王様の絵日記

猫好き漫画家の毎日のあれこれ

ふあああ

2011-11-26 02:37:44 | お仕事

クリックしたら大きくなります

学園祭!屋台!お好み焼き!
…ってな感じで。生徒会はお好み焼き担当だったんでしょーか。
終了後、自分たちで食べてますの図。


岡山県人なんで、我が家で作るお好み焼きは広島風。
クレープ状の薄い生地の上にキャベツをてんこ盛りにして、豚肉を乗っけて、えいやっ!とひっくり返します。

鉄板にぎゅーぎゅー押しつけて、できるだけペッタンコに潰して、チーズと天かすを乗っけた焼きソバの上に移動させて、またぎゅーぎゅー。

割って潰した卵の上に移動させて、ひっくり返したら完成。
オタフクソースと青海苔、鰹節をのっけて頂きます。

ひっくり返すのはゲゲ亭担当。
成功率は8割ぐらいだけど、少々愉快な形状になっても味は同じなので無問題でっす。


「天下一!!」大まかなプロット構成の流れ、何度目かの修正版完成。
本読みと脳内構築で、廃人のような一週間でありました。
どのぐらい廃人かというと、広島震源の大きな地震にまっっったく!気づかなかったぐらい。
岡山でも震度3って、結構揺れた筈なんですが。

その時間何をしてたって…本読んでました。
床に積み上げた本の山が一度崩れた記憶はあるんですが、もしかしてその時だったのかな。
何で揺れに気づかなかったのかは、今もって不明なんですが。

脳味噌9割バックグラウンドに回ってる時は、本当に異世界トリップしてる感じですな…。うぬ。


あとは担当さんのお返事を待って、大きな修正箇所があれば直してから、今回の細かなプロットネームに入ります。
オイラもいっぱいいっぱい頑張るんで、一緒に頑張ろうな、虎。


前回のイラストに、素敵なコメントを下さった皆様、ありがとうございました。

「無意識のうちに、触れる事で存在を実感したいのかな、虎ちゃん。
幸せが逃げてしまわないように、どんなときもぴったり寄り添っていたらいいと思います。」
「乱丸も、しっかりと男になって…。
今回のイラスト、きっとはじめの頃なら叱りつけたりしてた場面なんだろうなぁとか思ったら、上記の感想が真っ先に浮かびました。
頑固な少年は、護りたい人を得て、本当の意味で優しく強い男になっていくんですね。」
「乱丸の胸の中が虎ちゃんの帰る場所なのかなぁ…なんて思ったり。逆もまた然りですがv」
「ぎゅーっと虎乱丸も、うらやま~~~!(笑)
お互いに体温感じてるところとか、虎ちゃんが全部乱丸に預けてるところとか、いいですねえ。
うらや(略
乱丸、このしあわせものめえ!!笑 」


そうねそうねーえと、思いながら読ませて頂きました。
「きゅんとした」「妄想が膨らんだ」「インパクトすごかった」(←な、何がすか…?)等々、様々なご感想ありがとうございました。
しっかり楽しんで頂けると、わたくしも楽しんで描いた甲斐がございます。

この2人のさりげな恋人っぷりは、今後も本編でもお届けできる予定です。
乱虎派雑誌読者の皆様は、毎号お見逃しなく。

ネタバレに耐えつつじっと我慢の子であったコミックス派の皆様、あとしばらくお待ちください。
年末年始にはコミックス準備しまして、2月には必ずお手元にお届けします。

そしてそろそろ、年賀状製作の季節。
来年は辰年。
昇り龍かしら。
とすれば、上様も参加かしらしら。

「若いイケメンも良いですが、私はおじ様の色気たっぷりなくどかれスチル的なものが欲しいです・・・えへへ。先生の描かれる大人な男性大好きなので。無二、上様、とかたまりませんです。」

承知しました!
しばらくお待ちくだされば。
そういえば、無二ってカラーで描いた事無いなあ…。

年末が近くなって来ると、色々気が急いて焦りますね。
来年始める予定のお仕事の下準備にも、そろそろ入らねばねば。


琵琶湖近辺の読者様に、ブログコメントで教えて頂いた琵琶湖固有種の小魚「もろこ」。
やはり教えて頂いた料亭を経営する「魚治」から、もろこの旨煮、南蛮漬けと、鮒鮓をお取り寄せしてみました。


こちら「もろこ」の旨煮。
さっと揚げた後、生姜と醤油・砂糖の甘辛で煮てあります。
ちょっと癖のあるワカサギ、といった感じでしょうか。
日本酒ととってもよく合います。
南蛮漬けはまだこれから頂きますが、とっても楽しみ。


そしてこちら、鮒鮓!
もう、これが美味しいのなんのって!!

鮒鮓は今まで大津・彦根で何度か食べ、お土産に買って持ち帰り、更に高島のお店から2度ほど取り寄せて頂いたんですが。

この「魚治」さんの鮒鮓は本当に絶品!!
鮒も美味しいんですが、漬け込んだ飯(いい)の部分がもうめっちゃ絶品!!

鮒と飯をご飯に乗せて、たっぷりのきざみ海苔と熱々のお湯をかけて頂く「鮒鮓茶漬け」は、できれば毎日でも食べたい至福のお味なんであります。

はふー、ウマイ…。
しかし鮒鮓はとっても高価なので、そんなに頻繁に食べられないのが寂しいところ。

そしてさすが超優秀な発酵食品、食べた翌日の胃腸の調子の良さったら。
彦根の料理屋の女将が、「子供の頃から風邪を引いたら鮒鮓を食べろとおばあちゃんに言われていた」と仰ってましたが、とっても分かる滋養滋味であります。

戦国の人もこんな風に、玄米に鮒鮓をのっけて湯漬けにして食べたそうです。
上様や乱丸も食べたんだろーなあ。

もう1度お茶漬けにして食べたら終了しそうですが、またそのうちリピ買い予定。
ほんと癖になる旨さですわー。
教えてくださった方、ありがとうございます。


さてさて、続けてお仕事頑張ります。
アシさん仕事に入る前に、もう1度更新できるかな?

またまたコメントをポテッと、励ましてやって下さればうんとこ馬力に繋がります。
どうぞどうぞ、よろしくです。

いつも拍手、拍手コメント、ありがとうございます。
大変楽しく、励みに読ませて頂いてます。これからもどうぞよろしくです。



ポチッと応援してやって下さい!


こちらもよろしく

花族ワルツ (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
クリエーター情報なし
幻冬舎

天下一!! (3) (ウィングス・コミックス)
碧也 ぴんく
新書館
天下一!! (2) (WINGS COMICS)
碧也 ぴんく
新書館
天下一!! (1) (WINGS COMICS)
碧也 ぴんく
新書館
コメント (3)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« せっせと本読み中 | トップ | 「天下一!!」25話お仕事はい... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お好み焼き (海タワシ)
2011-11-28 13:16:13
久しぶりの書き込みしてます。
めっきり寒くなりましたがお体大丈夫でしょうか?
私は、普通の主婦のくせに「声帯炎」を患ってしまい、2週間ほど声の調子がおかしくなってました。

お好み焼き。私は大阪出身なんで大阪のお好み焼きを作るんですが、どうやっても広島風お好み焼きがうまく出来ないんですよ
コツってあるんですか?

そして、丁度この日記を読んでる時、先生の年賀状作成してました^^
最初に頂いた年賀状が八犬伝の親兵衛が虎と一緒に書かれていたものだったですよ
今も大切に保管してます!!

「もろこ」の旨煮。美味しそう!!
Unknown (みやび)
2011-11-29 00:32:19
鮒ずし、お気に召していただけたようで良かったですー☆
魚治さんのは本当に美味しいですよね。
実は知り合いのお店なんです、魚治さん、笑。
鮒ずしに使用されているお米も近所でとれた近江米だそうです♡

氷魚はシラスみたいなんですけど、シラスよりずっと味が深くて美味しいです。
1月から1ヶ月ほどしかとれないのじゃなかったかな?
滋賀県外だとまず食べれないものです。
ちなみに、氷魚は鮎の稚魚です。
チャンスがあれば、ぜひ!


Unknown (碧也)
2011-11-30 04:11:02
>>海タワシさま
お体大丈夫ですか?

お好み焼きのコツ、すみません今ちょっと書く時間ないんですが、広島のお好み焼き屋さんで、焼き方をじーっと見て帰って、その通りに作ってます。
ホットプレートですが結構できますよ。

>>みやびさま

ホントに美味しかったです!
もう終わってしまってちょっと残念。
近江米ですか。
材料にも拘ってるんですねー。
あの飯が大好きなんです。

ひうお、機会がありましたら、是非。

コメントを投稿

お仕事」カテゴリの最新記事