Days of Pieria

奥沢の治療室Pieria 鍼灸&オーラソーマ&冷えとり…日々の気づきとメッセージなど

片づかない私

2006年12月04日 | スピリチュアリティ&ヒーリング
KIN80黄色い月の太陽(挑戦 極性を与える 安定させる/普遍的な火 照らす 生命)

先日観たビル・ヴィオラの作品にインスパイアされているようだ。写真は「昇天する天使」(部分、2001年)展覧会HPより。
また友人からのギフトの、あるエッセンスにとても共振しているようだ。それは「強力な手放し」を促すもので、人によっては仕事を辞めたり離婚してしまうケースもあるので覚悟が必要だが、私など手放すものは自分のゴミだけだし、何しろ「お掃除・お片づけの強い味方」だと聞いて、全く迷わず服用を決めたのだった。

そのエッセンスが届き、まだ服用していない段階で、数年間手がつけられないままの書類ケース棚をひっくり返し沢山ゴミを出せたことには感動してしまったが、服用後どんなに片づくかと思ったらそうでもなく、身体感覚に違和感が出てきた。
仕事はちゃんとできるのだが、身体の密度がどんどん抜け落ちていくような感覚で、なんだか力が入らなくてとても眠い。実務的なことが何もできない。エッセンスの反応としてこういうことは沢山経験しているので気にしないでいたが、正直しんどいし、一体何が起こっているのか明晰にしたかった。

そして今日電車の中吊りで、骨髄バンクドナー登録を促す公共広告機構の本田美奈子.さんの写真を見て気づいた。
先日TVの特別番組で、美奈子さんが生前「歌そのものになりたい」とおっしゃり、そしてその通りに移行されたことを知ったが、そこには個を越えた普遍的な意志を感じた。彼女の生命の火は今、ミューズに変容してより力強く音楽界を照らしていると感じる。(モーツァルト生誕250周年とか、「のだめ~」のヒットなども関係してそう♪)

そして(美奈子さんとひき比べるのはあまりにおこがましい)私なのだが、
「私は、自分を片づけようとしている!」
とはっきり自覚した。片づけて移行してしまい「ヒーリングそのもの」になりたいのだ…。

でも、どうよ? そんなことできると思う?
…あはは、無理だね(爆)

また多重人格者の会話だが(汗)、そうそう、無理だ。こんな煮ても焼いても食えないような私を片づけるのは、部屋を片づけるより困難にきまってる!
ただ、これまでの人生で溜め込んだ細胞レベルの余計な情報や物質をどんどん手放して、変化していくことは是非とも必要だ。それが自分のお片づけであり、お掃除ということなのだ。

オーラソーマのボトルは今12番を使っているのだが、今日浮かんだボトルは今年何度も選んだ48番「ヒーリングの翼」。両方とも数秘でつながっているし、浄化と人生の方向づけを促すという共通点がある。
何より美奈子さんのように軽やかならまだしも、翼のある天使になるには、私は身も心も重過ぎる!そう簡単に片づく私ではないのだった(笑)

…そういうわけで、極性を与えられて安定した気分になった次第です。
片づかない私で、よしとしよう!(爆)
コメント   この記事についてブログを書く
« 永遠の進行形 | トップ | 台湾<食>旅行記 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアリティ&ヒーリング」カテゴリの最新記事