果報は寝て待て!

浮世は疲れることばかり…
いそがず,あせらず,のんびりいきましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DMC-LX3について(画像比較)

2009年02月21日 | 雑談

昨年,相棒であるコンデジを従来の「パナソニック DMC-LX1」から後継機の「LX3」に買い換えました。
「LX1」よりも多彩な撮影機能を持つ「LX3」は,完全オートモード,もしくはシーン別に最適化されたシーンモードにすれば,通常のコンデジ同様簡単に撮影できますが,せっかくこのカメラを使うのであれば,デジタル一眼のように使わねば意味がありません。
そう思う一方,「LX1」にはなかった「フィルムモード」が追加され,これまでのホワイトバランス,絞り,シャッタースピードだけでなく,作品の表情に影響する「フィルムの選択」にも気を配らねばならなくなりました。
まあ,よほど臨機応変に撮影をする必要性がない限りは,「自分の好みのフィルム」を決めて撮影すれば足りるのだと思いますが,未だ自分の作風に迷いがある私であります…

そこで今回は,「LX3」のフィルムモードの比較をしてみたいと思います。


↑「スタンダード」で撮影


↑「ダイナミック」で撮影


↑「ネイチャー」で撮影


↑「スムーズ」で撮影


↑「バイブランド」で撮影


↑「ノスタルジック」で撮影

あらためて比較すると,ノスタルジックとバイブラントは彩度,コントラストともに両極端です。
やはり無難なのはスタンダードですが,今回のような風景では多少コントラストを上げたネイチャーの絵作りの方が,光と陰を強調できて好きですね。
もっとも,紅葉のような鮮やかな対象を強調するのであればダイナミックやバイブラントもありでしょう。

「LX3」には白黒のフィルムモードもあるので,いずれ比較してみたいと思います。


この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松屋の中古カメラ市 | トップ | 天地人(第8回) »
最新の画像もっと見る

雑談」カテゴリの最新記事