがとうございました。

   ブログ再開の際には・・・

   また宜しくお願い致します。

  

 

  

コメント (11)

★経過報告★

2007年07月20日 | 兄弟日記

 

  先日、病気の宣告を受けてから・・・

  私も疑問を抱いていた感染ルート。

  4年前、まめちゃをわが家に迎え入れる際、ウィルス検査を

  したもののその時には、シロだったはず・・・。

  ただ、まめちゃは産まれてまだ6週目くらいだったので、

  抗体が出来てなかったのかも知れない。

 

  まめ 「 え"っ  ボクも検査するの

 

  まめちゃの場合、『里親探しの会』で出会ったこともあり

  両親がノラ猫だった可能性も強い。

  ウィルス持ってたって、発症していなければ対処も出来るし

  キャリアの子だって、すべてが発症するわけではない。

  先週、まめちゃを連れてウィルス検査へ・・・。

 

  結果は・・・陰性

  検査の際、もう一度病院で確認したところ・・・

  4年前、ウィルス検査をしていたのは、まめちゃだけ。

  ノンタンは、受けてなかったことが判明・・・。

  なぜその時受けてなかったのかは、今となってはわからないけど

  もし受けてたら、キャリアだって事がわかって

  おそらく、まめちゃを手放していたと思う・・・。

  やっぱり、母子感染だったのかぁ

 

  ~今日のノンタン~

  

  なかなか熱が下がらず 口内炎がイタイせいか

  自分でご飯を食べてくれません

  薬に頼ってしまうと、副作用などもあるので、極力飲ませず

  漢方薬と流動食&離乳食メニューを中心にやっています。

  無理やり飲ませるもんだから・・・毎回かなりご立腹

 

  もともと食べ物の好き嫌いがはっきりしていた子なので

  かなり手を妬いています

  普段から、いろいろなフードを食べさせておけば良かったぁ

  今現在、出ている症状は発熱、口内炎、貧血・・・

  肝機能の低下(食欲不振による)

  どんなに嫌がっても、とりあえず食べるもの食べてくれないと

  抵抗力が弱ってしまう・・・。

  まずは病気に負けない体づくりしなくっちゃね

 

 

 

コメント (3)

じつは・・・

2007年07月10日 | 猫日記

 

  今日は、かなり衝撃的なお話をしなければなりません・・・。

  先日、犬歯を抜くと言うお話をしたばかりのノンタンですが

  この度、別の病気を発症したことがわかりました。

  ほんとに突然のことで、私達も正直まだ現実を受け入れがたい

  状況です・・・。

 

  その病名とは・・・『猫免疫不全ウィルス感染症』

 

  猫を飼っている方なら、知らない方はいないでしょう・・・。

  徐々に、免疫力が失われ・・・死に至る病気。

  口内炎、貧血、発熱・・・。ほんとに突然の事でした。

  ついこの前まで元気だったノンタンが・・・。

  先生から病名を聞かされ、頭が真っ白になって震えが

  止まりませんでした。

  ずーっと家猫として育ってきたノンタンにそんな恐ろしい

  病気が潜んでいたなんて・・・。

  先生のお話では、母親からの感染で発症するケースも

  あるとのこと。

 

  2日間ほど、検査入院をしていたノンタンですが、今日

  家に戻ってきました

 

  熱も下がり、少し食欲も出てきています・・・。

  しばらくは、薬の投与と通院という日々になりそうです。

  ノンタンが戻ってくるまでは、絶望感でいっぱいだったけど・・・。

  元気にスリスリ、ゴロゴロしてくるノンタンを見て、今は家族として

  一緒に病気と向き合う勇気が湧いてきました。

 

  しばらくの間、ノンタンの治療に専念する為、ブログが疎かに

  なってしまうこともあると思いますが、出来る限り近況を報告

  出来ればと思っています。

  個々へのコメント返しに関しては、難しくなると思いますが、

  皆さんのブログへの訪問は、私の楽しみでもあるので、

  息抜きに覗かせて頂こうと思っています。

 

 

コメント (5)