Pimoco の散歩道 ★ CocoとCoo そしてMilk

Pimocoのつぶやき 愛犬Milkと私の日常生活。

マリーナベイ・サンズの建築会社が・・・

2014年07月23日 23時33分39秒 | 日記
SoftBankのCMのSMAPでお馴染みの
屋上プールが夢のような シンガポールの有名なホテル
マリーナベイ・サンズホテル



一度は行ってみたい場所ですよね。

今日、ネットサーフィンしていたら、そこを建設した
韓国の建築会社が倒産したみたいなんです。
サムソンに匹敵するくらいの大会社なんですよ。

マリーナベイ・サンズ建設当時の中央日報の記事では、



世界があきらめた難工事、韓国が成し遂げた

2009年07月09日08時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=117694



双竜建設、52度傾いたシンガポールのホテルの骨組み工事完成

世界の有名建設会社が困難だとしてあきらめた工事を双竜(サンヨン)建設が成し遂げた。予定よりも工事期間を短縮し発注元からインセンティブまで得られることになった。

8日午前にシンガポールの新興中心街のマリーナベイにある高級総合リゾート「ザ・マリーナ・ベイ・サンズ」の工事現場では、マリーナベイ・サンズホテルの骨組み工事(55階)完工式が開かれた。双竜建設が建てているこのホテルは「入」の字の形の3つのタワーが特徴だ。

タワー内東側の建物が最高52度の傾斜で西側の建物と地上23階でつながる。このホテルはイタリアのピサの斜塔(傾斜角5.5度)より10倍近く傾いている。

こうした傾斜型の建物が建てられるのは前例がないため、工事入札段階で日本の清水建設をはじめ世界的な建設会社は受注をあきらめた。

双竜建設の金錫俊(キム・ソクジュン)会長は、「既存の工法を利用するのではなく、双竜建設の独創的なアイデアで難しい工事を終わらせたため意味もより大きい。高品質の建築物を早期に建て発注元から数百億ウォンのインセンティブまでもらえることになった」と話す。

双竜建設の工事額は6億7000万ドルだ。

工事完了後 双竜建設 金錫俊(キム・ソクジュン)会長は
「双竜建設の歴史はこのホテルの竣工前と後に分けられるほど意味が大きい工事」とし
「難易度が高いこの工事の経験が今後の海外受注で‘保証書’の役割をするだろう」と述べた。

と云う事なのだけれど、保証書を手に入れたはずなのに
なぜ 倒産してしまったのか疑問です。

日本の清水建設さえも諦めた工事だったんです
そんな大事業を成し遂げた韓国の誇るゼネコンなのにです。



でもね。ふと思いました。
大分前に韓国のデパートが崩壊した事故があったことを
思い出したんです ちょっと信じられない話でした。
そんな事もあって韓国の建築てどうなんでしょうね


ただの噂ですから 信じちゃいけないんだろうけど

マレーシアのクアラルンプールの名所 ペトロナスツインタワー
あのビルも、片方は日本、片方が韓国が作ったんだって。


ウィキペディアによると

建築に関しては日本の建設会社ハザマがタワー1を、
韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を、それぞれ建設した。
なお、41階と42階の二箇所に設けられた2本のタワーを結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)は
、フランスの建築会社による施工である。

海側から吹いてくる強風による振動を防ぐために、
既存の柔構造を採用しなかった点が構造的特徴となっている。
軽量のコンクリートを積み上げる方式をとっており、
この種の構造物としては重厚な造りになっている。




片方は韓国のサムスン産業建築部門が建てたそうで、
韓国が建てた方は、すぐに傾き始めたと言う噂です
でも信憑性はありません。










にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
クリックよろしくね。d(^^*)



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« チワワのコタロー君に会いに... | トップ | 今日の気になる事 »
最新の画像もっと見る