地球散歩

地球は広いようで狭い。言葉は違うようで似ている。人生は長いようで短い。一度しかない人生面白おかしく歩いてしまおう。

消毒液

2020-07-13 15:01:14 | アラビア語(エジプト)

كحول (クフール)

顔にはマスク、手には消毒液のミニボトルを持って歩くのが定番になったエジプト。
買い物したお釣などにもシューッとふきかけたりしてる。
クフールはアルコールの意味。
イスラームの国でアルコール?と思われる方もいるだろうが、問題とされているのはビールなどのアルコール飲料。医療などで使うことは問題ない。
スーパーなどの大型店では入り口の警備員や店員に検温、マスクをちゃんと鼻まで覆ってつけることや手を消毒してから入店するように誘導される。
飲食店では入店時、メニューを見たあと、食事が運ばれてきた時と、何度も消毒液を店員が吹きかけてくる店もある。
大型の店や駅、バスなどの車両の消毒も定期的にしている。ジャブジャブかけるように消毒しているのを見ると「かければいいというものでもないのに」と思う。
大型スーパーなどでは、電話ボックスサイズの通過式ゲートがあり、通過すると上から消毒液が自動噴射されるタイプもある。
問題はエジプト人はあまり構わないことである。やたらめったら消毒させたがり、レストランでは入店したところ、席に座って、注文して、注文品が運ばれてきたところ、会計前、会計後と、店員と接触するたびに「シュッ
」と吹きかけてくる。
また客の持ち物を気にかけてくれることもなく、革製のバックだろうが、色落ちしやすいシルクだろうが構わず「シュッ」と吹きかけてくる。
まだまだ観光客が戻ってくるような状況にないが、神経質な日本人観光客が戻ってきても、この消毒体制では、ガイドは神経使うだろう。
マスク同様早く懐かしくなってもらいたいものである。[a]


コメント   この記事についてブログを書く
« マスク | トップ | エネルギー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アラビア語(エジプト)」カテゴリの最新記事