果報は寝て待て!

浮世は疲れることばかり…
いそがず,あせらず,のんびりいきましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天文館むじゃき

2008年09月13日 | 旅日記,郷土の歴史
鹿児島では,いろんなものを食して参りました。

鹿児島の飲食街といえば天文館商店街。
天文館といえば,「白熊」と称するかき氷で全国的に有名な「天文館むじゃき」を押さえなくてはなりません!

というわけで,ワタシも本場「むじゃき」の「白熊」を試してきました。



入口には巨大なシロクマが鎮座し,客を迎えてくれます。
ビル1棟が「むじゃき」の店舗であり,そのうち1階がかき氷などの軽食コーナーのようです。
もともとこの店は,かき氷専門店というよりは,大衆食堂が主だったのではという感じを受けました。



そしてこれ↑が「白熊」!(¥683)
練乳氷に様々なフルーツがトッピングされ,見る角度によっては,まさに白熊に見えなくはありません。
氷はさらさらしており,練乳も,強い甘味が好きな鹿児島人仕様で甘ったるいのかと思いきや,思ったよりさっぱりした甘さでした。
大きさはさすがに巨大だったので,とりあえず妻と二人で一個だけ注文してみました。
はじめのうちは美味い美味いと食べていたのですが,後半戦になってくるとさすがに苦しくなり,最後のころには「試練」と化しました

余談ですが,上写真でかき氷とともに変なものが写っているかと思います…



彼は妻の使い魔で,我が家では「ウシトヨ」と呼んでいます。
我が家に生息しているぬいぐるみの中で,コンパクトな部類に入るため,今回の旅に連れてきた次第です。
背後に妻の手が写っていますが,その大きさから総合的に比較すれば,上の「白熊」の巨大さが想像できるかと思います。

ちなみに全く「天文館むじゃき」とは関係ありませんが,我が家に生息しているリラックマには「クマトヨ」,コリラックマには「クマチヨ」などとそれぞれ名前が付いており,「ウシトヨ」は牛ガラのリラックマなのでそう呼んでいます。
さらに彼らの名前の由来をいえば,彼らが我が家にやってきた当時の大河ドラマ「功名が辻」の「一豊」と「千代」がもとになっています。

今後,鹿児島のレポートの中に,たびたびウシトヨくんが登場するかもしれませんが,気にしないで下さい

「天文館むじゃき」の公式HPはこちらから



コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 桜島の夜明け | トップ | 篤姫(第37回) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地方の名産 (とれぇず・ましゅりなーだ)
2008-09-13 15:40:11
白熊、テレビでよくでてきますね。

それにしても大きいね。
鼻の奥が痛くなりそう。
歯にしみそう。

そして600円越え!!
ぴえるさんの甘味モノへの情熱は男性のそれを遥かに越え、どこを目指しているのか!!

>とれぇず・ましゅりなーださま (ぴえる)
2008-09-14 21:58:33
コメントありがとうございました!
冷房の効いた店内で,このかき氷を平らげる頃には,ワタシはフリージングコフィン状態になっておりました。

ワタシはこのままいったいどこへ!?
むむむ (とれぇず・ましゅりなーだ)
2008-09-16 23:37:46
「カリツォー!!!!」


         

旅日記,郷土の歴史」カテゴリの最新記事