Days of Pieria

奥沢の治療室Pieria 鍼灸&オーラソーマ&冷えとり…日々の気づきとメッセージなど

3度目の広島 セッション&セミナー

2016年09月28日 | 鍼灸・東洋医学

KIN23青い惑星の夜(現れ 仕上げる 生み出す/豊かさ 夢見る 直感)

3度目の広島から戻って3日。
こちらにも書きましたが、トータルで簡単にご報告です。
元安橋のほとりの、この素敵なカフェに今度入ってみたい!と最初に挙げて^^;

岩国空港から入り、錦帯橋を観て岩国寿司をいたただき、

(凄いソフトクリーム屋さんはナニコレ珍百景らしい。)


山陽本線で、カープ優勝に沸く広島入り。広島銀行すごすぎる!この巨大弾幕どうなってる?日照は大丈夫なの??(笑)
今、全然ホテルが取れないそうです!

↑大好き、汁なし担々麺!

そして沢山セッションさせていただきましたが、いつものごとく自分のセッションって写真撮れない&撮り忘れるー´д` ;
お写真なくても2回目、3回目リピートの方々、高松から、長崎からわざわざいらした皆様に感謝m(_ _)m

今回のセミナーは、冷えとりお話し会では定番の、五行五臓の病理のおはなしだけをピックアップ。
五臓の持つ感情の質が乱れると、内傷と呼ばれる病因となります。病名のつく病気には必ずこれがあります。

そしてビーマーライトペンセルフケアは、奇経八脈の実験をしてみました。
奇経八脈サーチ

今回のセミナー内容は、できるだけ簡略にというご希望でしたので、二つくらいのツボのご説明しようと思いました。
どうしようかな?と思って降りてきたアイディアが、内関&公孫、つまり「陰維脈」でした。
ピンときて調べてみたら、丁度セミナーのライトペン実技時の時間帯に開く脈でした(^^)
この手法を霊亀八法といいます。(マニアックです^^;)

奇経は、経絡等から溢れた気を放水路のように受けとめる流れと言われていますが、私はむしろ、経絡が涸れた時に深部から汲みあげる地下水脈のように感じます。
ビーマーライトペンのセッションに「奇経八脈・霊亀八法」があり、今回お客様にさせていただいたセッションでは、これが非常に深く届いた方が多かったのです。
それほどよく働いて、消耗していらっしゃる方が、多いということでしょう。

シャント先生のセッション内容をお教えするわけにはいかないのですが、私が考えた非常にシンプルな手順でも、深い流れが開いた実感がありました。
陰のエネルギーがもたらされて、なんだかしっとりとした雰囲気に…(^^)

身体って凄いですよね。「奥の手」のように深部からエネルギーを汲みあげる仕組みがあるなんて!
セミナーは以上でした。


今回はひろみ先生と交換セッションしたり、待望の四柱推命セッションを対面で受けたり、美味しいモノいただいたり(^^)、終始ゆったりモードでさせていただき、




いつももみじ饅頭はどうか?と思い、お土産は友人オススメの「川通り餅」など。好みでした!

毎朝お詣りした白神社さん、ここで今年かなり導かれている宗像三女神を感じ。。 帰りの岩国空港への道は、大雨もあって深山幽谷っぽい雰囲気でした。

きっとまた来年、牡蠣の美味しい季節に⁈(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« それでも私は自分をケアする | トップ | 神様とメル友に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鍼灸・東洋医学」カテゴリの最新記事