Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

踏切で窓全開でも問題なし

2018-07-06 18:19:03 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

踏切では、
運転席側の窓を少し(概ね10~15cmほど)開けて、
目と耳で安全を確認しましょう。
この時代、ほとんどの車が
(少なくとも府中・鮫洲の試験用普通車はすべて)
パワーウインドー装備ですから、
運転席横のスイッチ1つで窓の開閉ができます。

ところで、
このスイッチを強めに押すと「全開」になる機能があります。
窓を少しだけ開けたいときは、ちょっとした力加減が必要だったりします。

でも、踏切で窓を全開にしてはいけないというきまりは無いのですよ。
そもそも、窓を開けたまま走ったって良いのですし。

なので、窓が全開になってしまったからといって、
わざわざ途中まで閉める意味はありません。
そんなことを気にしているより、
さっさと確認して、すぐに発進しましょう。

ちなみに、
その逆、「全閉」の機能は、便利に使えますね。
安全確認後に、スイッチを強めに引き上げるだけで、
もう窓の事は気にせず、前を見て発進することができます。

こんなことは、
昔の、手回しハンドルで開閉する窓では考えも付かなかったですね。
もっとも、「全開になっちゃった。どうしよう。」という心配も無かったですけど。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 合格おめでとうございます! | トップ | 「ご理解とご協力」って、心... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事