gooピンクリボンキャンペーンスタッフブログ

今年もgooはピンクリボンキャンペーンに参加します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「乳がん 早期発見があなたを守る!」セミナー報告

2008-12-05 19:17:05 | Weblog
ピンクリボンスタッフ「な」です。

11月25日に行われた、月刊「からだにいいこと」の
「乳がん 早期発見があなたを守る!」セミナーに出席しました。

プログラム:
(1)宮崎ますみさん講演「乳がんは他人ごとじゃない!早期発見のすすめ」
(2)乳がんのセルフチェック講座
(3)初めてのマンモグラフィ体験(実演&解説)

会場には約300名の女性が集まり、熱心に聞き入っていました。



セミナー開始前の会場



宮崎ますみさん

乳がんを発見するまでの経緯、治療を経て現在に至るまでのお話を
してくださいました。
宮崎さんの場合は、ご自身で胸に違和感を覚えていたものの、悪性ではないと
2度も診断されました。
がん告知を受けた時は、「ガンになったことは偶然ではない。何か理由があるはず」と、
自分の心の状態を見つめ、本当の自分を解放してあげよう、と思い、絶対治そう
という気分になれたそうです。
もし、乳がんにかかってしまったら、慌てず・騒がず・恐れず。
治療方法もインターネットなどを駆使して信頼できるお医者さんにめぐり合う
までぜひ探してください。自分の命に責任を持って、治療も選んでいくことが
大事 とお話くださいました。

現在は治療を止められていますが、動物性タンパク質を取らないように気をつけ、
玄米菜食中心の生活をされているそうです。



聖路加国際病院 小山智美先生によるマンモグラフィデモンストレーション

壇上で実際にマンモグラフィの機械を使って、検査のデモが行われました。
痛いから・・・と躊躇される方も多いマンモグラフィですが、生理直後の
胸が比較的張っていない時期を選ぶと痛みは軽減されます。
また、機械によっても違ったりします。
とても痛い場合は、技師の方に言ってみてください。

マンモグラフィでの発見率を少しでもあげるため、先生も体をひねりながら
きちんと写るように大仕事。私も自分が検診しているときは技師の方が
どのような格好をされているかは見たことがなかったので驚きました。

乳がんの罹患率を下げることはできなくても、マンモグラフィによって
死亡率を下げることはできるはず。
自分はまだ関係ない、痛いから受けたくない・・と思わずに検診に足を
運びましょう。



ロビーでは、検診施設の案内やチェックキットの説明などがありました。



乳がんのしこりのモデルで感触を確かめる参加者の方々

乳がんの基礎知識や、乳がん検診の内容などが広まり、
早期発見によって少しでも乳がんに苦しむ方が少なくなるように・・。
また機会がありましたら、セミナーの募集のお知らせなども
していきたいと思います。
コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.6

2008-10-31 17:26:37 | Weblog
少々日が開いてしまいましたが、神戸ウオークレポート最終回です。

ウオークの後は、会場でトークイベントが開催されました。



右から、市立貝塚病院の沢井先生、小谷実可子さん、牧野エミさん、川村カオリさん、荻原次晴さん です。

みなさんのコメントを一言ずつですが紹介します。

◆沢井先生

「gooの2007年乳がんに関する女性の意識調査によると、乳がん検診に行かない理由の1位は
「現在異常がないから」でした。でも、症状がないときに行くのが「検診」です。
もし何かおかしいなと思ったら次の検診を待たずにすぐに病院に行って欲しいです。」

◆小谷さん

「今日参加されたみなさんが検診を受けるだけでなく、両手をつないで
2人以上の人に、検診の輪を広めて欲しいです」

◆牧野さん

「健康は、あっという間になくなってしまうものです。わたしは大丈夫と
思っていると思うけど、そんな気持ちは一気に吹っ飛んでしまいます。
ぜひ検診に行ってください。早期発見できないと、つらいこと・痛いことがたくさんあります。」

◆川村さん




(ご自身が乳がん患者である立場から) 「自分と同じ経験を若い子たちにはして欲しくない。
日本も欧米と同じぐらいの乳がん検診率になるように、普及活動をしていきたい。」


◆荻原 次晴さん



別名「MR.ピンクリボン」の荻原さん。どこの会場でも男性へのメッセージを
熱く語ってくださっています。

「大親友の奥さんが乳がんだということがわかりました。友達はそれから
すっかり元気をなくしてしまっています。だんなさん、そして子どもの
元気もなくなってしまう、日本の元気に関わることです。
乳がんで亡くなってしまう方をひとりでも減らしたい。女性は、家庭と社会の花です。」

トークショウ終了後は、大野靖之さんによるライブが開催されました。



お母様を乳がんでなくされた大野さんの想いがつまった、あたたかな歌声に
会場のみなさんが聞き入っていました。

この1週後の25日の仙台のスマイルウオークで、今年のウオークイベントは終了しました。
各地でご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

ピンクリボン月間は今日でお終いですが、gooはこれからも活動を続けていきます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【乳がん検診実施施設様へのご案内】「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」

2008-10-29 17:22:04 | Weblog
ピンクリボンスタッフ「な」です。

J-START事務局様よりご依頼いただき、乳がん検診を行っている施設の
ご関係者様へお知らせいたします。

「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」
(J−START)は、第3期の研究参加団体を公募しています。

この研究は、40〜49歳女性を対象とする乳がん検診の方法として、
マンモグラフィ検査に超音波検査を併用する検診と併用しない検診を実施し、
2群間において乳がん検診の精度と有効性を検証するための比較試験です。

ご興味をお持ちくださった施設・団体様は下記までお問い合わせください。

【乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験―研究参加団体第3期公募―】

《応募締切》
   平成20年11月13日(木)午前中必着
《申請先・問い合わせ先 》 
(財)日本対がん協会 がん対策のための戦略研究推進室
 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13階
 電話:03-5218-6051 FAX:03-3215-0522
 電子メールアドレス:senryaku2006@jcancer.jp
 ホームページ:http://www.jcancer.jp/senryaku/kadai1/20081017_03.html
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.5

2008-10-27 18:08:28 | Weblog
当日の会場には乳がん検診車が3台に、見学用が1台と合計4台が用意されていました。

※トークショーでのお話では、デジタルマンモグラフィが載っている
 乳がん検診車は一台一億円ぐらいするそうです。

事前に希望された方の中から抽選で検診を受けることができます。



マンモカーの中で上半身だけ検査着に着替え、まずマンモグラフィ、
それからエコーの検査をします。



プラスチックの部分と台の部分の間で乳房を挟んで撮影します。



このような画像が撮影できます。



こちらのベッドでは、ジェルを塗ってエコーの検査。

検査結果は後日郵送で到着します。

マンモグラフィは「痛い」「怖い」と聞くと思います。
たしかに、まったく痛くはないですが、受ける時期による違いや
個人差、機械の違いなどもあります。

でも、どんなに痛くても長くて15~20分ほどのこと。
発見できなかったときのことを考えれば、「痛み」で躊躇しないで
受診していただきたいと思います。




コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.4

2008-10-27 17:42:17 | Weblog
スマイルウオークの会場には色々なブースがあります。
協賛企業のブース(ピンクリボン関連商品や、バッジなどの販売、飲料水などの
配布など)や、関連団体のブースでパンフレットを配ったり乳がんの模型を実際に
触ってしこりがどのようなものか体感できたりします。


目に留まったのは神戸市のテントで売られていたピンクリボンクッキー。



神戸のお菓子屋さん「レーブドゥシェフ」のものです。
隣で出店されていた洋菓子店「ボックサン」の社長と社長同士のお二人が、
ピンクリボンのために何かできないかと考えて、考案されたそうです。

10月中は、お店のスタッフの方々はピンクリボンバッチをつけて、
「ピンクリボン」の説明をしたり、収益の一部を財団法人日本対がん協会
ほほえみ基金に寄付したりといった活動をされています。



左から、お話を聞かせてくださったレーブドゥシェフの綾さんと中本さん




今日も活躍、ピンクリボン大使のキティちゃん



ピングーはこどもたちに大人気。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.3

2008-10-22 18:07:14 | Weblog
ウオークの列の中に、ごみ拾いをしながら歩く男性がいらっしゃいました。
神戸が本社である株式会社シャルレの社員の方々でした。

会社としてピンクリボンに協賛されていますが、毎年ウオークには社員の方々が
声をかけあって参加しているそうです。
そしてウオーキングの際にはごみ拾いをしながら、歩いているとのことでした。





東遊園地まで戻ってゴール!ゴールした方には「完歩証」が配られます。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.2

2008-10-22 17:31:01 | Weblog
神戸の5kmルートは、異人館や生田神社などの観光スポットをめぐります。

東遊園地→三宮→加納町交差点→北野坂→風見鶏の館→異人館通り→トアロード→中山手通り→生田神社→生田筋→ルミナリエ通り→東遊園地





神戸といえば坂道。暑い日だったので、みなさんちょっと大変そうです。



目印はピンクのジャンパーを着たスタッフの方や、こんなマーク。



風見鶏の館前。ここが坂のてっぺんなのでみなさんちょっと一休み。



生田神社。芸能人の方の結婚にあやかって最近ますます大賑わいだそう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin神戸レポート Vol.1

2008-10-20 21:16:28 | Weblog
ピンクリボンスタッフ「な」です。

昨日、10/19(日)は神戸のピンクリボンスマイルウオークが開催されました。
晴天に恵まれ秋とは思えない暑さの中、約3900人が参加しました。



スタートの合図とともに空に舞うリボン

神戸のスタート地は、東遊園地。山に海と起伏に富んだ町並みを10km,5kmの
コースに分かれて歩きます。



5kmコースのスタート!



たくさんの参加者とともにスタートしていく、小谷実可子さんと川村カオリさん



ピンクのゼッケンと風船やバンダナを手に歩き出す参加者の方々

つづく・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ご案内】「乳がん 早期発見があなたを守る!」セミナー

2008-10-15 16:31:00 | Weblog
ピンクリボンスタッフ「な」です。

月刊「からだにいいこと」社より、セミナー開催のお知らせをいただきましたので、ご案内します。

セルフチェックのしかたやマンモグラフィの実演など、「乳がん」が気になっている方におすすめのセミナーです。

-------------------------------------------------------
日時:11月25日(火)13:00~15:00
場所:新宿明治安田生命ホール
募集人数:女性320名
主催:月刊「からだにいいこと」
プログラム:
(1)宮崎ますみさん講演「乳がんは他人ごとじゃない!早期発見のすすめ」
(2)乳がんのセルフチェック講座
(3)初めてのマンモグラフィ体験(実演&解説)
-------------------------------------------------------

ご応募方法につきましては、gooホーム(SNS)の、掲示板に
記載させていただきましたので、以下のURLをご参照ください。

◆セミナー応募方法詳細◆

締め切りは、10月31日(金)です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピンクリボンスマイルウオークin東京レポート Vol.4

2008-10-04 20:10:57 | Weblog
コーラスの後は、山田邦子さん・小谷実可子さん、荻原次晴さんが参加されての
トークショウや、大野靖之さんのミニ・ライブが開催されました。



トークショウで乳がんの治療の体験について語る山田邦子さん。

会場には、マンモグラフィ検診のためのマンモバス(検診は事前予約制)や、
乳がんのしこりを体験できる模型等も展示され、乳がんの早期発見の大切さを
伝える取り組みがされていました。



マンモグラフィバス。中でマンモグラフィ検診が実施されています。

6年目を迎え、少しずつ街に定着してきたピンクリボンスマイルウオーク、
次回の開催は10/19(日)神戸です。
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする