Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

ハンドルをまっすぐにしても車体はまっすぐにならない

2021-09-14 10:59:12 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

障害物を回避する際には、
その障害物と並んだ時に車体を車線と平行になるように向ける
のが基本です。
教習では、このことを、
「車線をはみ出したら車体をまっすぐに」と説明することがあります。

そう聞くと、
障害物をよけようと進路を右に向けたところで、
まだ車体が斜め右を向いているうちに
ハンドルをまっすぐに直してしまう人がいますね。
でも、それでは、車は斜め右に向かってしまいますよ。

はみ出し始めた車を車線と平行に向けるには
(理屈の上では)ハンドルを左に傾けなければなりません。
そして、車体がまっすぐに(車線と平行に)向いたら、
その時こそ、ハンドルをまっすぐにしてください。

整理しますと、
1.障害物をよけるためにハンドルを右に傾け進路変更、
2.車体をまっすぐにするためハンドルを左に傾ける、
3.車体がまっすぐになったらハンドルをまっすぐに戻す、
という手順になります。

もっとも、ハンドルをこんなふうに意識しなくても、
自分が進みたい方向(上記2の場面ではセンターラインのずっと先)を
ドライバーが見ていくようにすれば、
車体は自然にそちらへ向いてくれるはずですよ。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 原付の法定速度は30キロです | トップ | 切り返しは「まっすぐ1m」 »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事