Days of Pieria

奥沢の治療室Pieria 鍼灸&オーラソーマ&冷えとり…日々の気づきとメッセージなど

虹を綴る光…迫害の記憶を消す

2011年05月29日 | 音楽
KIN156黄色い宇宙の戦士(存在 持ちこたえる 越える/知性 問う 大胆さ)(リンクは音楽です)

先日の定休日、用事で歩き回っていたら、突然ある歌が降ってきて脳内ヘビロテしはじめた
「アントニオの歌」
…猪木じゃないよ

この歌を知ったのは、ハタチちょい前くらいの頃、豊島たづみさんの歌で。(スミマセン、わたくし相当長く生きてます…
ともかくも若い頃からこういうちょっと哀しげなアンニュイ系、ジャズっぽいのは大好き、特にこの人の声はすご~く好きだったなぁ。。
でも当時は何しろいい曲だなぁ~っ!てだけで、歌詞なんて全然聴いてなかったです。
すごく完成度高いし、絶対スタンダード曲だと思い込んでました。

とにかくも「アントニオの歌っ!」なのでした。すぐに歌詞とか確認したくなって、初めて「一人カラオケ」入っちゃいました
平日も18:00前だとかなり安いんですね。フリードリンクもあるしカフェより充実かも? 女性一人って結構多かった!

で、マイケル・フランクス作詞作曲だと知ってびっくり! 私は80年代に一度マイケル・フランクスにはまったのですが(やはりそのアンニュイでオトナで夜なカンジにね・笑)、その時に気づいたかどうかも忘れてた…。
そして豊島たづみさんのはマイケル・フランクスのわずか2年後だったのだと今更知って、更にびっくり!(遅すぎ
多分アントニオ・カルロス・ジョビンのことだろうと思ってはいましたが、シンプルな歌詞なのに難解な部分が…
知らない固有名詞や地名?はあるし、わからないながら何度も歌ってみました1時間

で、カラオケ自体久々だったのですが、今って歌った曲のリストを会計時にレシートと一緒に渡してもらえるんですね!
この歌ばかり何度も…我ながら変な客 合間にキリンジとか、林檎ちゃんも歌いましたけどね。
(ちなみにキリンジの「エイリアンズ」が、なんかそのアンニュイ性で通じるものがあったな~。)

その後本家本元のと、UAと憂歌団のとかも聴きましたが、なんとジャズヴォーカルの大御所、サリナ・ジョーンズの素敵なバージョンを発見!!
上手な訳詞がついている上に、多分狩野泰一さんの篠笛だと思いますが、絶妙です!


そして最もわからなかった一節:
The blankets they give the Indians
Only make them die


色々調べてわかった。「インディアンを殲滅する目的で、白人が病原菌の付着した毛布などを贈って故意に伝染病に感染させようとした事実が歴史に記録されている。」(Wikiより)
あぁ…納得 他のフレーズにも静かにその差別と迫害を訴える部分があります。
いわば「生物兵器」による迫害、子どもにまで20ミリシーベルトの被曝を強いる今の政府がしていることと似たようなものだ ネイティヴアメリカンの過去世があるようにも感じる私なので、多分「迫害」の記憶をクリーニングする時が今なのだとわかり、ずっと続けています。

実は昨日の箱根のしっとりした空気は東京よりはずっと綺麗なはずなのに…風雨のせいか私の超敏感さのせいか、しっかり喉の粘膜が反応し、屋外では車の中でもマスクをしていました
それは悲しい、本当に悲しいことだったけど…それでも意図していたいと思った。絶望に負けない、残された道と希望を。
「私たちにはまだチャンスが残されている」「足かせを断ち切って自由になれる」
「虹を綴る光のように」「長い間忘れられていた歌を歌おう」


歌で届いたメッセージとは、私のインテレクトエンジェルであるB82「カリプソ」(写真上)のサポートのようにも感じられました。
カリブの民族音楽でもある「カリプソ」は、奴隷として虐げられていた人たちの歌。でもそれは解放と祝祭の歌でもあるから


プロのシンガーの方のブログから素晴らしい解説ページを見つけまして、感謝です。歌詞もここからリンクしています。
お蔭で知らなかったMarie Roggenという美しいシンガーの、絶妙にイイ感じのバージョンも見つけました!
コメント (5)

雨の箱根

2011年05月28日 | 
KIN155青い水晶の鷲(協力 捧げる 普遍化する/ヴィジョン 創り出す 心)

両親の付き添いで、箱根で一泊してきました。
父が脳溢血で倒れてほぼ1年、一命をとりとめて後期高齢者ながらリハビリを頑張り、母も病身ながら看病に明け暮れてなんとか生活を取り戻してやれやれと思ったら震災…(実家はマンション10Fなので揺れはハンパじゃなかった…)、死を覚悟しながらもなんとかサバイバルしたご褒美、悲願の温泉旅行だったのでした。
父は「生きてて良かった…」と何度も言ってましたので、まぁ良かったかな~と。

一昨年にやはり両親と行った箱根は伊豆群発地震に見舞われて大変でしたが… つい土地ワークをしてしまう私、でも今度は私が主体じゃないから大丈夫だろうと思ってましたら、なんと5月の台風!? おまけに梅雨入り!…いろいろ一筋縄ではまいりません。
確かに私は最近強烈な雨女っぽいですが…、でも暴風雨じゃなくて助かった。。なんとか無事に帰ってまいりました。

つつじで有名な、箱根神社近くの某ホテルです。部屋に温泉付き、食事も部屋でできるということで選んだバリアフリールームはつつじとシャクナゲの庭を臨み、広くて快適。お相伴ラッキーです
    

雨に濡れた新緑は美しく、霧雨にけぶる芦ノ湖と箱根神社も良い風情でした(一人でお散歩もできた
   

一昨年の強羅よりもずっとやわらかいお湯、源泉掛け流し。大浴場より気持ちが良い部屋風呂って初めて。一瞬でも震災や原発のこと忘れました。。


そうそう、やっぱり時々キチンとサービスを「受ける」側に回るのも大切なんだということ。リゾートで特に自覚します。

さぁ、明日は忙しい!仕事また頑張りま~す

コメント

チャリティエッセンス 中間報告その2

2011年05月27日 | お知らせ
KIN154白いスペクトルの魔法使い(解放 溶かす 解き放つ/永遠 魅惑する 受容性)

ご報告が大変遅くなりまして申し訳ございません。標題の件、第2回目を5/8に発送しております。
前回と同じく、鎌倉市在住のボランティアのN様の手を通じて相馬市へ。

内訳は…前回の残金¥9,188-+売上¥3,000(1本分)=¥12,188-を使わせていただきました。
被災地の主に女性がスキンケア商品をご希望ということだったので(まだ寒さの中、乾燥がひどくてハンドクリームを顔に使っていらっしゃる方もいらしたそう…)、オーラソーマのコスメ、それもAEOSではなくて使い方が簡単なスキンリバイタライザー(ピンク)と、オールパーパスクリーム(ブルー)を2セット。
更にオーラソーマ製品では放射能対策にカラーバイオケミックソルト(ブルーとオレンジの小サイズ)を2セット。
卸値で換算して合計\12,904-分です。(写真上)
ほんの少しですが、役に立っていればいいなぁ…。



また現地の子どもたちが水道水を飲んでいるということだったので、当時まだこちらのスーパーにも水が不足していましたが、自販機や本数限定の水をコツコツ買いだめた分と、白米に混ぜて炊ける発芽玄米(放射能対策に玄米はおすすめ)と、計画停電用に買って灯油10リットル分だけ使ったほぼ新品の石油ストーブ(梅雨明けまで寒いので暖房器は必要とのこと)を、これは私個人の寄付としてまとめて送りました。

でも水に関しては今は普及してきていると思いますし、単価は安く送料やN様の手間を考えると却って非効率的だったりするので、今後は違うやり方を考えたいと思います。
現地ではそろそろ色々な物資も届き始め、仮設住宅への入居もはじまり、状況もどんどん変化していると思われますので。

その後またチャリティエッセンスの売上も発生しているので、寄付時にはまたご報告するようにしますね。

コメント

レスキューブレス

2011年05月26日 | アート
KIN153赤い惑星の空歩く者(表明 仕上げる 生み出す/空間 探る 目覚めの状態)

今月は誕生月だったのだけど、昨日クライアントさんから手作りプレゼントをいただいた
なんと、レスキューボトルのカラーコンビネーションのブレス!
その作りの細かな配慮に感動しっぱなし!! まずは箱(写真上)なんて、開けるのが勿体ないほどでした。

スワロフスキーのビーズが本当にレスキューボトルの色と対応していて、更にそれが一つ一つ取り外せるようになっている。
更に、ハートレスキューにはハート、スターチャイルドにはスター、ラブレスキューには花(chain of flower)、エナジーレスキューにはクロス、メタトロンレスキューには羽、とチャームがついている~
あまりに素晴らしいので大きな写真載せちゃいます。


このクライアントさんは毎日深夜まで残業なさる超多忙な方なのですが、疲れている時ほど手を動かしたり他のことをするのがストレス解消になるそうなのです。ターコイズの質をお持ちで、本当に創造的な方。
私なんて疲れると機能停止しちゃうだけなので、、ホントすごいなぁ。。
原発鬱気味な私を案じてくれたご様子。なんかかえって申し訳ない… でもウレシイ

そして、コースを受けていらっしゃるわけでもないのに、レスキューボトルを全て把握していらっしゃるところも素晴らしい
あぁ周りには素敵な方ばっかり、この世は素晴らしいですよね~。
もうすぐ102番を使い終わる、多分鬱の先には無限の光…
コメント (4)

光の身体をはぐくむ

2011年05月22日 | カラーバイオケミックソルト
KIN149赤い律動の月(平等 組織する つり合わせる/普遍的な水 清める 流れ)

以前もこちらに書きましたが、最近カラーバイオケミックソルト大好評です そのシンプルさと即効性に感動する方多数!
私たちが振動する光であるという観点で言えば、ティッシュソルト(生命組織塩)は、「光のケミカルな部分」なのだそうです。

ホーキング博士が「探求すればするほど、わたしたちは星と同じものでできている」とおっしゃったそうですし、からだは星からできているという佐治晴夫先生の本を読んだことがあります。
宇宙の一部である人類をはじめ生きとし生けるものすべて、地球、惑星、宇宙をかたちづくる基本的な物質がミネラル(無機塩類)であり、有機物はミネラルなしでは形成できません。
オーラソーマのプロダクツはどれも光の身体をはぐくむものですが、アリソン先生が作ったカラーバイオケミックソルトは、有機体としての私達の身体の細胞レベルをサポートする初めての食品です。

先月参加したコースで知りましたが、ティッシュソルトとホメオパシーは基本的に別物と考えるそうです。組織塩療法を生み出したシュスラー博士自身がそういう立場を取っていたそうです。
ホメオパシーは「類似の法則」に従いますが、ティッシュソルトは「不足の法則」であり、あくまでも身体をかたちづくるためのミネラルの「不足」を補います。いわば光の栄養サポート剤ですね。
ティッシュソルトが占星術に対応していることは知られており、アリソン先生は占星術もなさるのでその繊細な要素が加わり、更にオーラソーマのボトルの色のエネルギーが完全に対応していることが感動でした。

選ばれた4本のボトルはその人を映す鏡なのですが、その4本分のエネルギーをティッシュソルトの組み合わせで取ることができます。つまり「ボトル4本食べられます!」ってことなのです。
一気にバランスされる即効性があり、同時に毎日のボトルワークとともに地道に4本分を摂っていくサポートが本当に素晴らしいのです。まさに光の身体をはぐくんでいる感覚。
勿論気になる色のソルトを選んだり、身体の状態から選ぶこともできます。

個人的にもこれまで使ってきたティッシュソルトとは、全くエネルギーの質が違うのがわかりました。
ポーテンシーが絶妙で、パワフルでありながらエネルギー場が非常に大きく、何ともいえず優しいはたらきかたをしてくれるのです。
各色のキーワードを超ざっくり書きますね。

レッド:牡羊座:Kali-p(リン酸カリウム):脳神経系、バイタリティ
コーラル:牡牛座:Nat-Sulph(硫酸ナトリウム):肝臓と胆のう、腺、浄化
オレンジ:双子座:Kaii-Mur(塩化カリウム):粘膜、炎症の第二段階
ゴールド:蟹座:Calc-Fluor(フッ化カルシウム):骨膜、結合組織、弾力柔軟性
イエロー:獅子座:Mag-Phos(リン酸マグネシウム):心臓、筋肉、緊張
オリーブ:乙女座:Kali-Sulph(硫酸カリウム):皮膚、解毒
グリーン:天秤座:Nat-Phos(リン酸ナトリウム):酸性中和、脂肪代謝
ターコイズ:蠍座:Calc-Sulph (硫酸カルシウム):免疫系、細胞膜、炎症の第三段階
ブルー:射手座:Silicea(二酸化ケイ素):異物除去、結合組織、老化
ロイヤルブルー:山羊座:Calc-Phos(リン酸カルシウム);骨、成長期、強壮
バイオレット:水瓶座:Nat-Mur(塩化ナトリウム):体液バランス、悲しみ
マジェンタ:魚座:Ferrum-Phos(リン酸鉄):血液、炎症の第一段階、消耗
レインボー:ペールカラー、クリアに対応、全種のソルトを均等に含む、個人の持つ全ての色の側面

詳しくはご相談ください。なおゴールドとオリーブは日本には食品添加物の制限で入荷できず、レインボーで対応します。
当室では今、通常コンサルを受けてくださった方に、4本分の組み合わせソルトを1セットプレゼント中です。

ブルーオレンジのソルトが大震災サポート用品とされています。異物としての放射線物質を排出するブルー、内部被曝の最初は口内や上気道粘膜ですのでオレンジが良いのです。この2種は5月末日まで30%オフです!(大180錠:4050円→2835円、小60錠:2250円→1575円
当室の在庫は限られておりますので、ご希望の方は事前にご連絡くださいね。


ちなみに私はここ1ヶ月、出来る限り毎日4本ボトル分のティッシュソルトを摂り続けておりました。
私は白砂糖は基本的に摂りませんが甘いもの好きなので、リフレッュ用にお気に入りのベルギーチョコの小さなバーを冷蔵庫に常備し、少しずつ食べていたのですが、最近いつものお店がそのチョコを置かなくなったんですね…。困った…と頭では思ったのですが、身体は全然困ってないことに気づいたのです!
むしろ白砂糖のお菓子を食べると即頭痛がしてくるほどで…ビックリと同時に、楽しみが減ったような複雑な気分でした

でも放射能汚染に白砂糖は厳禁なんです。つまり放射能環境に対応できるように光の身体が変化していると感じています。
やはりこの地球に足をつけて生きる以上、そのエネルギーの変化と共に身体が成長していく必要があるのだと、ホントに身体でわかります。(ちなみに肉類も殆ど駄目になりましたね…)

でもティータイムの楽しみは追求したいので、最近思い切って25年使ったオーブントースターレンジ(シャープ製のオーブンレンジ初号機!)を、ヘルシオに買い替え、砂糖ナシおやつを自作することを決意

第1作は、図書館で借りた菜菜スイーツを見ながら、「きな粉のチーズケーキ」なるものを作ってみました!
砂糖や卵、乳製品を一切使いませんが、かなりイケます! 
火加減がわからずちょっと柔らかすぎてプデイングみたいなのと、チーズケーキというよりやっぱりきな粉でしたが、満足でした。
 


今後ワークショップのおやつも、出来る限り手作りしようと思ってます。
あ、ワークショップは今、新しい形で復活させるべく企画中ですのでもうしばらくお待ちください。まずはおやつから入る私なのでした




コメント (6)

回心のプロセス3

2011年05月20日 | オーラソーマ&カラー
KINKIN147青い自己存在の手(形 明らかにする 測る/遂行 知る 癒し)

昨日の定休日は午前中からa-okさんでお料理教室、午後は港南台のなごみ公房さんでMarmaria先生のオーラソーマコンサルを受ける予定だったのだが、朝起きたら胸が苦しくてぐ~るぐるの目眩が…。
うわ~、でも貴重な休みの楽しみを棒に振るわけにはいかない。いろいろ苦労しながら出掛け、a-okさんでヘルシーで美味しいランチを戴いたら随分落ち着く。

そしてMarmaria先生のコンサルに伺うと、私の第6チャクラが混乱しているとすぐに気づかれ「ツイッターのやりすぎでは?」と鋭い指摘
移行と回心のプロセスでグロッキーなのに加えて原発鬱、そして玉石混淆の情報の氾濫でダメージを受けているのは確かだった。

どうしてそこまで情報を求めるの?という先生の問いに、
「知りたいんです。全体像を常に把握していたいので、隠蔽されていることが嫌なんです。」と答えると、
「それがpieriaさんなのね」
と言われて、あ、そうなのか!と思った。そうじゃない人もいるんだよね、と気づくことで一段、自分を客観視できる。

震災以来、私は仕事の合間にツイッターを主に使って原発について情報収集をした。震災渦中でも落ちなかったツイッターのサーバーは、今の日本を動かしている第一線の人たちから遠くの知らない一個人までリアルタイムで情報共有できる、水瓶座時代の素晴らしいツールだと思う。どんな人とどこまで繋がるかを選ぶことができるのも良い点だと思う。

私の知りたかったのは、そもそもなんで原発が導入されたのか、そしてどんな人たちがどのようにその利権構造にはまっているか、巻き込まれていないまっとうな研究者や政治家は誰か、脱原発は可能か、そして今後の再生可能な自然エネルギーへのシフトの可能性と、そのキーパーソンについて。
脱原発はOKだ。電力は充分足りてる
でもどんどん状況が悪くなるにともない、25年前のチェルノブイリ事故の影響を調べるにつれて絶望的になった。
美しい福島の自然と第一次産業が失われ、住む人たち、特に子ども達のことを思うと途方に暮れてしまった。。
そしてチェルノブイリ直後に友人から広瀬隆氏の「危険な話」をすすめられたのに、踏み込むのが気が重くて読まなかった自分を責めた。(当時の私は若くて、目の前にもっと切実な現実があったからだ。)
きりがないが、これらの資料はこちらにまとめた。

そしてどうしてここまで知りたかったのかというと、隠蔽されている事象の重要性とエネルギーの大きさゆえだ。
隠されれば隠されるほどエネルギーは大きくなる。統一地方選挙の後にレベル7と認定され、震災から2ヶ月以上経って1号機のメルトダウンと2~3号機のその可能性が発表されるまで、私のどこかですごいアラームが鳴り続けていた。
最早チェルノブイリと見間違う、いえそれ以上の惨状、3号機など鉄骨さえぐにゃりと曲がった破壊ぶりは明らかに尋常じゃない。でも怖くて認めたくないから、当初「建屋が飛んだだけですから」なんて言われると信じたくなったのは確かだが、潜在意識ではわかっているので、余計そのエネルギーの齟齬に不安になって私のようにツイッターやりすぎた人は多かったのでは?

そして怒りがあった。パニックを恐れるパニックに陥った政府により、むちゃくちゃな「大本営発表」「安全デマ」を流され、つまり宮台真司氏の言う「愚民政策」をされた怒りで、「馬鹿はどっちだよ!」と、もともと持つ権威への不信感に火がついてしまったのだ
こういうこともクリーニングすべき情報だろう。操作された情報に反応してしまうのは、そういう記憶や情報が私の中にあるからだ。

そしてたしか3/15頃、東京も高濃度汚染されたあたりで「これはまずいね、テレビで言ってるのは違うよ。よっぽど酷いことになってるよ、と、ネットも何も知らないうちのおじいちゃんが言ってた」とツイートした人がいたことを、政治家や学者等権威の発言などよりも鮮明に覚えている。その素朴なツイートをこそ直観が真実だと認めてたのだと思う。
でも私は納得のいくデータを集めて、全体像を把握した上で客観的に判断したいのだ。

そしていろいろ調べていると面白かった。素晴らしいキーパーソンを知ったり、こんなに頑張っている人がいるんだ!と感動したり、今後のエネルギー展開と共同体の未来に希望を持てたり、これまであまり好きじゃなかった政治家さんに思わぬ美点を発見したりもした。
5/7には初デモ体験までした! 面白かったけど警官隊が多すぎて税金無駄遣いと感じたので、今後は別のアクションにしようと思う。

…そういうわけでようやく本題。コンサル前に先生とお話をしているだけで、どんどん目がはっきりしてくる。
大天使ボトルたちが一斉に呼んでいた。過去からの亡霊を一度は掴みそうになりながらも、自分のインカーネーショナルスターを意識して選んだ4本は、我ながら新鮮な新生Pieriaって感じである
ペールコーラルやライラックが1本もなくなった。とてもシンプルだと思う。B94、B99、B102、B108


オリーブグリーンの明度違いオンパレードだ! 私はどこまで苦み好きなのだろう! そしてその苦みを徹底的に甘みと希望に変えていきたいと思う。
直感的にB102から使い始めた。B102はこれで2本目だが、見た目と違ってとても優しいエネルギーなのだ
昨日だけで全身にかなり使って、ハートチャクラの背面の苦しさがなくなった。
そして「許し」がテーマでありギフトだ。まずは自分を許し続けること、つまり自分をいたわること。今、誰にでも本当に大切なことだ。
そしてツイッターはやりすぎない(多分もうそれほど必要ない)当面は以下。

全てが100%自分の責任であるというホ・オポノポノの観点から、
・原発を止められなかった自分を許し続ける。
・唯一の被爆国でありながら、今や放射能をまき散らす国となってしまっているものすごい罪悪感を許し続ける。
・「日本開闢以来最悪の状況を、最悪の首相と内閣で迎えている」とは田中康夫氏の言葉だが、政治に無関心なせいでそんな政治家を生んでしまった自分を許し続ける。(でも自民党政権でなかった意味はあると思ってる!)
・原発の利権構造の形成原因をクリーニング。
・福島の子どもたち、広く関東圏の子どもの健康を案じる自分の心配を消し、今の子どもたちは「光の子」で放射能の代謝能力がある!と信じる。日本の食事は放射能対策に最適なのだ(でも安全デマを信じずに正しく身を守って欲しい!)。
・とにかく鬱状態に陥ってしまっている自分の、深い悲しみを許しクリーニングし続ける。

更に、先日使ったB16と今回のソウルボトルB94、3本目のB102が全てタロットの「塔」と関係しており、それが「回心」の意味があることをマイク・ブースの著作を先ほど読んで知り、シンクロに驚いた。
コメント (2)

今必要なワーク

2011年05月13日 | 気づきとメッセージ
KIN140黄色い惑星の太陽(表明 仕上げる 生み出す/普遍的な火 照らす 生命)

オーラソーマのティーチャーの雅美先生から、以下をお知らせいただきました。
オーラソーマ社のトップ、マイク・ブースからのメッセージです。
今、非常に大切なことです。転載OKとのことですのでお知らせいたします。
オーラソーマ製品を使っていない方や、関わっていない方でも参考になると思います。


★いま必要な自分へのケア&ワーク★

<まずはじめに>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆意識的であれ無意識であれ、いま日本全体が集合的ショックの中にあり、
 まずは、その中にいる自分自身を助ける必要がある。
 自分自身を助けていれば、人を助けるときによりよく働きかけられる。
☆「助けたい」と強く思いすぎると、状況にうまく出会えない。
 自分をケア ⇒ 他者をケアすることができる。その逆の順番はない。
☆起こったことに自分がどういう態度をとるのかは、結果に大きく影響する。
☆自分が内側で楽である感覚につながること。自分に対しての在り方から始まる。

★何度もオレンジポマンダーをつけ、中心に戻す必要。
★ホワイトポマンダーでプロテクション。
 自分に光をもたらし、集合的プロセスに光をもたらす。 
★エーテルレスキューを自分に施すことで、集合的に働きかけることができる。
※エーテルレスキューをすべての身体の反射のつぼが集まる耳の内側のラインに
 塗ることもできる(耳たぶまで)。ショックを解放するサポート。
 毎日お風呂に入れない状況などでも、使いやすいかもしれません!
★クイントエッセンス:オリオン&アンジェリカ 
 ショックのときに離れていきがちなサトルフィールドのサポートのために。
★カラーエッセンス マゼンタ・ホワイト・オレンジ
★バイオケミックソルト(ティッシュソルト)は細胞レベルに働きかける。
 いまとくに、オレンジ・ブルー・マゼンタ・レインボー
★フィジカルレスキュー
 怖れを受け取りやすい人はとくに、首の後ろ・サイキックゲートに施す。 


<大地とともに>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆大地に異質なFeelingをもたないよう。地球を責めない・怖がらないよう。
 地球が私たちの怖れを受け取るのか。私たちの愛を受け取るのか。ひとりひとりの責任。

★エーテルレスキューを足の裏に使い、大地と再びつながりを持つ。
 Deep Red ポマンダーとともに(磁場からのストレスを小さくする)  


<喪失とギャップについて>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆大切なものを失ったあとのギャップを急いで通り抜ける必要はない。
 早く次をつかもうとすると、過去からの亡霊をつかんでしまう。
 ギャップを許し、スペースを与え、内なるスターが現れるのを待つこと。
 いまこそ真のオーラを中心に戻す必要。自分自身へのケアとともに。。。

★内側のギャップ・スペースに、高次な潜在力を呼び覚ますために
 自分がもっとも必要とするクイントエッセンスを使う。



<放射能・放射線>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆怖れに対して怖れで関わるのか。
 怖れるほど、自分でその状況を引き寄せることになる。

★シーウィドミネラルバスに20分浸り、身体が吸収する機会を与える。
(20分:浸透圧の効果の出る時間) 
★バイオケミックソルト(ティッシュソルト)ブルー:シリカ


以上


上記のうち、オレンジポマンダー、ホワイトポマンダー、エーテルレスキュー、フィジカルレスキュー、カラーバイオケミックソルト(ブルーとオレンジ)、シーウィードミネラルバスは、5/31迄30%オフでご提供中です。
ご興味のある方はご連絡ください。

私自身も、もうショックは乗り越えたと思っていながらも、オレンジポマンダーやエーテルレスキューを使うと、あっ!と我に帰ることが頻繁にあります ショックは無意識のうちに共振してしまうのですね…
ワークショップの企画がなかなかできないのも、今自分にスペースを与えているからなのだと感じます。(でも真のオーラにつながって必ずもっとパワフルに復活しますよ!ってこれは断言しときます
それから、新製品のカラーバイオケミックソルトが即効で本当に素晴らしいと感じます。これはまた別記事にしますね。

正しく目覚めた状態で、まずは自身をケアし、恐れではなく自身の平和とくつろぎとともにあること
コメント (2)

「回心」のプロセス2

2011年05月06日 | スピリチュアリティ&ヒーリング
KIN133赤い電気の空歩く者(奉仕 活性化する つなぐ/空間 探る 目覚めの状態)

以下は相当荒唐無稽な話ではある。でも、敢えて書いておきたくなった。

まず、萩尾望都先生の短編「ユニコーンの夢」を高校生の時に読んだ。その時はストーリーとは関係のない目的があった。体育祭の仮装演技の衣装係だった私は、ヒロインの着ていたギリシャ風の服を参考にしたのだ。(懐かし~)
でもこの作品は私のどこか深いところに刻まれていたので、数年前に再開した時には感動した。

先日のロイヤルウェディングは素晴らしかった 美しいロイヤルカップル、何よりも将来のイギリス王妃を完全に受容したキャサリン妃の堂々とした美しさに感動した。司教様による「より自分らしくあるための結婚」という説法が何度も繰り返されたことも素晴らしいと思った。
でも同時に、その素晴らしい結婚という世界から全く隔絶されている自分に驚いた。勿論ロイヤルウエディングは日本の小市民とは隔絶された世界ではあるのだが、そういう意味ではなく、自分が結婚制度というものを本当に全く信頼していないことにショックを受けたのだ
正直に言えば、私は一度も結婚したいと思ったことがない。機会があれば一度くらいしてみてもいいわね、と語ってはきたけど、それは機会(と余裕)があれば世界一周旅行なんてしたいわね、と同じくらいのシリアス度。そんな選択肢もあることを完全に忘れるくらいに優先順位が低いまま今に至ったし、もっと言えば「結婚なんてろくなもんじゃないわ」とさえ思っていたことを白状しておく 13歳の時からだ。これもクリーニング対象。

今取り組んでいるインナーチャイルドセラピーでは成人前の年齢を一つ一つ遡り、インナーチャイルドの状態を丁寧に見ていく。そして癒されていない幼い自分と再会し、その時の感情ととことん向き合ってクリーニングするというプロセスなのだが、三巡目にして浮上してきたのが、激しい、もうどうしていいかわからないほどの無力感だった…。
どうせ生きていても仕方がない、どうせ死ぬのに、どうせ別れるのに、どうせ報われないのに、だから生きることに意味がない…という、そのネガティブさは凄まじいのだ。。
感情としては激しい怒りなどのほうがずっと対峙しやすい。無力感、無価値観というものには対峙すると呑み込まれてしまう。同じ萩尾作品で言えば、「スターレッド」でレッド星が「鳴く惑星」の共鳴につかまって自己破壊に向かう、あの感覚だ。

困った…いくらクリーニングしようとしても、そのこと自体を否定するネガティブにつかまってしまう 多分原発うつも関係していたと思うのだが、身体も身動きができなくなり(動くことに価値を感じないのだ)、5/5の世田谷エネシフトパレードを断念した。

でも単なる鬱と違うのは、意識のどこかではっきりわかっていること…今がとても繊細かつ大切な局面なのだと。どんなに辛くても逃げ場はなく、どんなに自己破壊の感情に襲われても、自分を大切にすることしかないということを。

でもあまりに茫洋としすぎているネガティヴィティで、具体的に何をクリーニングしていいのかさえわからない。私はサイキックじゃないしビジュアルで何かが見えるタイプでもないのだが、「言葉」に対する感受性は強い。そこでいわゆる「お筆先」、つまり自動書記のような方法を取ってみた。するとペンが勝手に動く…

「土星と火星の惑星間戦争で、戦地に行った恋人が死んだ。」

…はぁっ?!オイオイ!と自分に突っ込みながらも、涙がどーっと出てきた。え~っそれって…まさに「ユニコーンの夢」まんまではないか!?
(土星と火星とは作品では描かれていない。でも「輪の島」とか「赤い星」という言葉が連想させる。でも地球と火星のイメージでもある。)
1974年の4月、37年も前に萩尾先生が描いてくださったこれは、人類のDNAレベルの記憶なのではないのだろうか?

どんなに愛し合っていても必ず離れてしまう、権力や不条理な力によって引き裂かれてしまう…この絶望感が、私の結婚不信、いえそれだけではないく対人、対社会、ひいては私自身の存在そのものに関わる重要な情報だったのだ。
そしてこの強烈な悲しみが、これまでの転生でも同じような出来事を何度も引き寄せてきたに違いなく、揺らぎようのない根深い不信感を形成し続けていたのだろう。
どこまでできるかわからないが、もう少し丁寧にクリーニングを続けてみる。少なくとも萩尾先生と私には共通する記憶だとしたら、多分かなり多くの人々に共振することだと感じるので。

B16バイオレットローブは4日でほぼ全部使い切った。いつもながらボトルは強力にサポートしてくれる。
そして更に今回助けてもらっているのが、写真の「日本の神様カード」だ。
天使系のカードがどうもしっくりこなくて、やっぱり日本人なので日本の神様だわ!って感じ。初めて使ってみたけど、とてもいい感じだ。

「伊耶那美命(いざなみのみこと)」が「潜在意識の影響」「今が非常に大切な時」「自分だけではなく広く世の中にも目を向けよ」と伝えてくれた。なんだか凄そうだけどよくわからないので、そのためにはどうしたら良いか?ともう一枚引くと「泣澤女神(なきさわめのかみ)」が「流されなかった涙の解放」「母の癒し」を与えよと言う。
インナーチャイルドにはぴったりだと思うが、私は泣くのが苦手な上に、何が対象なのかもわからない。そこでもう一枚引くと、神秘的な「菊理媛神(くくりひめのかみ)」が「次元と次元を結ぶ」とおっしゃるので、お筆先をやってみた次第。
三柱とも女性の神様で、とても強力なサポートを感じている。

そして翌日(今日)に感謝を込めて、関連するテーマで聞いてみると「布刀玉命(ふとだまのみこと)」が「ギフトを与える」と言ってくださる。
そして今夜飛び込んできたニュースが、「浜岡原発全機停止」という首相の要請。まだ見通しはわからないが、唐突にも思えるような早い展開だ。そして何より震災以来初の「朗報」だと感じた。

そんなの関係あるかよ!?と思われるかもしれないが、数万年前の惑星間戦争(証拠はどこにもないが…)などという「戦いの根」のクリーニングに着手したことがちょっとは関係していると、私だけが感じる自由はあると思う

そして何より身体が非常に軽く、強靭になった感じで施術も好調だ。このようなセラピーで実際に身体の健康が画期的に向上することはこれまでの経験上確かなことで、だから私はクリーニングがやめられない。
明日の渋谷の原発やめろデモ!!!には行けるかもしれない



コメント (2)

「回心」のプロセス

2011年05月02日 | オーラソーマ&カラー
KIN129赤い水晶の月(協力 捧げる 普遍化する/普遍的な水 清める 流れ)

ずっと昔だけど、猪苗代湖に行ったような記憶がある。
それは高村光太郎の
「あれが阿多多羅山、
 あの光るのが阿武隈川。」

ではじまる詩(智恵子抄「樹下の二人」)とつながっている記憶で、光太郎記念館みたいなところに行ったな~、と思って調べたら、それは岩手県花巻だった…。あれ?
私は観光ガイドを読んだだけで行った気分になったりするし、何しろこの詩は中学か高校の国語の教科書にあったはずで、そこまで昔のことはもう記憶も妄想もごっちゃになっているらしい。
ではあの湖はどこだろう? 自分で車を運転して行った気がするのだが(じゃぁ中学や高校じゃないじゃん)…もうよくわからない。とにかく私の記憶の中の猪苗代湖はちょっと曇っていてどこか哀しくて、でも美しかった。

福島が実家の友人が、小さく可愛くてコリコリした桃を送ってくれたことがある。あれは他のどこにもない素晴らしい美味しさだった。

精神科医の香山リカさんがツイートしていたけど、「原発うつ」の人が増えているらしい。気のせいではなく、本当にうつなのだそうだ。「目に見えない」「いつ終わるかわからない」「誰を信じてよいかわからない」 、これ以上、人間の精神に有害なものはないよね。それがまさに原発事故。 

確かに…

私は会社を辞める頃に鬱を経験しているが(比較的軽かった。辞めたら治ったし)、その頃の状態と今がかなり近いことに気づいた!
鬱というのはある意味、マインドの飽和状態なのだ。実際に脳が膨張してしまったような体感がある。

でも今の私はオーラソーマを知っているし、施術者という有り難い仕事があるから、大丈夫。
初めてB16を使い始めた。バイオレットローブ。上下バイオレット=マインド+マインド。まさに鬱状態と関係していそうな色だ。
バイオレットのボトルは、私はヘッドマッサージに使うのが大好き。たっぷり頭皮にふりかけてマッサージすると、ほとんど何も考えられないくらいぼ~っとして気持ち良い 1~2時間置いて入浴と洗髪。髪の質も良くなるし、ヘアオイルとしてドライヤーの時にも使うと良い感じ。

初めて使った時、「回心」という言葉が浮かんだ(私は言葉でくるタイプ)
調べたらキリスト教用語(conversion)の訳として作られた言葉だ。「神に背いている自らの罪を認め、神に立ち返る個人的な信仰体験のこと」だそう。
インナーチャイルドワーク中で核心に触れている感じがある今、自分自身に背く情報や記憶をクリーニングして本来の自分に立ち返るプロセスにぴったりかもしれない。
使い始めたその夜の夢は、男性権威へ激しく抵抗する夢。。
今回の一連の震災は、自分の中のアトランティスのクリーニングのためなのだと認識しているけど、まさにそんな感じだ。

そしてオレンジのポマンダーではっと我に返る。あ~やっぱりショック状態なのだった。。

今や政府の大本営発表を信じている人はいないだろう。
福島第一原発において現在進行しているのは間違いなく人類最悪の惨事であることと、既に日本は放射能をまき散らす犯罪国家に等しいことと、子どもに大人と同じ線量基準をあてる政府の所業と今後予想される事態への激しい憂慮…
そして何よりも福島のあの美しい自然…昔、詩人が智恵子という女性性の神秘を讃えた、そのバックグラウンドにある少し哀しげな、でも豊かな自然への憧憬が永遠に失なわれてしまったショックと悲しみ、、これにやられてしまったと感じる。
フクシマの放射能地図

でもオレンジポマンダーとバイオレットのオイル、更にオレンジとバイオレットのカラーバイオケミックソルトを加えると、また更に「自分」が戻ってくる…!(一体何処へ行ってたの?)
この即効性が素晴らしいと思う。オレンジのオイルも併用しようかな?
このように、被災者でなくても震災サポートは必要なのだ。(オレンジの各製品は今30%オフです!)

そして…完全にグラウンディングしていなければ施術はできない。逆に施術することで私はどんどんグラウンディングする。つまり私は仕事に生かされているのだ。重ね重ね、感謝である
本日は鍼で沢山の方を診させていただいたけれど、診れば診るほど、地球から力をもらえた感じがする。地球も今、必死に生きている。

一対一の仕事が私は一番やりやすいのだけど、もうすぐまたワークショップ(一対多、といっても少人数)も再開できると思う!

そして今の全てのプロセスが「回心」のためなのだと考えると、そら恐ろしくもあるのだけど、何があろうと私は私の役割を果たし、私自身であり続けるためのクリーニングと祈りを続けるしかない。帰着点はやはりここ。


コメント