half moon bay

酒と釣りの友 天国の mさんヘ

瀬戸内が呼んでいる 2018年春

2018-03-25 10:00:22 | 
ご存知、大先輩であり我が釣り仲間である祐ちゃんとは昨年8月27日以来7カ月ぶりの出漁である。

お母さまのご逝去による喪あけ待ち、出漁予定日の度重なる悪天候、天気がOKと思ったらインフルエンザ。

当然のことながらガキの頃の遠足前夜の興奮状態で寝ぬれぬ夜を過ごした祐ちゃんであった。

待ち合わせの午前6時に迎えに行くと・・・

「 午前2時にゃ~目が覚めてしも~て、孫の出勤前に味噌汁を作ってやって、は~コンビニで弁当はこ~ちょる 」と、やる気満々なのである。

波止場に着くと以前は10隻近くあった漁船がすかすかの状態。



「 漁師もようけ~死んだが後を誰も継ぐもんがおらん、ここは3隻だけになってしも~た。」 K船長


 


出港前に生餌のエビをチェクしたり操舵室の窓を拭く祐ちゃん、御年82歳。


上々の釣果にほっとした表情のK船長。



32匹釣った後、リリースサイズの鯛やメバルばかりでなかなか33匹目がでない祐ちゃん。

「 またジョンウンじゃ~ 」 ジョンウンとは嫌われもののベラのことであるが獲物の数にはカウントされないらしい。

ベラはその見た目の悪さやぬるぬるした肌触りのため嫌われがちであるが本当は白身でとても美味しい魚なんです。



昨日の釣果(3人合計) メバル他46 カサゴ(ホゴ)47 ベラ7 計100匹

早速ご近所3軒に20匹おすそ分け。当面の間は魚料理が続くんだな、これが・・・

黒ラベルと冷酒の肴はメバルの刺身に煮つけ 旨かった~

ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ





 







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブーブのおふろ by ひがきけいこ | トップ | 自然の造形 これには参った! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。