Days of Pieria

奥沢の治療室Pieria 鍼灸&オーラソーマ&冷えとり…日々の気づきとメッセージなど

立秋、移行のとき

2007年08月08日 | スピリチュアリティ&ヒーリング
KIN67青い月の手(挑戦 極性を与える 安定させる/遂行 知る 癒し)

立秋の日の今朝、一本の電話がありました。
今日往診に伺うはずだった、5年越しで診ていた患者さんがお亡くなりになったとのこと。
声も出ないほどびっくりしましたが、同時に「ああ、そうだったのか…」と深いところで合点が。。

私はここ2日間ほど、ひどい夏バテ?状態に悩まされ、施術しているときは不思議に大丈夫なのですが、夕べなど立っても座ってもつらく、全くモノを考えられませんでした。
「どうもただの夏バテではないな…?」と感じながら辛くて横になっていた夕べの深夜、聞いたことのない繊細で鋭いガラスの音が…!

セラピスベイ(54番)のボトルが割れ、オイルはすべて檜の無垢材の棚に吸い込まれていきました…。
上層も下層もクリアなこのボトルは、オーラソーマの全ボトル中もっとも光を多く含みパワフルで、最高の浄化力があります。
びっくりしましたが、何やらエネルギーの影響を受けていて、それが浄化されたんだ…ということは認識しました。
そしてオイルを拭いたりガラスを片づけたりしていたら、なんだかスッキリしてくるではありませんか!!

自分のボトルが割れたのはこれで2度目ですが、ボトルはいつも「身をもって」私やスペースを守ってくれて、深いメッセージを発してくれます。
その後お風呂を沸かす元気も出て、ゆっくり半身浴をして夕べはよく眠れました。
今朝の気分は悪くなかったのですが…、その電話です。

ああ、苦しかったのだな、辛かったのだな、そして最後まで頼ってくださったのだな…、と感じる一方、「もう楽になっていいんですよ…」と心から祈りました。
昨日は「KIN66白い磁気の世界の橋渡し」の日で「目的、一つにする、引きつける/死、等しくする、機会」というキーワードの日でした。
新たな魂の成長の目的のために、今の身体を脱ぎ捨てる機会(死)を引きつけて、次の世界への橋渡しとなられたのだ…と理解しています。

最も勉強させていただいた患者さんの一人でした。実際良くなってはいましたが、ご本人の望みはとても高く、そして体力は落ちてきていたのは確かでした。
でもつい先週までしっかりされていて、お電話でもお話ししたため、そっくりの声の娘さんからの今朝の電話はご本人と間違えたほどでした。

ご家族の悲しみはいかばかりかとお察しいたしますが、私からは深い感謝とともに、ご移行・ご冥福をお祈りいたします

コメント   この記事についてブログを書く
« 一応夏だし! | トップ | スペースクリアリング »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアリティ&ヒーリング」カテゴリの最新記事