Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

左折の時に右振りをしてしまうのはなぜ?

2019-06-14 22:49:08 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

左折の際には、ハンドルを左に回します。
そう。
左に回せば良いだけです。

ところが、その動作に入る前に、
少しだけ右に切ってから左へ回し始める人がいますね。
過去に運転経験をお持ちの方に発現しやすいように思います。

この行為は、
言ってみれば「安全確認なしに頭を右に振る」のに等しく、
もし左折車(自車)を右側から追い越そうとしている車がいたら、
接触してしまいます。
もしそれが二輪車だったら(往々にしてありがちですが)、
即、命に関わる話になります。

では、なぜ、そんな危険な「右振り」をやってしまうのでしょうか。

考えられる理由としては、
第一に、「内輪差の意識しすぎ」が挙げられるでしょう。

でも、内輪差が怖いのでしたら、
遅らせ気味に(少し前に行き過ぎてから)ハンドルを回し始めれば良いのです。
もし、そうしたことで車体の前側がふくらんで曲がりきれなかったら、
切り返しをしましょう。

また、左折する先が狭い道であることが分かっているなら、
そもそも左端に寄せ切らないことです。
「左折前には左寄せ」は基本ではありますが、
その目的は、自車の左側に自転車等が入って来ないようにすることでした。
ですから、試験の採点基準である「70cm」を目標にして、
あまり、きっちり寄せないようにしましょう。

第二に、もしかしたら、
ゴルフやテニスで言う「テイクバック」のような「勢いづけ」の意味で
右振りをしてしまっていますか。

でも、車のハンドルは、そんなに力を込めなくても回りますよ。
むしろ、余計な力は入れない方が良いくらいです。
「勢いづけ」で右振りしている人の場合、
逆向きの「右折時の左振り」として発現することもあり、それまた危険です。

そして、ドライバー自身がそのクセに気付いていないことが多いのも、
(まさに)クセものです。

「左折時の右振り」(あるいは「右折時の左振り」)は、
意識的にやっているにせよ、無意識のうちにやってしまっているにせよ、
いずれにしても、危険なので、修正しなければなりません。
そのためには、
「ハンドルをまっすぐ持ったままの状態から回し始める」というのを
敢えて意識して、何回も練習してみてください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気ブログランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



この記事についてブログを書く
« 右折の直進待ちはハンドルま... | トップ | 二輪ライダーは暑くても長袖... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事