‘olu‘olu

楽しもう☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011-08-31 23:56:04 | Color
こんばんわ。

昨日で、カラーの学校が、ひとくぎり。つきました。

一応、国際カラーデザイン協会からの、「カラーアナリスト認定証」 とやらを

頂きましたが。。。。

正直、 今の気持ちは、ちっとも嬉しくナイ


昨日はですね、メンズのモデルさんに来て頂き、今までのクラスの中での授業ではなく、


実習をさせて頂いたんですが。

このモデルさんが、とてもツワモノでして

どっちが、先生なんだか。分からないぐらいに、

すごく、いいアドバイスを頂いて、くれちゃったり、

とにかく、ものすごく、勉強になりました。

とても、感謝です。

本当にありがとうございます。


でも、


なんでだろう。

なんか、悔しい気持ちでいっぱい。なんだよね。

なんで、悔しい気持ちになるのか。

どこから、何にたいして、悔しいのか、よくわかんないけど。

とにかく、悔しいのです。

たぶん、実習がうまく、出来なかったから。だよね。

うまく、お客様(モデルさん)にたいして、

ちゃんと、分かるように、説明が、出来なかったから、だよね。



私たちの先生は、色のプロフェッショナルで、

色を熟知していて、一つ一つの色を愛してるから、

どんなモデルさんが来ても、どの色を持ってきても、

それをいかようにも、美味しく料理ができて、

お客様をお腹いっぱいに満足させることが、できます。

これって、すごぃ大切な事で、

ああ、そうか。 そうだよね。



忘れてました。

私も、売れっ子!?CADインストラクター時代に、自分で心がけてたコト。

まず、CAD自体を、愛して、誰よりも、このCADが大好きなのぉーーー。という前提で、

お客様に、デモをする時は、

とにかく、楽しもう。わたしがワクワクしながら、説明すると、

お客様にもCADって楽しいな、ってコトが伝わるハズ。 ただ、決まった文句を話すのではなく、

自分の心からの言葉を話す。

そして、どの機能やツールも、愛して、 

どんな変化球がきても、 

これはねー、こんな時にこうやって使うと超便利なんですよ。うふ 

てな。感じで。やってたなーーーー。


そうでしたね。。。。

お客様に、プレゼン、デモ、する時の基本中の基本を、

わたしは、忘れてました。

というか、まだ、そこまでの余裕すらないんです。

色の名前すら、まだ覚えきれてないしっ

というか、まだ、色を見極める力というか、

判断する力が、まだ欠けている、というか。


なんか、、、、、


今、目の前に、たっている 山はでかいな。  


と思っちゃいました。

立ち向かえるかしら??? 


この山は、わたし、登れるかしら???



でも、

きっと、この「悔しい気持ち」っていうのは、

わたしの場合、いいコトなんだと思う。

わたしの場合、なんでも、悔しい気持ちにならないと、成長できないから(笑)

ま。

そんなわけで、

この気持ちを大切にして、

これをバネに、 

山に向かって、登ってみようかな??







コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パーソナルカラー

2011-07-27 00:27:11 | Color
こんばんわー。

わたしは、毎週火曜日の夜は、

パーソナルカラーの勉強の為に、横浜までスクールに行ってます。

カラーの勉強なんで、

全く、体力は使わないんですが、

非常に、アタマというか、、目が疲れます


それで今、毎週毎週、授業にモデルさんが必要で、

わたしのいろんなお友達に声をかけて、

モデルさんをやって頂いてます。(みんなありがとう!!!)

それで次の日の、水曜日の夜はフラDAYなので、

ほんと、、レッスン終わった後とか、

わたしもう、フラフラなんですけど。 (あ、すいません、おやじギャグのつもりはありません



そんなわけで。

パーソナルカラーとやらを、毎週、フラフラになりながら、 勉強してるわけなんですが。

けっこう大変です。


でも、オモシロイ。


まず。

パーソナルカラーとは???

人によって、肌の色や目の色が違いますので、
その人に似合う色をみつけ、魅力を最大限に引き出すコトなんです。

具体的に言うと、

パーソナルカラーの効果はお肌の色やキメをよく見せたり,
歳を取ると気になるお肌のトラブルを目立たなくしてくれます。
また目の輝きもますので年齢より若く見せたり、お顔が引き締まるので小顔効果もあります。

そんな、嬉しいコトばかりのパーソナルカラーですが、
それは1色ではありません。

大きく分けてまず、イエローベース OR ブルーベースに分けられて、
そして季節の色(4 SEASONS) のグループに分けられます。

そのグループの中にも
赤もあれば青あるし、うすい色もあるし、濃い色もあります。

さらに、その中から、
1番とくに、似合う色。

例えば、もし、その色を着てたら、
みんなが、ステキね~!!! って大絶賛するぐらいの似合う色があって、
それをベストカラーと呼んでます。

このベストカラーっていうのは、1番自分の魅力を最大限に出してくれる色ですから、
ウエディングドレスとか、ここぞっ!!って時の、勝負服の色を決めるときにいいです

そして、さらに、
セカンドカラーってのがあって。
基本的にはベストカラーではないから、広い範囲で使ってはタブーだけど、
小物使いとか、アクセントとか、パーソナルカラーと合わせて、
コーディネートの幅を広くするために、使ってイイヨ。っていう色も診断していきます。

もうね、

なにやら、微妙~な色を、

あーだ、こーだ、

いや違う、とか

こっちのほうが、こーよ。

とか、

とにかく、いろーーーーんな色を合わせて、

診断していくので。。。。

目が、、、、、

ショボショになりますっ。。。

でも、その診断結果を終えると、

ほんとーーーーに、千差万別なので、オモシロイ

ちなみに、今日のモデルさんは、

2人ともパーソナルカラーは、Autumn で、秋の実りのリッチカラーがお似合いの二人だったんですけど、
セカンドカラーは、1人の人はSummerで、もう1人はWinterだったから、
同じ、Autumnのグループでも、ベストカラーは違うトーンの色だったんだよね~

不思議~ 

でも、まだまだ、わたしは、いつも先生にダメだしされてて

もう、頭の中グチャグチャでわかんないよーーー

って感じですが。

ちょっとずつですが、

びみょーーーーな、色の違いが分かってきた気がします。 はい。

まーー、頑張りまーっす







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

取材!!!

2011-05-16 00:18:14 | Color
今年に入ってから、カラーの勉強の為に毎週、「ヒューマンアカデミー」というスクールに行ってます

最初は、「カラーデザイン 技巧編」というクラスを受講し、

次のステップとして、「パーソナルカラーアナリストコース」に通ってます。

最初のクラスでは色の基本知識を学びたく受けて、

アナリストコースは、まさしく、今の仕事に生かしたいな、と思って受けてます。

そしたら、先日、受講生の声を聞きたい。ということで、

ヒューマンアカデミーのパンフレット用の取材を受けることになりました!!!

最初、写真も撮るし、名前もバッチリはいります。ってことで、ちょっと躊躇したんですが

ま。いっかーーー って感じで受けることにしました。

なんか、こんな感じで取材。というものを受けるのは、初めてで、

こっ恥ずかしかったです。

送信者 取材


パーソナルカラーって、ご存知ですか??
今勉強中なので、うまく説明できないんですが
人によって、肌の色、髪の色、瞳の色が違いますよね。
合わせる服の色によって、肌がくすんで見えたり、またすごく肌がキレイに見えたり、瞳もすごく輝いて見えたり、
色によって、全然、見え方が変わるんです
まさしく、カラーマジックです
またパーソナルカラーは、自分の好きな色と一致するわけではありません。
あと、よく聞かれるのは、パーソナルカラーは決して1色ではないです。
1色しかないと、とても狭まれてしまいますよね。
そうではなく、季節の名前がついてグループ分けされています。
それぞれのグループの中に、赤や青や緑、といったいろんな色が存在します。
例えば、同じ赤でもトーンが違うと、
落ち着いた赤もあるし、鮮やかな赤もあるし。そんな具合です。

わたしは、このパーソナルカラーを学んで、うちはオーダーのお客様が多いので、
その1人1人のお客様の肌の色や髪の色に合わせて、とてもそのかたが輝いて見える色たちを導き、それに合ったドレスを提案できたらなーー。
って思って、通い始めました

私自身も最近、診断してもらったんですが、
わたしは、なんと、ロイヤルブルーとか、濃いパープルとか、ちょっと派手な色のほうが、
わたしには、合うそうだ
黒などモノトーンも似合うみたいだけど、
それは、納得だけれども、ロイヤルブルーですか!???
そんな色は一度も着た事がない。
でも、たしかに、診断してもらったとき、ドレープといういろんな色の布を合わせていったとき、
ブルーがちょっと、顔が華やかになったのと、
先生から、髪の黒髪も瞳も、すごくきれいに映りますよ。との事。

そして、取材の話に戻りますが
取材では、モノトーンの服は、あまり着用ぜず、できれば明るいお色のものをお召しなってください。
との事だったので、
わたしは普段、モノトーンの服ばっかで、というか、それしかなく
急遽、この取材のために、
明るいブルー色の服を作りましたよーーーー

出来上がったとき、「うわっ派手だなーーー。」って思ったんですが、
こんな色の服、初めて着たんですが
さすが、わたしのパーソナルカラーなのか?
まわりの評判がとっても良かった

瞳もなにか入れてますかー?どうして、そんなにキラキラ輝いているんですか??

って言われたぐらい

びっくりです。カラーマジックなんでしょうか??

そんな訳で、

もしかしたら、来月から、ヒューマンアカデミーのパンフレットに載るかもしれません。(笑)
送信者 取材
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする