‘olu‘olu

楽しもう☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

英語でアパレル用語♪

2016-02-16 23:41:07 | Dress Tips
こないだ、久しぶりに、

マイケル・デラクルーズ先生が、うちにいらして頂きまして

ドレスのオーダーをしてくれました♡ Mahaoです!!

マイケル先生は毎度、とてもドレスにはこだわりがあって、

マイケル先生がどんなドレスを求めているのか、そして表現したいのか、

を理解したうえでの、

英語での打ち合わせが大変です。

もう完全に忘れてしまっている英語ですけど、

なんとか。通じて良かったです。

アパレル用語って、英語を話せる人でもなかなかその単語を知らない人多いと思います。

今日は、よく打ち合わせとかで出てきそうな

アパレル単語をまとめてみましたーーー

生地に関して

表生地=Self(NYの現場ではそう使ってたけど、マニアックすぎて、ハワイの先生達も逆に知らなくて言わないかもしれないです。)ですので、表生地に使われる生地名称を直接言い表したほうがいいかもですね。

ポリコットン=Poly/Cotton だいたい柄生地が多いのでただ単にPrintって呼ぶ場合が多いかも。
ちなみに、無地生地は=Solid

サテン=Satin/シャンタン=Shantung
光沢あり側をShiining、光沢なし側はその反対なので、No Shiining とかで通じます。

裏地=Lining
ちなみに見返しはFacingといいます。

ベロア=Velour /ベルベット=Velvet
よくベロアとベルベットを間違えるかたがいます。見た目たしかに似てますがお値段が全然違いますのでご注意ください
ベルベットのほうが高級生地で、縫製するのにとても技術が必要です。ベロアのほうが保管方法も楽ですし、とても扱いやすいです。

レース=Lace
ちなみにレースの端によくある、波波?してる部分スカラと言います。=scallop lace,もしくはlace edgeとかでも通じそう。

オーガンジー=Organdie/ジョーセットもしくはシフォン=georgette, chiffon
これも、よく間違われます。透ける生地で張りのある生地はオーガンジー。
透ける生地で、てれんとして柔らかくてドレープがキレイに出るのは、ジョーゼットもしくはシフォンです。
(シフォン生地=柔らかく・透け感の強い・極薄の・平織り生地
ジョーゼット生地=シボ縮緬ジワがあり・透け感のある生地
シフォンジョーゼット=柔らかいジョーゼット生地であることをアピールする呼称だそうです。)


パーツなど
だいたい、アパレル用語は英語から来てるので
そのまま英語でOKなんですが、
ときどき、全く違う呼び方の単語もあります。例えば。。。

フリル=Ruffle

けまわし(アパレル独特のいいかたなので一般の人もあまり知らないかもしれないです。
スカートとかの裾まわりの量こととかをいいます。)
=Sweep(NYではそう呼んでました。ハワイの人はもしかしたら使わないかも。。。)
Hem around とか、hem volume とかのほうが理解してもらえるかも。。

ファスナー=Zipper
ちなみにコンシールファスナーはinvisible zipper

その他
仮縫い=Fitting

縫い代=Sean Allowance

お直し=alteration(NYでは一般的にはそう呼んでたけど。)fixという言葉も使ってたような。。
リフォームは、alteration、もしくはremakeは通じるかな?

オーダーメイド=Custom made

今のところ思いつく言葉はこんなところぐらいです。

アパレル用語英語はもっと、いっぱいありますが(たとえば縫い代の始末のこととか。)インチの言い方も独特だし。3/8とかね。

今回はこんなところぐらいに、しておきます。

ではおやすみなさいです。



By SHONAN RIASU Mitsue
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南アフリカへ

2016-02-15 23:28:06 | 南アフリカ
ところで、

今度、南アフリカへ行く事になりました笑

なんというか、ちょっとアルバイトというか(汗)

これからわたしがやりたい事への、資金稼ぎというか

1週間で、私としては嬉しい額を頂けるというので♡

このお話を聞いたとき、即答で、「はい♪行きたいです!!」と応えてしまいました

どんなバイト??

って思いますよね笑


もともと、わたし、ユカアンドアルファというアパレルCAD会社に、長年CADインストラクターとして働いていました。

そのCADインストのアルバイトなんです☆

英語でCAD操作を教える仕事なんですけどね、NYでやってた仕事だし。

(英語かなり、忘れてきちゃってるんですけど汗)

おもしろそうだし。

ちゃんと日本の商社さんがやってらっしゃる縫製工場だから(多分安全だろうし。)

そんな訳で、軽くOKしてしまいましたー


南アフリカでも、「アンゴラ共和国」という国みたいで、

まずビザをとらないといけない。

で、そのまえに、まず。「黄熱病」という予防接種を受けないといけない。
(ちなみに、これを打ったら1ヶ月はその他の予防注射は打てないらしい。)

で、その他、エボラ出血熱やら、A型肝炎/B型肝炎 やら、狂犬病 やら 腸チフス

なんやら、かんやら、いっぱいあって。

一体わたしは、渡航前に何本打てばいいのかしら?? ってぐらい

いろいろあって、よく分かりません。

しかも頂いた資料を読むと

とにかく、蚊に刺されないように注意が必要みたいで。 

わたしはその辺に売ってる虫よけテキなものを塗ればいーのかな?と思ってたら

一応おすすめのクリームが、米軍とかにも使われている強力なもので

よく読んだら、そのクリームは、「国内での通信販売・譲渡・未受診者との共有は禁じられています。」って
都内にある、「THE KING CLINIC」(完全予約制)に行かないとだめみたいで。
その説明書には恐ろしいことばが。。
「化繊・シャツのプリント・塗料・プラスチックを溶かすことがあります。時計なども接触しないように。」
なんて書いてあるんですけどどんだけ強いクリームなんですか。
そんな恐ろしいモノを塗らないとだめですか?

しかもね。

「ちなみに、自由行動は注意してくださいねー。世界で一番地雷とか不発弾がいっぱいある所ですからねーー!」
ですって

「え?今何ていーました??」聞いた耳を疑っちゃいましたもん笑

資料だけ読むかぎり。

わたしどんだけ、命張って!?おそろしいところへ行くの!?

って思いましたよ笑

明日ちゃんと、詳しい説明を受けますが

ちゃんと、安全な所だ。という説明と、

まー、予防注射はね何本か打たないとダメみたいだけど、

きっとそんな怖いところではない。ということを

行ったことがある人のほんとの話を聞きたいです。

あと、もし、アンゴラへ行った事のあるひとーー

何か情報を教えて下さい笑

では♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Blog復活☆

2016-02-15 00:09:17 | Lino的つぶやき

えーーーーっっと。

1年以上ぶりの更新かな? になります。笑


このわたしのプライベートな日記Blogがまだ、生きてる事にオドロキです笑
(ログインしてみたら、こんなに長い間更新してないにもかかわらず、見に来てくれている人がいたことに
おどろきと、感謝です!!)


そんな訳で。

仕事用のBlogは、とりあえず。置いといて(そっちもずっと更新してないんです涙)

こっちのプライベート用日記Blogを復活させよーかな。と思ってます。

何を書いていくか。

そーだねぇ。

今年のわたしがやりたいコト、学びたいコト、いろいろあって、

そうゆうこととか。目標とか。

そんなこと書いていこーかなぁ。

こっちは、ラフに。自分のノート的な感じでいこっかなー。と思ってます♪


今年わたしがやりたいこと。

「起業」だったんですけど笑

いろいろまずは勉強しなくちゃいけないことがありすぎて。

会社を作るには、お金もかかるし、いろいろで、今すぐどーの。って話じゃないな、ということが

今年入ってからセミナー行ったり、自分で調べたりで、そう思いました。

だから今年はその準備というかね、勉強の年でいこう!と決めて。

ある起業塾みたいのに入って

今日が初めての勉強会でした。

やっぱり、起業したいかた達が集まる会なので、すごく刺激にはなりました!!

そうゆう、コンサルとか、起業セミナーとかやってる人っていっぱいいるじゃないですか。

それで、その人は本当に信用して大丈夫?とか、両親や周りの人に言われると

そ。そうなのかな。って途中すごく心がぶれましたけど(^^;)

今日お話を聞いてみて

この先生の考えかたというか、ハートフルな感じが、いいなというか。

やっぱりわたしの勘は間違ってなかったと思いました。

もともと、ドリームゲートっていう、起業する人達の応援サイトみたいのがあって、
そこにたくさん起業セミナーの案内があるんですけど、
その中から、その講師のかたを選んだのは、ほんとうにただの直感です。笑

でも、わたし直感って大事だと思うんですよねー

今日その先生が言っていた言葉

「自分のやりたい事を絶対にあきらめない事、

 明日死んでもいいと思える気持ちで毎日をやりきる、こと。」

↑「生死一如」という仏法的なコトバで、

昔、母親から教えられた言葉です

うちの母親は、わたしはいつもその精神で仕事してるのよ。

って、十年くらいまえ、言ってたなぁ。。。

ってことを、思い出しました。


うーーん。何気にうちの母は尊敬することがいっぱいあります。


最近読んだ本でとても為になった本があります。

あたえる人があたえられる
クリエーター情報なし
海と月社



これ。物語的に分かりやすく書いてあってものすごく、なるほどなーーー。ってとても勉強になりました。

この考え方の典型的なのが、うちの母親だな。と思いました。

なんというか、商売精神というよりも、とにかく、人が喜んでもらえること。
今目の前にいる人=お客様を喜ばせるために出来る事をせいいっぱいやり遂げること。

びっくりしたことが。
以前あるお客様のドレス最終納品の時に(たしか本番2日前だったか直前くらい)
たしか、サイズはOKなんだけど、ブラウスの素材とスカートの素材の相性なのかなんなのか
分からないけれど、ウエスト部分が滑ってしまうということで
よく紳士服のパンツとかに使われるアイロンで貼るタイプのスリップ止めが売ってるので
それをつけたらどうですか。というような、
普通だったら、そんなアドバイスで終わるところが、

「じゃぁわたしが今探して買ってきてあげる!」
と言って母はよく知らない場所で(うちは鎌倉なんですけど、そこは都内でした。)
まずすぐ近くに紳士服がどこにあるかを調べて(わたしがiPhoneで調べたんですけど)
そこへ行って、スカートも持って行って、店舗でスリップ止めをつけてもらって
それでまたお客様が練習している場所へスカートを持って帰って
「どうですか??大丈夫でしょ??本番は頑張ってね!!!」
って笑顔でそのお客様の背中を押し、(そのスリップ止めの料金はもちろん請求なんかしてません。)
ただ、本番直線にとっても緊張している彼女を
少しでも緊張を和らいで、頑張ってもらいたかった。という母のその気持ちだけで
そこまでやったこと。
ちなみに、そんなお客さまは、本番である、某コンペで優勝しました!!

最初わたしは、そこまでサービスする必要はないんじゃ?
と思ってました。(><)

だけれど、この本を読む限り、
そうゆう「心」がとっても大事なんだな。
と改めて思いました。

わたしは、なかなか母のようには出来ませんが^^;)
お客様が喜んでもらえるようなサービスや
心遣いを大切に
していきたいな。と思います!!

では、また〜♪

おやすみなさいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする