Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

横断歩道は停止がデフォルト

2020-08-06 16:08:30 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

横断歩道に近づいたら、
その直前で(停止線があればそれに合わせて)停止できる速度で走り、
歩行者の横断を妨げないよう一時停止しなければなりません。
ただし、
横断しようとする歩行者等が無いことが明らかであれば
その必要はありません。

ここで気を付けたいのは、
「横断しようとする歩行者等がいたら停止する」ではないことです。
つまり、「一時停止する」のがデフォルトであって、
例外的に「一時停止しない」のが許されているのです。
ちょうど、
黄色の信号が原則「止まれ」であるのと似ていますね。

「横断しようとする歩行者等」かどうか迷うドライバーもいますが、
そんなに難しい話ではないです。
横断歩道に向かって立っている人がいたなら、
それは「横断しようとする歩行者等」だと思って、一時停止してください。
もしかしたら、タクシーを拾おうとしているだけかも知れませんが、
それでも、「無いのが明らか」とは言えないのですから。

また、うっかりしやすいのが、
横断歩道直前に停車している車がある場合の対処です。
これも「歩行者等が無いことが明らか」でないばかりか、
その車が停車したのは横断者がいたからなのかも知れません。
ですから、
横断歩道直前に停車している車がある場合は
必ず一時停止して、歩行者等がいないことを確認してから通過してください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)

この記事についてブログを書く
« 右前の角がセンターラインに | トップ | 今や死語?「オーバーヒート」 »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事