Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

外国免許の切り替えをする場合としない場合

2022-08-16 14:59:19 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

日本に在留する外国人が、
本国で有効な免許を所持している場合は、
基本的には、日本の免許に書き替えることが可能です。
(これを「外免切替」と呼びます)

外免切替では、
簡単な学科試験と実地での運転技能の確認(技能審査)が行われるのが一般的です。

アメリカ合衆国の運転免許を例にしますと、
簡単な学科試験(10問;日本語版と英語版を選択可)の後、
運転技能の実地確認(場内審査のみ)に合格すれば、日本の免許になります。
ただ、米国の場合、州によっては「臨時免許」という制度が有るそうですが、
この免許は切り替えができないので、ご注意ください。

いずれにしても、出身国の免許制度によって手続きが異なりますので、
詳細は在日大使館や運転免許試験場(免許センター)に問い合わせてみてください。

そして、外免切替ができない場合(またはしない場合)は、
日本人が免許を取るのと同様、
(1)仮免許取得
(2)路上練習
(3)本免許試験合格
(4)免許取得時講習
という手順によります。

また、公安委員会指定教習所を卒業すれば、
「(3)のうちの適性試験(視力・聴力等の検査)と学科試験」以外は免除になる
というのも、日本人と同じです。

ちなみに、
仮免許取得の際に「外国人登録証明書」が必要だったのは過去の話。
10年ほど前に法律が変わって、外国人も住民登録することになりましたので、
これまた日本人と同様に、「住民票」を用意してください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 合格おめでとうございます! | トップ | 例年8月は試験場が込み合う... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事