Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

ハンドルを回し始めるタイミングは縁石の形によっても異なる

2021-09-10 11:59:09 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

左折では、左後輪が縁石の近くを通るようにして曲がっていきます。
この時のハンドルは、
縁石の形によって回し始めるタイミングが異なります。

教習所内での「左折」課題では、
多くの場合、縁石にそこそこの隅切りがありますので、
「これから向かう車線の左端ラインが左前輪の位置」で
ハンドルを切り始めると、
ちょうど、その隅切り部分に左後輪を通らせることができます。

しかし、路上にはいろんな角があるのは言うまでもなく、
所内教習でも隅切りの小さい角を曲がることもあります。
そういう所では、
上に書いたタイミングでハンドルを切り始めると
内輪差で縁石に載り上げてしまいますので、
車体を気持ち前に出してからハンドルを回し始めないといけません。
クランク型(屈折型)狭路で練習した、
「これから向かう車線の左側ラインが握ったハンドルの延長線上」
という目標は、
この場合のハンドル切り始めの目安として使えるでしょう。

一方で、隅切りの大きい交差点もあります。
そういう所では、
カーブを曲がる時のように、
自分の“右前輪”の描く軌跡をイメージして、
ハンドルを切っていってください。

いずれにしても、
ハンドルを回し始める瞬間には、
ドライバーから左の縁石の形は見えていません。
左に寄って交差点に近づきながら、
縁石が見えているうちにそれを見ておき、
どのタイミングでハンドルを回し始めるべきか、早めに考えておきましょう。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ハンドルを回し始めるタイミ... | トップ | 原付の法定速度は30キロです »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事