コメント
 
 
 
初めまして、お願いしたいのですが。 (週刊!ブログランキング管理人)
2005-04-28 18:55:43
初めまして、突然申し訳ありません。



2週間ほど前から「週刊!ブログランキング」の運用を行っております。

貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いブログだと感じました。

宜しければ当ランキングに参加登録して頂けませんでしょうか?

○ http://kutsulog.net/



更新情報の通知設定に対応してますのでPING送信して頂ければ、

記事タイトルや更新状況を表示し、カテゴリ毎に新着記事ヘッダーがご紹介されます。

ご参加されていない方もカテゴリ毎にブログチェックが出来る等、

ご紹介機会が単なるランキングと違い多くあるのが特徴です。



また、当サイトも、ご参加サイト様からのアクセスに頼るだけのランキングサイトでは無く、

SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行い、独自のアクセス強化を図っていきます。



是非、ご登録を宜しくお願い致します。
 
 
 
Unknown (かつらぎ)
2005-04-28 23:33:33
ぴかちゅうさん、映画はやっぱり楽しかったですよね。主人も大満足の様子でした。意外にあっさりブラックプールでの模様がカットされたのが救いでした(あれ、日本版だとかなり冗長なんですよね)。最後は大ダンスパーティーになるのも○ですよね。

もともとダンス大国であるアメリカで、「社交ダンスを習う人たちって独特」というキャラクターを打ち出すのが、実は大変だったのではないかと察しています。みんなそれなりにきっちりにセクシーに踊る人たちばかりがそろって、ダンス好きにも納得の一本だといいなぁと思っています。



ことに、はげ頭の彼ははげの時のほうがセクシーなのに、自分って案外自分のことに気づかないものなんですね。そのギャップが大いに楽しめました。ベッド・ミドラー似の彼女も最高ですよね。キャラクター一人一人が実に愛情持って描かれているのが嬉しいです。

またまた観たくなりました。
 
 
 
ブラックプール競技会エピソードの違いで気づいたこと 、他 (ぴかちゅう)
2005-04-29 01:12:28
かつらぎ様

(草刈民代)はブラックプールの競技会で転倒した時にパートナーがかばってくれなかった=それだけのふたりの関係だったと言い、(役所広司)は(渡辺えり子)の転倒の際にかばったということをすごく誉め、そういうパートナーになっていなかったことに自分にも責任があるよいうようなことを言っていましたよね。アメリカ版ではそういう話は入れてなかったので、へえ、それでも成り立つんだと思ったんですよ。けっこうそのへんの意味づけが私は大事だと思ってたんだなと振り返って思いました。

ベッド・ミドラー似の彼女ってボビーのことですよね。渡辺えり子の雰囲気に似ていると思いませんか?

そうそうリチャード・ギア主演の『プロフェシー』が今日の夜TVであったので娘に頼まれてビデオ録画しました。どんなかなあ。

それと愛之助講師の歌舞伎入門の録画を忘れてしまい、最終回こそ忘れないように頑張ります。
 
 
 
またお邪魔します (うさぞう)
2005-04-29 15:46:59
ぴかちゅう様こんにちは

いつも楽しく拝見させていただいています。



リメイク版ということで、原作との違いを気にして見始めたのですが、見終わる頃にはそんなことも忘れ、ニコニコと楽しんでいる自分がいました。

見て良かったです。

リチャード・ギアはかっこよかったし!



ちょっと話は変わるんですが、こちらのブログ読ませていただいてから歌舞伎に興味を持ちました。いままで見たいと思ったことなかったんですけど^^;

でも札幌在住なのですぐには見に行く機会はなさそうです。今後も書き込みを楽しみにしております。
 
 
 
うさぞう様 (ぴかちゅう)
2005-04-29 23:57:16


うさぞうさん、ようこそ。『真夜中の弥次さん喜多さん』に引き続き、TBとコメントありがとうございます。私もTBしておきますね。

歌舞伎に興味が出てきたとあれば、NHK教育TVの月末の日曜日の夜10時台にいろいろ舞台の録画を放送してると思います。それを観るのもいいかもしれませんね。あと松竹でシネマ歌舞伎というのも始めたし、『野田版鼠小僧』が札幌で上演されるような場合は見てみたらいいと思います。
 
 
 
TB&コメントありがとうございました。 (rika)
2005-04-30 21:10:22
アメリカ版は、日本版と違いサラリーマンの悲哀とかは

ぜんぜんないですけどーー痛快で面白いですよね。

女ターミネータのセリフも面白かったーー。
 
 
 
とても同感です (ahaha)
2005-05-01 19:58:05
すごく同感です。4月29日の記事をTBしようとしたのですが、うまく行かず、コメントだけで失礼します。
 
 
 
TBコメント続々とありがとうございますm(_ _)m (ぴかちゅう)
2005-05-04 01:24:57
ahaha様

そちらのブログにTBとコメントつけておきますね。

徒然なるサムデイのcapricciosam様

>内心ダンスもいいなぁ、と心は傾いていたけれど、ほんとはリチード・ギアのようにバラを手にタキシード姿で現れたいというのが本心で、さすがここまでは言えず...

言わなくてもブログに書いていただいただけでも、立派です。日本にもそのくらい思ってくれる男性がいたことがわかっただけで嬉しく思う私です。

 

金言豆のブログのhary様

私のTBで61番目とはすごいですねえ。これからもよろしくm(_ _)m
 
 
 
はじめまして (dream)
2005-05-04 09:35:18
ぴかちゅう様 こんにちは。

楽しく拝見させて頂きました。そしてTBもさせて頂きましたよ!

やはり、リメイク版という事で原作との違いが気になって観た映画です。

リチャード・ギアがタキシード姿で、一輪の紅いバラを持って奥様の所へ現れるなんて・・・素敵!さすがハリウッド版という感じでした。

これからも、よろしくお願いします。

 
 
 
エスカレーターの謎と苦労?! (ぴかちゅう)
2005-05-04 13:15:09
夢日記のdream様、TBとコメントありがとうございました。私の方からもTBさせていただきます。

エスカレーターがあの時間に動いているのも謎だけど、上下の方向が撮影の関係で逆にしないと変だったわけですね。う~ん、絵にするためにはいろいろと苦労があるものですね。教えていただきありがとうございました。また遊びにきてくださいね。

 
 
 
「NYでもタコ焼きを焼く英国人へ」のbleu様 (ぴかちゅう)
2005-05-14 15:35:49
ニューヨークから『Shall we dance?』のTBをいただいてびっくり!ありがとうございましたm(_ _)m海外ともこうやってつながっていけるんだなとブログの可能性にあらためて感じ入りました。私の方からもTBさせていただきました。

他の記事一覧で「ジーザス・イン・ダ・ハウ」と「日本の未来像」などを読ませていただきました。

福知山線の自己でご友人を4人も亡くされたとのこと、ご愁傷さまです。多くの方の励ましの言葉があって、私はそちらでは書きませんが、利益追求のために安全性をなおざりにする体質は国鉄の分割民営化に根があると思っております。もうJRになってしまい、そこは動かすことはできないけれど、せめて体質を変えてもらってフェイルセイフ機能が働き、働く人にも非人間的な労働を強制しないような職場になっていってもらいたい、そのことが今回犠牲になった方への一番大きな供養だと思っています。ご遺族や関係者の方の心のケアももちろんきちんとしてほしいです。

さて、「ジーザス・イン・ダ・ハウ」の感想。教会をゴスペルで建て直す映画は観たことがありますが、ヒップホップミサですか!それで若い人が集まり、その口コミで家族も集まり...ということで教会の求心力が高まっているんですね。キリスト教が地域コミュニティの力を引き出してきた国だと思いますが、ヒップホップで教会が魅力的になったのならそれもすごいことですね。私自身はヒップホップはダメなんですけど。USAの社会の荒廃は全世界に悪い影響を及ぼすと思ってます。イラク戦争にもそういうところがつながっているのではと、極論ですが思ったりします。

親子間のコミュニケーションも難しい時代ですよね。私も高校生の娘との間で日々苦労しております。また自分の人生もよりましなものになるようにあがいていますが、ブログもそのひとつの手段だと思ってます。それでは、よろしければまた遊びにきてくださいね。
 
 
 
出遅れてしまった^^; (くーみん)
2005-05-14 18:21:41
私も早速見に行ってきました。

若い子達のダンスシーン、まるでミュージカルみたいでしたね~。すごい迫力。

ダンス教室では、どの人がどのキャラ(日本版の)ってすぐ分かって、思わずニヤリとしました。

私が一番感じたのは、仕事や家庭だけじゃ、長い年月、煮詰まってくるのかも・・・ということでした。

人間て、何かに向上心もって、努力したいって気持ちがあるのねって・・・。

夫は40歳過ぎてから剣道にのめりこみ、私は両親の介護をきっかけに、30年ぶりに剣道を再開しました。お互い、楽しいです、ヘタだけど



赤いバラ一輪持って現れるところは、ホント、「キアさま」って掛け声かけたいくらい!!

あんなきざっちい立ち居振る舞い、ギア様だからこそ、さまになるし、許せるわね!!「愛と青春の旅立ち」思い出してしまいました

(心の中では、ぴかさんと同じ突っ込みいれましたが・爆)



ジェニ・ロペとのダンスシーン、素人にしては上手だけど、プロとしてはいまいちという微妙さを実に上手く出していました。すごい俳優さんだなと、細やかさにビックリ。プロ以上に踊れるはずなのにね。

クイック・ステップの軽やかな足裁きに見とれてしまいました
 
 
 
TB、コメントありがとうm(_ _)m (ぴかちゅう)
2005-05-15 01:22:27
a story様、TBありがとうございました。

5/7にTVの金曜ロードショーでオリジナル版をやってたのをちゃんと見てしまいました。そこで、あ~っと思ったのは、ダンスをやめたという父に娘が、「なんでやめちゃうの?お母さんと踊ってよ」と両親の手と手を娘がとった所でした。日本って「子はかすがい」っていいますが、周防監督はやっぱり子どもをうまく使って日本の夫婦の関係を描いたんだなあってなんか感心しました。それって夫婦関係がどうあるべきか論で考えるとちょっと違うだろうという点なんですが、日本の社会の限界でしょうかね。

それでは長々失礼しました。よかったらまた遊びにきてくださいm(_ _)m



くーみん様

剣道再開とはいいですね。ご夫婦共通の楽しみを持つことはさらに素晴らしい!私の両親も一緒にグランドゴルフなどやってます。ただ、足の怪我はもう大丈夫ですか?私も運動不足なので、お風呂の後で体操などやっていたのですが、ここ数ヶ月は気力の落ち込みでさぼってしまっています。また再開しようかな?

 
 
 
友達つくり (くーみん)
2005-05-16 09:27:28
お友達つくりもあるのです。地域にお友達がいないと、老後が寂しいじゃないですか(爆)。丈夫で元気でないと、何も楽しめないし。「明るい老後」を目指して、着々と準備を進めております



今回のTV放映を見て、日本版はやっぱり日本的なんだなと感じました。アメリカ版との文化の違いも感じさせてくれました。

家庭も仕事もまあまあ、庭付き一軒屋を手に入れて、「これから」のはずなのに、ふと感じる寂寥感・・・ってのは、日本人ならではかも知れません。また、お父さんが一人で朝ごはんを食べる場面。夫婦がお互い納得してて、別に夫婦仲が悪いわけではないということ、これはアメリカ人にはわかりづらいのかも・・・とか。

同じ素材で、ダブルで楽しめる贅沢さを感じました。
 
 
 
「風の坂道」の紗月様 (ぴかちゅう)
2005-05-23 02:04:16
紗月さんのブログの文中で「目に付いた関連Blog」にあげていただきましてありがとうございます。こういうご紹介をいただくのは初めてで感激しました。(^^ゞ

また、ためていた新聞の切抜き作業をしたところ、リチャード・ギアのインタビュー記事があって、薔薇タキシードは抵抗したけどやらされたらしいです。アメリカ人なら抵抗ないと思っていたけど、そうでもなかったんだなあって考えを改めました。やはり映画なんですね。

また遊びにきてくださいm(_ _)m
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。