虹色パラダイス *・*・*輝け!私のマイノリティーワールド*・*・*

~オーラソーマと出会い、夢だったプラクティショナーを通り抜け、今また新たな扉へと突き進む★pinoco★の心の記録~

木星移動と映画『君の名は。』を観損ねた話。

2016-09-15 18:31:08 | 【5】今、新たな扉を前に



9月9日、木星が乙女座から天秤座へと移動して
新しい星の時間がはじまった(来年の10/10まで)。



この9月は、2016年の大きな境目らしい。

乙女座の新月(日本では見られなかったが「金環日食」)からスタートし
(ちなみに9/1は朝起きたら久々のめまいに襲われたんだった・・)、
17日には魚座の満月&月食、
22日「秋分の日」には太陽も天秤座へと移動し、水星の逆行も終了して、
27日にはついに火星が山羊座へ。しかも同じ日に、
山羊座にいる冥王星の逆行も終了する・・

というわけで、なにやらとても濃厚そう。


「宇宙の流れ・リズムを知って、ナチュラルにそれらと一体化し、
自分の人生にどんどん光を取り入れてゆくのだぁ~」と
静かに燃えている今の私も、
この「天秤座×木星」時代に切り替わってからは
自分の内側がじりじりとモード・チェンジしてきているのを感じている。


そう。これまでの「コツコツコツコツひたすらに、
とにかく手足を動かすこと、日々鍛え続けていくこと」みたいな
(それは私の中の「乙女座×木星」に呼応するエネルギーだったのだろう)
真面目モード(?)が、ここ数日でぐんぐん緩み、
心が急激に「楽しいこと」を求めだした感じ。

風の星座同士(双子座:私、天秤座:木星)なので
なんか頭も回るようになってきた。

(ほかにもいろいろあるけれど、今日書きたいのは別のこと)





で、映画をね・・観に行こうと思ったわけですよ。

話題の『君の名は。』を。



「映画なんて何年ぶりよ?」の私。

基本、映画館には行かない。だって、他人と近距離で並んで座って、
前後左右から様々な「気」を受けながら(感受性が強すぎるのだ・・苦笑)
作品に集中することなんて、まず無理。楽しめない。
(余談:映画館好きの人って、誕生数「偶数」の人が多いんじゃないかな?
「1」の私はあの密着感・集団感・一体感が、とにかく苦痛・・)

それに、金銭的に貧しい私にとって「約2時間:1800円」は大きい。
(行くなら「レディース・デイ」とかを狙うだろうけど、それでも安くはない。
その金額があったなら、絶対に「本」に使いたいもんね~)

それらの私の勝手な条件をクリアして
投資してもいい!後悔しないぜ!と思わせる作品なんて滅多にないし、
「話題の作品は、そのうちテレビで観れるでしょう~」で結局OKになる。



だけど。

『君の名は。』は、「観たい!」と思ったんだよね~。


“今、このタイミングで、観るべき価値がありそうだ!!!”

ってなんか直感みたいなものが騒いじゃって、無性に気になり始めて。



でもさ、予告見たり、RADWIMPSの『前前前世』聴いちゃったりしたらもう、
なんとなくのストーリーは想像できちゃうじゃない・・?笑


「どうしようかな~、どうしようかな~、それでも面白そうだよな~」

って、悩むこと数日。


「とにかく人気作品らしいから、観るならネットで事前に席
確保しておいたほうが良さそうだ。座席指定もできるし・・」

って思いつつも夫に相談しないまま、
現金で払いたかったので(ネットだとクレジットカードとかだから)
残席チェックしながら「当日でも大丈夫でしょ!」って、
「起きたときの気分で決めちゃおう」って・・・・・これがゆうべの話。


で、昨日。
朝の気分で、やや衝動的に「行こう!」と出かけることにしたわけですよ。



結果。
“観るならここらへん・・”と思っていた席は全滅し
はじっこの席もどんどん埋まっていく中、
思い悩んでいるうちにマシな席はなくなって、
「せっかくお金払って観るのに、嫌な席で観たくないよな~・・」
と14時台の回はあきらめて、
「でも、わざわざ来たからには、やっぱりな~・・」と
次の回(すでに、ほぼ満席)を検討しているうちに、
その回はあっという間に全席埋まって。。。
(それにしても、本当にすごい人気だな!)


「やっぱり事前にネットで自分にとっての最良の席を確保して
出直そう・・」ってズルズルと暗い気分を引きずりながら街を彷徨って。



もう「完敗」なわけですよ。


映画を観るために街に出てきたわけだから、
それ以外の道はもう、昨日の私には用意されてなかったのでしょう。

そう思うしかないくらい、それからの時間はズルズルのボロボロで。

「せめてカフェでいい時間を過ごそう」なんて思ったところで
どこも満席で、また彷徨うことになり・・

なんとか辿り着いた空いてるカフェで、
ビールを飲んでるカップルに最悪な気分を味わわされることになったのはもう、
「はいはい、全部、私の選択ミスですよ!!!」なわけで。
(これについても、いろいろ思うところがあるのだが
今日はもう長すぎるのでパス!)




悔しいので、分析し、学ぶしかなかった。


すべてはゆうべ、夫に相談できなかったところから始まっていたのだ。

私と同じくらい今、自分の「道」に熱中している夫に遠慮して
(というか、リアルな心情は「いじけて」だな・・苦笑)
話すタイミングを逃したまま眠りについたのが、そもそものミス。

私は「この映画観たい!」という自分の「わくわく」
もっと素直に、誠実に、なるべきだったのだ。

その「わくわく」を最良の形で実現させるために、
「夫に話し、ネットでチケットを手に入れ、映画館に向かう」を
素直に実行していれば、私の昨日は満たされていたはず。

少なくとも、あんな嫌な目に遭うことはなかっただろう。



では、Q.「なんとしても映画を観ていたら?」

う~ん・・それはどうなっていたかな。

やっぱり最良の席じゃないことが気になっていたと思うし、
カフェにいたカップルが別の形であらわれて
結局嫌な思いを味わわされることになったような気がする。
(って、この分析は今書きながらできたから、ブログ書いてよかったわ)

そう思うと、支払った代金が「ホット・ジンジャー1杯分」で済んで、
映画代が無駄にならずに済んで、よかったな。
(金に対するシビアさ、これは私の成長の証し!)

「え~? 普通に映画、楽しめてたんじゃないの?」
という意見もあるだろうが、この分析の目的は
“こうなった現実をポジティブに受け止める力を養うこと”
ってことで、今の私にはいまいち響かない。
まぁ、それならそれで「よかったね」だ。




とにかく。

「想いやイメージする力が具体的で強いほど、実現化が速くなる」

とか言われているけれど、
それって良い面(?)ばかりのことじゃなく、
「逆」も同じってことなのね・・。


失敗したとき(それは自分の本当の気持ちを大切にしなかったとき、なのだろう)
どんなふうにそれが現実に影響を及ぼしていくか、
昨日の私はその「速さ」を思い知らされた。







そして。

落ち込んでいた昨日の私は
「このタイミングで観られなかったのだから、きっと私はもう
この映画を観に来ないだろう・・(メソメソ)」と思っていたし、

大きな流れの転換ポイントである17日の「魚座の満月&月食」を前に
この映画を観られなかったってことは(そこに必然性を感じていたのだな)、
“私の「さらなる変容」のチャンスも、ここで逃してしまったってことになるのでは?”
と、ますます泣きそうになったけれど、、、


いやいや。


「すべてはパーフェクトな流れとタイミングで訪れる(または訪れない)」
本気で信じようとするならば、

このタイミングで映画を観損ねて「最悪な1日」を味わうことこそが、
今の私にとっての「パーフェクト」であり、

そこからこうして自分勝手に分析し、学び、浮上するための
必然的な流れだったのだろう(今ここで必要な成長だったのだ)と、

もしも私が本気で思うことができるなら、


それこそが「知識」を越えて「知恵」として
自分の内側に備わったのだなぁ~ということになるわけであ~るな!

(って大丈夫? この文章、着いてこられた?笑)



だから、私は書きながらどんどん元気になって
「だから今日は時間を使って、これを書くことにしたのね!」
と思えるし、やっぱりそんな自分を知っているから
「今日は、これを整理しないことには、進めないよ・・」
と最初から思っていたのだろうな!



そう!

これは「知っている」であり、もはや「信じている」ではないのだ。
(そして最近の私の合言葉は「YES, I know!」)




というわけで(長っ!!!)
完全に観るタイミングを逃した気になっていた昨日から一転、

“来週の「レディース・デイ」に今度こそ観に行ってやる!”な気分が
今はもうすぐそこにある。


そしたら、私の「変容ポイント」は
“22日「秋分の日」でOKやないか~い!”なのであるな。





最後に、9/9「木星移動日」の夕焼けを記録して。

(窓越しで撮った&下の電線が気になるところ。そして
サイズがデカすぎるけど、取り込み直すの面倒だからこのまま!)



他人に影響を受けること、そしてこの思考の嵐、
すでにめっちゃ「天秤座×木星」っぽい。





『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほら、また虹をみたよ。 | トップ | 秋分のゲートと映画『君の名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【5】今、新たな扉を前に」カテゴリの最新記事