ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

ボールもカップも両方見ながらパッティング

2012-04-13 09:09:10 | パッティング

今朝も練習へ。

ラウンド後フルショットははじめてだが、あの日のようには打てなかった。

しかし、60点ぐらいの出来でなので、許容範囲。

ショットはそれほど重要ではない? のだ(笑)

昨日は帰りがけに37度のチッパーを中古ショップで買おうか悩んだが
何度か打っているうちに

「プレッシャーから逃げて簡単な道具を使うようでは先がないのでは・・・」

という思いが頭をよぎり、とりあえずは買わずに帰宅。

今朝のパッティング練習で新しいパッティングを思いついた。

昨日の理論では目標地点を頭の中でイメージして、そこに向かって右手で転がすように
パッティングするものだったのだが、緊張感の中でそれが正確にイメージできるわけがないと思えたのだ。

実際に練習でもイメージがなかなかでないこともあったのだから・・・・

そこで思いついたのは、実際にボールも目標地点も一緒に見ながら打つパット。

例えば1mのパットだとボールもカップも同じ視野で見ることが可能だと思う。

カップを見ながらボールもなんとなく見ながら打つのだ。

これなら距離感は合う気がする。

これを約9m離れてやってみてもなんとなくは両方見ながら打てそうなのだ。

そのためにはかなりボールを左に置いて後方から見るようにしなければならないので
打つこと自体は打ちにくい形になるが、背に腹は代えられないのだ。

自分は両目が離れている方なので普通の人よりも視野は広いと思う。

なのでこの方法が有利ではあるだろう。

いつまで持つかわからないが、ちょっとやってみよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 目標を見ながらパッティング... | トップ |  カップを見ながらパット 動画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パッティング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事