‘olu‘olu

楽しもう☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あともう少し!

2013-05-03 23:18:46 | Leukemia
今日は、久しぶりに兄に会いにいきました!

前回、移植1ヶ月後ぐらいの時に会いに行った時は、

なんというか。

一言で言えば、「生まれたてのヒナ」のようになっていた兄。

全身の皮膚の皮がベロンとむけて、

頭からも赤ちゃんのような産毛みたいのが生えてきて、

小さくなった体で、

ちょこんと、完全無菌室のベッドにすわってる姿は、

ほんとうに、まさしくヒナのようで、なんかかわいかった

でも。本人もね、よく言ってました。

「自分は本当にラッキーだ。」って。

普通はね、移植後、もっと、もっと、辛いみたいです。

いろんな所が痛かったり、合併症がおきたりとか、いろいろ。

でも、兄の場合は奇跡的にそういうコトもなく、

スムーズに上手く行ってる。

退院も早く出来そう。


って聞いてました。


あれから、もう2ヶ月近くたったし、

電話の声も元気そうだし、

もうすぐ退院という話も出てて、

だいぶ、元気になったであろう! と

大きく期待をしに行ったんだけどね。



今日は、久しぶりに会って

正直、切なくなってしまいましたーーーー

また涙が出てきそうです。。。。


気持ちはね、元気なんだよね。

でも、やっぱり、体がついていってないみたいね。

今日、ちょっと、病院から外でてみようか。

天気もいいし。

お昼を外で食べよーか。

え??外出てだいじょーぶ?? 食べれる??

って感じだったけど

きっと、兄は、私と会うの久しぶりだったし、

そんなには食べれないけど、一緒に食べたかったんだよね。

無理させちゃったみたいで

歩いてる途中で、だんだん、具合が悪くなってきちゃって、


とてもじゃないけど、お昼食べるカンジではなくなってきて。

外で、休憩しながら、うずくまって、ブルブル震える兄の体を支えてる時は

本気で、ここで倒れたらどーーーしよぉ??? って思った。

誰か助けを呼んだ方がいいのか?

って、オロオロしてしまったけど、

ゆっくり、休憩したら、だんだん落ち着いてきて、

「やっぱり、病院戻ろうか。」ってカンジで

無事に戻ってこれたから、良かったけど。


ほんとに、無理させちゃって、ごめんね!!!!!

本人も、こんなんでごめんなーーーー。

ってすっごぃ誤ってたけど そんなことより!!! あなたの体の方が心配ですよ!!!

食べれるって、外行っても大丈夫って思ってたみたいで、

逆に、具合が悪くなってしまったコトに、

本人が1番ショックをうけたようです

やっぱり、気持ちはね、

早くに退院したいみたいなんだよね。

気持ちに対して、体がついていってない、

苛立ちみたいのを感じました。

それ以外は、いろんな話をしたりして、

元気な様子でしたけど。。。




うーーーーん。

でも、正直、元気? ではないよね。まだ。

目標は、あと1週間か、2週間ぐらいで、退院する!

ってコトみたいだけど、

今日の様子だと、正直言って、退院しても、通院するのがつらそうですよっ

あせるのは、分かるけど、

ゆっくり、無理をしないで、

頑張って、食べる事と、

少しでも歩いたり、ちょっとずつでも、体力つけて、リハビリを頑張ってもらいたい。


兄の爪もね、下から新しい爪が生えてきて、古い爪がはがれそうになってます。

本当に、人間が生まれ変わるのって、大変なコトなんだな。って改めて思いました。

すごいなーー。って思う。




↑以前から、よく黒人のハーフとかに間違われる兄ですけど、
なんか、さらに、そんな感じになってましたっ 薬のせいで肌が黒くなってるみたい。


あと、もう少しだからね。

あせらずに、

ずっと祈ってるから。

私の血が入ってるんだから、絶対、元気になるはずなんだから。

だから、頑張ってね!!!!
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Harmony

2013-05-03 01:27:28 | Lino的つぶやき
今日は、久しぶりに、泣きました。

何と言うか、

自分に悔しかったんだと思います。

プロの作り手として、

まだまだまだまだ、

勉強が足りない。と痛感する今日この頃です。


一流のお仕事に触れさせて頂くなかで、

厳しいお言葉も頂く事も

最高に素晴らしい作品を作る為に、有り難いお言葉だな。と思います。


私はいつもまわりの方に助けて頂きながら、

仕事をさせて頂いているなーーと思うと、

本当に、感謝しか、言葉に出てこない。

私の1人の力では、絶対、成功はありえないし、

一つ一つの仕事がとても、

「気づき」や「学び」が沢山あって、

まわりから、そしていろんな事から、指摘されながら^^;)

そのつど、勉強させて頂いております。


ジャズのハービーハンコック氏は、心通う合奏の喜びについてこう語ってるそうです。

例えば、1人が間違った音を出してしまっても、次の瞬間、仲間がその音を取り入れ生かしてくれる。
そしてより素晴らしい演奏へと高まる。

ハービーハンコック氏のように、名演奏家は不協和音さえも巧みに活用して名曲を創造する。
のは、素晴らしいな。と思います。

わたしの場合、ミスは、絶対に許されないけれど、
素晴らしい仕事の仲間を大切にして
わたし自身ももっともっと勉強して
より、素晴らしいハーモニーを響かせるように、
精進していきたいと思います。

有り難う御座いました。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする