新 ナローファンの隣の部屋

だんだん走れなくなってきたナローゲージャー

初老の旅 29201015

2020年10月15日 07時14分02秒 | Weblog
先週の土曜日の朝に差し歯が抜けた時は流石に歳を感じ、予約をしていた旅行の事も頭をよぎったのですが無事に修復できたし会社での処遇は変わっても仕事は変わらないので非出勤日に遊ぶ事に
春の函館旅行に続いて北海道。今回は2泊3日
通い慣れた?紋別空港がANAの目的地です。実質年金生活者ですからゴーツーxxxxを活用。平日だからいけるようなものです。











今回もレンタカー付きパック旅行
車種は
となりました。

明日乗車する列車の予約に空港から遠軽駅へ
この駅を通過したのは50年前の北海道撮影旅行以来です




切符は遠軽ー網走往復で購入。ただただ石北本線を乗るのが楽しみ
空港から遠軽まで車で切符買いに行きました







ホテルは紋別プリンスホテル
十数年前初めて丸瀬布に行った時に泊まった宿です














コメント

レイルカーが好きだった

2020年10月04日 08時36分07秒 | Weblog

初代ミニグース
TMS414号(ナローゲージブック1に収録)にでていた太田安幸さんのミニメールグースを見たとき、ゲテモノ好きな心を揺すぶられてしましました。
自作するにも適当な動輪が手元に有るわけではなく、また鋼材からフレームを切り出すだけの技術も無くお蔵入りの状態でした。
乗工社の亀の子を素組して当鉄道に入線させたのですが、集電ブラシのセッティングが悪いのか、走行状態が今一つで棚の肥やしになってしまったのです。隣にホイルワークスのフォードピックアップが中途半端な状態で放置されており、この二つを結びつければミニグースが出来るとさっそく手をかけ始めました。







フレームは適当なところで切断。主動軸は一軸としキドマイティーのブラシを直接車輪にあてるだけですが、室内にタミヤのミニ四駆のウエイトをたっぷりとのせているので、ラビットスタートはありますが、それなりの走りをします。





ボンネット、座席はキットをそのまま使い、フレームとはエポキシで接着してあります。
先台車は乗工社のミニランドで使われていたものを永福町にあった模型店で入手し使用しています。台車に付属している排障器は線材を半田付けでくみ上げ、アクセントとしてプレシジョンスケールのワッシャ、ナットを埋め込んであります。
荷物室は2mm間隔のスジ目板から切り出し、現物あわせで組み立てました。メインフレームとは後部フェンダーで挟み込みネジ等による固定はしていません。
塗装は洗浄後マッハのシールプライマーを筆塗りで下塗りし、吹き付け塗装しています。
塗装後プライザーのトラック運転手を乗車させ、完成となりました。
 


ミニグース2

ミニグースファン(そんな人、ほかにいるかなあ)として二台目に挑戦

動力は乗工社のパワーユニットの初期のものです。
先台車は乗工社の小型ボギー台車に排障器を取り付けました。
車輪の押さえ板がダイキャストでウエイト代わりになっていますが、
一軸の集電なので、荷物室の中にかなりのウエイトを載せました。



エンジンはロストのマック、運転室や荷物室は真鍮板、洋白板や
アングル材から適当に作りました。

塗装はアサヒペンのメタルプライマー、トビカトップガードで車体全体を、
荷物室はグリーンマックスの近鉄特急ダークブルーのスプレイを
使いました。
運転室にはホワイトメタルのシートを置いて、プライザーの人形を
整形手術を行って座席に座らせました。



ウエザリングはパステルと薄く希釈したハンブロールできつめに行いました。

荷物室の上に荷物を載せて雰囲気を出したいものです
2005年5月制作



杉山模型製のミニグース
前後の車輪に集電ブラシを架けています
平ギアで減速してウオーム軸を駆動
最近のモータに換装すれば低速もっと効くと思います。






コメント

ストラクチャーを組む

2020年09月25日 08時56分00秒 | Weblog
10年以上前に作った物です。
sierra west scale modelsの
Logging and Tractor Repair Shed
建物はテンプレートに合わせカット
インテリアパーツはレジン製
塗装はハンブロールを面相筆で大変でした









屋根はペーパーをレザーカットした別会社のもの



これはfine scale miniatures
のキット
キャンベルのキットを天賞堂で購入して組んでいましたが、FSMを教えてくれたのはエコーモデルの阿部さん一時期取り扱っていたので数種類購入しました。
こちらのパーツはホワイトメタル製
建物の大きさも小ぶりです。






これは何処のキットだったか?




今は国産の出来の良いキットが沢山出ていますが、ナローの沼にハマった頃は海外製を高い為替レートで納入したものでした。


コメント

高齢者になりました

2020年09月21日 04時22分38秒 | Weblog
あのWHOの定義では65歳からが高齢者だそうです。
還暦を迎えたときはあまり歳を意識することはありませんでしたが
還暦後にまた転職し今月末で(生涯こうなるのかな就職1転職3出向1)
有期(満65歳)の雇用契約も終了。少しはペースダウンと思っていたのですが世の中甘くなくもう少し仕事することに。(6ケ月更新の雇用契約にハンコ押しちゃっいました)
健康年齢を75歳と仮置きしてこの後のことをいろいろと考えていたのですが
昨年春に網膜静脈閉塞症という厄介な眼の病気を患い、視力の低下は
著しく、大好きな模型つくりに支障が出てしまいました。加えて新コロナに
弱いと言われる年齢ともなると身を守る行動も必要となります。

今日、9月21日で65歳になりました。
怪しげなモデラーはしぶとく、したたかにもう少し





2005年6月号鉄道模型趣味誌に記事を掲載させていただきました 















コメント

A A レフト+ハンドシェイ

2020年09月20日 08時58分00秒 | Weblog

中村精密の3トラックのシェイのキットの組み立てに失敗し(一体何回やってしまったことか)部品の有効活用を考えていた時に杉山模型からシェイのシリンダーだけが販売されました。shay8000と勝手に名付けました。
中村のキットはギアユニットが複雑すぎて挫折していたので単純にすれば
何とかなるだとうと,まず車軸にだるまやのヘリカルギアを取り付けてゲージを10.5mmから9mmに改軌
台車が結構大きいので思いきって一軸にカット

モータを取り付ける台車は床板に固定して片側のみ首振りするようにしました。
モーターはコールバンカーの中に格納

上回りは手元のパーツを活用、シリンダーの位置をレフトハンドにして
変わり種を強調



未塗装状態で走らせていたのですがOLCOの代表車輛ですから
諸星さんに塗装をお願いして、モロフィニッシュ







著名なレイアウトにも入線させていただきました。


レフトハンドシェイを2輛も作る変人はそうはいないだろうと
On3で制作開始。こちらもジャンクパーツの有効活用



明日、9月21日に65歳になるのですが視力の低下が著しく
安楽モデラーとしてのんびりと遊んでいきたいですね






コメント

フェリーで遊ぶ

2020年09月20日 07時33分00秒 | Weblog
とんでもなく旧作です。
東京駅八重洲口に鉄道模型の専門店があったことがありました。
16番のC12を売り出していたかな?
そんな店の片隅に気になるキットがありました。
中を見せてもらうとレジンキット。まだシエラウエストのキットが出回る前で
かなりの抵抗感はあったのですがフェリーの線路幅は9mmが選択できるよう
なので購入。ハンブロールを筆塗りでサクサクと形になりました。
折角なので可動橋もどきもプラ板ででっちあげました。






桟橋にはお約束のクレーン




コメント

タンク機で遊ぶ

2020年09月20日 07時31分00秒 | Weblog
珊瑚模型のダックスは多くのバリエーションを作れるように設計されていました。加えて方南町の店舗でパーツを分販してくれたので改造ネタにはもってこいの機関車でした。

鉄道模型趣味の和久田さんの記事の写真の片隅に写っていたⅮタンク
実物を見たのは軽便祭だったでしょうか
アルモデルからD型蒸気の動力装置が販売された時は思わず飛びついてしまいました。ああ、これで長年の夢が叶う
ダックスのサドルタンクと合体




カトーのC12の走りは相当なものだとWEBの記事で読んでいたので
さっそくサイドタンクと合体。先輪と従輪からも集電という小型機であっても安定の走り



エンドビームは従輪に取り付けてカーブ対策


以前からカトーのNゲージの動力は使っていたのですが
こちらはキューロク







コメント

縦釜好き

2020年09月20日 07時23分23秒 | Weblog
成田ゆめ牧場のまきば線詣でも縦釜が好きだからかもしれません






OLCO最小の縦釜
カトーのポートラムの動力にサイドロッドを取り付け





銀座軽便倶楽部のフリーランス
ボイラー内にモーターを入れ、ベベルギアで二軸動力にしているという
見た目よりは凝った作りとなっています。

杉山模型からも製品化されています




ペアーハンズの二段ウオームの動力を使った一台
サイドロッドは見えないだろうと省略


NWSLのクライマックス
HOn3を9mmに改軌
ギアが噛むので走りは今一つ















コメント

五稜郭

2020年03月20日 12時07分00秒 | Weblog
北斗星に乗って函館経由札幌までが10年前
青函連絡船で北海道に渡ったのは中2の春だったか
当時五稜郭はスルーして長万部に行ったので、今回はフラット一駅







往復500円の元は取れたか?








見慣れない機関車が多いので





機関車の付け替えはいつ見ても楽しい






コメント

函館へ

2020年03月20日 11時20分00秒 | Weblog
二年続けての北海道旅行。叔父の一件の後、出来ることは元気のうちに70過ぎて身が軽くなったらという考えを改めました。
4月から会社での仕事も変わるし新ノロもいつまで続くのでしょうか。
ということで一週間前にチケットを準備
天気予報では現地大荒れのよう




初めて条件便の搭乗となりました





羽田空港34Rからの離陸は初めてかな?
途中揺れもありましたが





無事に定刻に到着



腹ごしらえをしてから青函連絡船へ







可動橋のバランスをとっていたのでしょうか












コメント