Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

踏切での一時停止にサイドブレーキは必要か

2019-02-20 17:59:13 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

踏切では安全確認のため一時停止します。
その際にはサイドブレーキを掛けるべきでしょうか。
それとも、それは不要でしょうか。

まず、MT(マニュアル)車の場合。

踏切は、線路の冠水を防ぐため、
周囲より高くなって、つまり坂になっていることが多いので、
サイドブレーキを掛けて、
いわゆる「坂道発進」をしてください。
緩い勾配に見えても、甘く見ず、
サイドブレーキを引く一手間を惜しむべきではありません。

では、AT(オートマ)車の場合はどうでしょうか。

本当に勾配の緩い坂なら、
サイドブレーキは使わなくても問題なく発進できます。
ちなみに、パイロットアカデミーでは、
「AT車の仮免技能試験(府中試験場)」受験対策としては、
踏切でのサイドブレーキは教えていませんが、
皆さんそれで合格してきているので、大丈夫です。

しかし、他の教習所さまには、
MT車でもAT車でも、あるいは坂の勾配にも関係なく、
踏切で一時停止した際には必ずサイドブレーキを掛けるように
教える指導員さんもいらっしゃるようです。

「停止したことを試験官にアピールする」のが目的だとしたら、
それは全く意味が無い、と断言します。
試験官が、車が動いているか否か判らないはずはありませんから。
そうではなくて、
「速度ゼロになったことをドライバー自身が認識するため」
なのだとしたら、それには一理あります。
地図を開く時やカーナビ・オーディオ等を操作する時に
サイドブレーキを掛けるのと同じですね。

結論として、AT車で勾配の緩い踏切でのサイドブレーキは、
「ドライバーのお好み次第」ということになります。
いささか歯切れが悪いですが、車の運転に正解は一つではないので、
「どちらでも良い」ということもあります。

ただ、そうは言っても、勾配の急な踏切では、
サイドブレーキを使っての「坂道発進」が必要になりますので、
AT車であっても、決して油断しないでくださいね。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


交差点では必ず停止しなければならないわけではない

2019-02-18 12:59:46 | Weblog


←※投票よろしくお願いします!

広い道に突き当たる丁字路で、
必ず停止して左右の安全を確認する人がいます。
もちろん、そこに「一時停止」の標識が有ったなら、
それで正解です。
しかし、「一時停止」の標識の無い交差点で、
それをやるのは、ちょっと考えものです。

もちろん、「停まってはいけない」という決まりは無いですし、
その行為自体は、慎重な運転の表れでもありますから、
1回停まっただけのことをもって減点はされないでしょう。

しかし、慎重すぎる運転は円滑な交通の妨げになりますし、
それが繰り返されるのでは、
そもそも「一時停止の意味が分かっていない」と
試験官に判断されても文句は言えません。

路上試験になると微妙なケースも多いですが、
場内試験(仮免技能試験や限定解除審査等)では、
一時停止でない交差点では「停まらない」のが基本です。
見通しが悪かったり、あるいは車や歩行者が来ていたりしたら、
停まる場合があるのは言うまでもありませんが、
そうでなければ(すなわち、安全に通過できるなら)
停まらずに通過しましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




切り返しはやっちゃダメ?

2019-02-16 13:59:04 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

「屈折コース(クランク型)」や「屈曲コース(S字型)」など、
狭路課題では、
曲がりきれなければ、切り返ししてよいのですよ。
1つの狭路内で切り返し1回までは、
減点せずに、見逃してくれます。

では、その1回を既に使ってしまっている場合、
同じ狭路内で2度目の切り返しをしてはいけないか、と言うと、
それでも通れそうになかったら、
やっぱり、切り返して良いのですよ。

確かに、2回目以降の切り返しは減点の対象です。
と言って、ポールにぶつかってしまったら、
それで試験は終わりですよ。
「減点」と「試験中止」のどちらが良いか、問うまでもありませんね。

考えてみれば、そりゃそうです。
免許を取った後、狭い路地を走っている時に、
何度か切り返してやっとこ通過するのと、
“よそんちの塀”に車をぶつけて壊してしまうのと、
どちらを選びますか、という話ですから。

教習では、できるだけ1回で通れるように練習していますが、
試験本番では、絶対に無理をせず、
必要なら、切り返しを使ってください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


左折後すぐに右折する場合でも大回りしない

2019-02-14 15:59:17 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

左折した後すぐに右折することが分かっているなら
(試験では、試験官がその旨を指示していたら)、
左へ曲がったら初めから右寄りを走ります。
左折した先が片側2車線だったら、
第2車線へ向かって左折することになります。

ところが、ここに落とし穴があって、
右寄りまたは第2車線へ向かうのであっても、
「左折」なのですから、
左後輪が縁石の近くを通るようにしなければなりません。

大回りして第2車線へ直角に曲がって行くように、
導流帯などで誘導している交差点もあります。
しかし、そういう場所でない限り、
「正しい左折」が要求されます。

左折は左折の基本通り小さく曲がって、
然る後に、
車線の中央ではなく右寄りまたは第2車線に向かって進む、
というように走ってください。

また、この話は、右折後すぐに右折するケースでも同様です。
「右折」は直近マーク(または交差点の中央)に沿って曲がるのでした。
次に右寄りまたは第2車線を走るのだとしても、
やはり「正しい右折」をしてください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


「3秒前」って距離にするとどのくらい?

2019-02-12 16:29:06 | Weblog


←※投票よろしくお願いします!

進路変更しようとする際は、
3秒前に、合図を出してください。

さて、では「3秒前」って、
距離で言うと、どのくらい手前になるのでしょうか。
ちょっと計算してみましょう。

時速60kmで走行している場合、
「1時間(60分)で60km」走るのですから、
「1分間(60秒)で1km(1000m)」、
つまり、「6秒で100m」走る計算になります。
ということで、
3秒間で走る距離は「50m」と求められました。

時速30kmで走行している場合は、
これの半分なので、すなわち「25m」ですね。

車は時速30~60kmくらいのスピードで走っていますから、
∴「3秒前 = 25m手前 ~ 50m手前」というのが正解です。

なお、右左折する際には、
30m手前までに、曲がる方の端に寄せて走ります。
ということは、右左折の合図は、
都合、「右左折する所の55m~80m手前」に出すことになります。

電柱が(例外もありますが)概ね20m間隔で立っていることを踏まえれば、
「電柱3本~4本」というのが、合図を出し始める目安と言えます。

いろいろ理屈を並べてみましたが、
結局、電柱の数を数えるのが、
「3秒」とか「○m」とかより覚えやすいかも知れません。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



ニュースや天気を流すからCMを見てくれる

2019-02-10 15:59:05 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

先日乗ったJR某線は、
車両内の広告がすべて1社で独占されていました。
窓上や中吊りが全部同じ商品の広告なのは当然として、
ドア上の動画広告も、
その会社の宣伝をずっと流していました。

車両全体が一面同じ広告で埋め尽くされているのは、
それはそれで乗客の目に焼き付けることができるため、
効果の上がるプロモーション手法なんでしょうね。
しかし、それは窓上や中吊りの(動かない)広告の話であって、
ドア上の動画広告は、さほど効果は無いように感じました。

というのも、小生自身がそうだったのですが、
同じ映像が繰り返し流されるのに気づいた時から、
もうディスプレーには目を向けなくなってしまうからです。
ニュースや天気予報など、乗客の得たい情報が流れるから
画面に目を投じるのであって、
そのコンテンツの合い間にCMが入るからこそ
宣伝の意味があるのではないでしょうか。

このブログも同じで、
パイロットアカデミーの宣伝をずっと書いていたら、
きっと、誰も読まなくなってしまうでしょう。
運転テクニックやアドバイスや免許取得に関する情報などを提供しているから、
何万人もの(ウソです)読者にご愛読いただいているのだと思っています。

というわけで、
これからも皆さまのお役に立つ記事を書いていくつもりですので、
そして、たまにはパイロットアカデミーの宣伝も織り交ぜたいと思いますので、
よろしくお付き合いくださるようお願いいたします。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




合格おめでとうございます!

2019-02-08 12:59:03 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

18128M様

限定解除審査合格のご連絡ありがとうございました。

しばらく運転する機会が無かったそうで、
ペーパードライバー教習を受けることも考えておられましたが、
「どうせ練習するならレベルアップを。」と一念発起され、
MT(マニュアル)車も乗れるように、
AT限定の解除にチャレンジされました。

受験後に試験官から
「上手でした」とお褒めの言葉をいただいたとのこと、
指導したこちらも嬉しく思います。

折角のMT免許ですから、
今後は、カーライフを楽しんでください。
くれぐれも安全運転で。

おめでとうございました!


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)







正面衝突の直前、コンマ何秒かでもブレーキを

2019-02-06 20:29:03 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

自動車事故の中でも「正面衝突」は、
特に悲惨な結果を招くことが多いです。

例えば、
仮に時速30km(自動車のスピードとしては遅いほう)でぶつかった場合、
正面衝突では、
お互いの速度を合計した時速60kmの衝撃を受けることになります。
時速60kmでの衝撃というのは、
地上14m(ビルの5階ぐらい)から垂直落下したようなものだそうです。
それでは乗員の生命が危ぶまれるのも容易に想像できます。

しかし!
正面衝突なら、事故の直前にお互いの姿が見えていたはずです。
見通しの悪いカーブ等では
相手が見えた時には既に回避不可能な場合もありえますが、
それでも、ぶつかる直前の一瞬、コンマ何秒かであっても、
ブレーキを踏むのと踏まないのとでは随分違います。

先ほどの衝撃の話、
「速度が2倍になると衝突時の衝撃は4倍になる」と言われますが、
ということは、逆に言えば、
「速度が半分になると衝撃は4分の1になる」ということでもあります。
これで生死が分かれるかも知れません。

ですから、
自分の進路上に何かが見えたら「ためらわずにブレーキ!」
これを鉄則と覚えておきましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




靴にも“遊び”がある

2019-02-04 11:19:04 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

急ブレーキを踏んでも、
車はすぐには停まりません。
車が停止するまでには、
「空走距離」と「制動距離」というのがあります。

「空走距離」は、
ブレーキが効き始めるより前の時間、
「制動距離」は、
ブレーキが作用してから停止するまでの時間を言います。

そして、「空走距離には“ペダルの遊び”も含まれる」、
と教本には書いてあります。

確かにその通りで間違いではないのですが、
加えて、“靴の遊び”というのも考えてください。
ぶかぶかの靴は論外として、足に合った靴を履いていたとしても、
おそらく、ペダルの遊びより大きいように思います。

もっとも、“ペダルの遊び”にしても“靴の遊び”にしても、
ブレーキペダルを踏んだ時の空走距離だけでなく、
アクセルペダルの踏み込み加減にも大きく影響します。
むしろ、アクセルの方がデリケートな操作を求められるので、
より神経を遣うべきとすら言えるかも知れません。

慣れてくれば、靴の遊びを上手に使って
足指の微妙な動きでアクセルを調整できるようにもなってきますよ。
そうなれば、もうアクセルで苦労することはないでしょうし、
ブレーキ時の空走距離も、実感できるようになるはずです。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)




すわ、交通事故! 慌てずに対処を

2019-02-02 16:59:05 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

もちろん事故を起こさないように安全運転に努めるべきですが、
それでも、人間ですからミスだってしますし、
こちらにミスが無くても“もらい事故”というのも有ります。

さて、事故が起きてしまったら、
慌てずに、次の対処を行ってください。

まず第一に、負傷者の安全を確保してください。
状況によっては、「119番」で救急車の出動を要請してください。

それと、
相手の有る事故では、相手の氏名・連絡先を確認してください。
名刺をもらう(または、免許証を見せてもらう)のが望ましいですが、
手帳にメモする程度でも良いでしょう。

また、必ず警察に連絡して実況を見てもらってください。
物的損害だけの場合でも、絶対にその場で示談してはいけません。
その場で示談してしまった場合は、
相手が後日「首が痛い」などと言ってきた場合を含め、
民事も刑事もすべて自分で解決しなければならないリスクを孕んでいます。

それから、保険会社へ連絡します。
そもそも任意保険は入らなくても良い(“任意”ですから)のですが、
他人の命を奪ってしまうかも知れない凶器を転がしていることを認識すれば、
よほどの大金持ち以外は任意保険に加入しておくべきです。
(これも“自己責任”ということですね)

事故の時はとかく気が動転してしまいがちですが、
慌てず騒がず、落ち着いて対処しましょう。
ここに掲げた項目を書き付けて、
免許証や車検証と一緒に携帯しておくと良いですよ。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)