あびねーゆの賢明なる投資家になりたいなーーー

投資信託の事や世の中で気になったことを適当に書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013』の表彰式に行きましょう!!

2013年12月04日 12時51分34秒 | Weblog

・皆様ご機嫌いかがでしょうか。あびねーゆです。

・私も投票させていただいた『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013』の表彰式が下記にて開催されます。

日時:2013年12月19日 午後七時
場所:エッサム神田 本社ビル4階 こだまホール

くわしくはこちら!
http://www.fundoftheyear.jp/2013/

・私は、金融機関が言う「いい投信」と私たちのような一般投資家が思う「いい投信」というのが全く違うものになっているとつねづね思っておりますので、一般投資家の思いをアピールできる素晴らしい機会かと思います。

・とてもエキサイティングな場になると思いますので、都合がつく方はぜひ参加してみましょう!!

・またこのような場を作っていただいている運営委員の皆様には本当に感謝です。ありがとうございます。

・で、という私は仕事の都合がついてないのでまだ申し込んでません。都合もつかないまま申し込むのが申し訳なくて。。。何とかしたいのですが。

ということで今日はこの辺で。ではでは。

コメント

Fund of the Year 2013に投票しました

2013年11月19日 00時11分19秒 | Weblog

「投信ブロアーが選ぶ!Fond of the Year 2013」に本日投票しました。

最近あまり更新できていないので、少し後ろめたい気もしますが、応援したいファンドがあるので投票しました。

なお、どこに投票したかは秘密です!。

コメント

【鎌倉投信】 平成25年9月と10月の「結い2101」

2013年11月15日 12時44分39秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか、あびねーゆです。9月分のエントリーを書くことができなかったので、9月分も合わせて今月も「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。


◆結いだよりから
・平成25年10月末のファンドの状況です。

基準価格:13,786円
純資産額:6,090,079,693円

株式組み入れ比率:52.9%
債権組み入れ比率:4.4%

純資産が完全に60億円を突破しました。大変おめでとうございます。昨年の12月末では24億円だったので、今年すでに純資産としては2.5倍になってということになります。すごいですね。来年ひょっとしたら100億円到達するかもしれませんね。


・今月はいい会社紹介ではなく、トビムシさん(西栗倉・森の学校)への「いい会社訪問」のご紹介でしたが、ツアー自体は台風で中止になったとのことで、ツアー予定日数日前に訪問された時の紹介との事でした。紹介分のなかにあったのですが、この森の学校さんは9月までの四半期で黒字になられたそうです。大変おめでとうございます。大手企業からの受注も増えてきているとのことでこれからが楽しみですね。

また、先月のいい会社紹介は「HASUNA」さんでした。私は初めてお聞きする会社でしたが、2009年創業のエシカルジュエリーの会社さんとの事です。社長の白木さんは大変注目されている女性経営者との事なので、かなりたくさんの記事がありましたので少しご紹介しておきます。


ピースインタビュー「ジュエリーは人と人をつなぐもの。エシカル・ジュエリーで悲しむ人を減らしたい」(イーココロ)


明日をつくる女性企業家「白木夏子HASUNA社長「ジュエリーという事業を通して人と世界を変えていきたい」」(現代ビジネス)


ちなみに社長ご自身のブログもありますよ。


HASUNA白木夏子のブログ ~世界と、いっしょに輝く。~




・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



10月末で6487人になりました。12月末までに7000人を突破するかは微妙なところでしょうか。


・続いて投資先のいい会社数の推移です。


10月末で44社でしたが、結いだよりにありましたように大変残念なことがありました。ヤマトさんの話もありましたが、やはり残念だったのは雪国まいたけさんの全売却です。結いだよりによれば11月1日時点で保有株数が0となったとの事でしたので、新規組み入れがなければ現在は43社となっていると思います。根拠は以下とのことです。

(結いだよりより)

【売却判断の根拠】

「結い2101」では、雪国まいたけについて、テーマ「共生」の「国際貢献」において、バングラデシュでのグラミンとの合弁事業である緑豆栽培(もやしの原料)とその製品化について同社の活動を評価し投資してきました。

しかし、残念ながら、バングラデシュ緑豆もやしの製品化が進まないことや業績悪化を受け、2011年末には雪国まいたけの追加買付を停止し、10月末のウェイトは0.2%程度と大変低い状況となっていました。年内に緑豆もやしの製品化の方向性を再度吟味し、最終判断しようと考えていたところ
、今回の社内調査委員会が設置されたことを受け、電話でのヒアリング調査を行い、年内の緑豆もやしの製品化については不透明であることや前四半期の自己資本比率が約4%であり企業の存続自体が懸念されることから企業の継続支援(応援)については困難であると判断しました。その結果、緊急の投資政策委員会を開催し、雪国まいたけの全売却を決定しました。11月1日の段階で保有株数はゼロとなっています。

ウェザーニュースさんに続く全売却ということで残念ですね。


◆いい会社ニュース
私が独断と偏見で選んだ「いい会社」さんに関するニュースや話題をご紹介しております。

・カゴメさんが、なんとイングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドの公式飲料スポンサーになられました。

(カゴメさんHPより)
カゴメ、アジア地域初となる
『マンチェスター・ユナイテッド』公式飲料スポンサーに
~日本における、広く植物を原材料とした飲料のスポンサー契約を締結~


・そして最後は鎌倉投信さんの記事です。新井さんが登場されてます。ただし、全部読むには会員登録が必要です。

第2回 投資信託委託会社が鎌倉で“学びのコミュニティ”を開催する理由(ITmedia)


今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

【鎌倉投信】 平成25年8月の「結い2101」

2013年09月30日 12時23分17秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか。今年の夏は暑かったですねーーーと言っている間にすでに寒くなってきておりますが。。。ということで今月も「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。

◆結いだよりから
・平成25年8月末のファンドの状況です。

基準価格:13,363円
純資産額:5,111,730,156

株式組み入れ比率:54.2%
債権組み入れ比率:4.2%

純資産が完全に50億円を突破しました。次は目指せ60億ですね。


・今月はいい会社紹介ではなく、「第四回受益者総会」のご紹介でした。今年こそ参加をと思っていたのですが、京都まではいけず、、結局参加できませんでした。。。ただ、11月に昨年同様に特別増刊号で会の模様をご報告いただけるということなので楽しみに待ちたいと思います。


・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



7月末で5,960人でしたが、8月末で6170人になり6000人を突破しました。おめでとうございます。12月末までに7000人を突破するとよいですね。


・続いて投資先のいい会社数の推移です。


先月末同様43社でしたが、新規開示が1社ありました。「カゴメ」さんです。新井さんのコメントに「ファン株主を大切にする」という説明が書いてありましたが、「カゴメ」さんのHPをのぞいたら、そのものずばり「ファン株主のみなさまへ」というページがありました。

ファン株主のみなさまへ(カゴメHP)

そこにあった社長さんからのメッセージが興味深かったので下記に掲載させていただきます。99.5%が個人株主ってすごいですね。

(社長からのメッセージより)

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

当社の商品を愛用くださっているお客様に、もっとカゴメを知っていただき、事業活動全般を広く応援していただき たいと、2001年から「株主10万人構想」と銘打ち、個人株主さまを積極的に募って参りました。お蔭さまで、2011年3月時点での当社の株主数は17 万名を超え、その99.5%が個人の株主さまで占められています。

勝手ながら当社では、そんな皆さまを単に「株主」ではなく、「ファン株主」と呼ばせていただいております。皆さま は一投資家として、そして一生活者として、温かく、時に厳しくカゴメを見つめてくださっています。カゴメのファンでいてくださる「ファン株主」の皆さま は、当社が正しい経営を行っていく上でも不可欠な存在です。カゴメの企業理念の一つである「開かれた企業」の実践にあたり、生活の実感を強く持つ株主の皆 さまに厳しい目で見ていただくことは、最大のコーポレートガバナンスであるからです。

これからも当社では、「フェア・シンプル・タイムリー」を情報提供の基本とし、株主総会以外にも様々なイベントや 専用メールを通じて、ファン株主の皆さまとの対話と交流の機会を創出して参ります。本サイトで最新情報をご覧いただき、当社への理解を深めていただくと共 に、永きに亘るご支援を賜れますようお願い申し上げます。

カゴメ株式会社 代表取締役社長

西 秀訓



◆最近のトピックス

・先月ご紹介しましたトビムシ代表の竹本さんのブログに竹本さんと鎌田さんの対談記事が掲載されてます。皆様ぜひごらんください。

鎌倉投信の鎌田さんと、たくさんの投資家さんたちと。(可能性。時間的空間的。)



・こちらも必見の記事です。インベストライフに鎌田さんのインタビュー記事が掲載されてます。鎌田さんの生い立や学生時代の話など今に至るまでの話がたっぷり語られております!。みんさまぜひご覧ください。

鎌倉投信にかける夢と人生(インベストライフ)


今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

【鎌倉投信】 平成25年7月の「結い2101」

2013年08月21日 09時19分20秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか。あびねーゆです。体調不良等もあり更新ができていなかったのですが、気が付けばかなり長く更新してませんでした。。。すいません。ということで久しぶりに「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。

◆結いだよりから
・平成25年7月末のファンドの状況です。

基準価格:13,574円(分配金再投資後 14,068円)
純資産額:4,972441,575

株式組み入れ比率:54.9%
債権組み入れ比率:4.6%

純資産額ですが、3月に30億円を突破して、あれよあれよというまに4月に40億も突破していたのですが、7/24に50億も突破しました。大変おめでとうございます。7月末は50億をきっていたのですが、現在は約52億円となっており50億円台をキープしてます。おそらく年末までには60億円を超えるのは間違いないのではないでしょうか。


・今月のいい会社紹介は、「池内タオル株式会社」さんのご紹介でした。おそらく皆様よくご存じの会社さんですよね。社債での投資となっております。

・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



7月末で5,960人になりました。4月末で5000人まを突破するのではと書いていたら見事に突破し、すでに6000人目前となったおります。年末までには7000人も突破しそうですね。

・続いて投資先のいい会社数の推移です。


現在43社となっており、開示されていないのは1社さんになります。


◆最近のトピックス

・鎌倉投信さんからNISA(ニーサ)も申込書が届きました。はずかしながら制度内容を全く知らないのでこれから勉強して検討します。

・7月19日の決算日に分配金が500円出ました!。賛否両論があるかも?しれませんが、私は初めてお伺いした説明会の時に鎌田さんが分配金について「分配金はだします。ださないと脱税ですから」とおっしゃっていたのを覚えていたので、別に違和感はありませんでした。

確かに直販投信には分配金をださないところが多いので、分配金をだすと思ってなかった人もいらっしゃるかとは思いますが、私がお聞きしている限りでは最初から出す方針でいらっしゃったと思います。


◆いい会社ニュース

・トビムシ代表の竹本さんがブログを開始されました。ご興味ある方はどうぞ!

可能性。時間的空間的(竹本さんのブログ)

・つづきましてはフェリシモさん。矢崎社長のインタビュー記事です。

フェリシモ社長が目指す「極超専門分化高度情報発信型魅力的企業集団機構」とは?(日経トレンディ)

・ツムラさんの本が出ました。窮地に追い込まれたツムラさんの復活と漢方の復権、その渦中で立て直しに奮闘した芳井さんを追いかけた一冊だそうです。ご興味がある方はぜひどうそ。

復活を使命にした経営者
 
ダイヤモンド社


・次は養命酒さんの記事です。

狙うは美活女子!あの養命酒が挑む新舞台(東洋経済)


・最後に小ネタなのですが、2013年5月13日に日本株式市場が暴落し日経平均が一日で1142円下がった日、東証一部にて値が上がった銘柄が17銘柄だけありました。

”暗黒の木曜日”でも上昇した17銘柄、なぜ上がった?(zakzak)

その17銘柄の中に、「エフピコ」さんと「養命酒」さんの名前が!。17銘柄中2銘柄が「結い2101」の投資銘柄とはさすがですね。


今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

【鎌倉投信】 平成25年3月の「結い2101」

2013年04月28日 06時21分11秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか。あびねーゆです。今月も「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。

◆結いだよりから
・平成25年3月末のファンドの状況です。

基準価格:12,996円
純資産額:
3,466,421,701円
株式組み入れ比率:58.6%
債権組み入れ比率:2.9%

2月末に純資産が30億目前となっておりましたが、なんと3末では34億円を突破しております。ひと月で4億ほどふえてますね。基準価格もさらに上がっておりますので、4末にはひょっとして40億超えるかもしれませんぞ、なんて考えていたら40億超えてしまいました(4/22)。新井さんもツイートされてました。





・今月のいい会社紹介は、「エフピコ関東リサイクル工場訪問」のご紹介でした。+αでトビムシさんが作成された木のオフィス見学もあったようですね。

・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



3月末で4,780人になりました。2月末より279人増ということで、年明けからの毎月300人ちかく増状態はつづいております。4月末で5000人まを突破する可能性はかなり大きいですよ!

・続いて投資先のいい会社数の推移です。


今月は先月末から1社増えて41社です。但し、今回初めて投資的な判断による全株式の売却が行われました。「ウェザーニュース」さんの全株売却です。全株売却としては、「らでぃっしゅぼーや」さんにつづく2社目ですが、「らでぃっしゅぼーや」さんは上場廃止に伴う売却(しかも、鎌倉投信さん的にも上場廃止に異論なし)でしたので、純粋な完全売却は初のケースとなります。

で理由は、”「社員の過労死などの問題があるなか、先方との対話が困難な状況となった」ため”とのことです。鎌倉投信さんらしい理由ですね。新規投資先も2社追加されてますので、そちらの公開が楽しみです。


◆最近のトピックス

・ちょっと古くなってしまいましたが、1月19日に行われました新井さんの講演を主催者のPSFさんが実況tweetしてくださいましたので、togetterにてまとめております。ご覧なってない方はぜひご覧ください。

togetter ~ 鎌倉投信 新井さんの講演(PSF~学生のキャリア支援応援さん実況ツイートのまとめ)


・下記のセミナーに鎌田さんが登壇されておりますのでご紹介しておきます。他にも小松真実氏(ミュージックセキュリティーズ株式会社代表取締役社長)、慎泰俊氏(認定NPO Living in Peace代表)が登壇されております。

toggetter~ 4月5日NFSセミナー「社会への貢献とリターン追求は両立するのか」

・そしてなんといっても、最近のビッグニュースはこれでしょう。

「結い2101」が『R&I ファンド大賞2013』 において最優秀ファンド賞(投資信託 国内株式部門)を受賞

受賞大変おめでとうございます!。選定対象として設定後3年以上の条件があるため、今回初めて選定対象となったのですが、初回でみごと最優秀ファンド賞を受賞されました。おみごとです。

評価基準にシャープ・レシオが使用されているので、ひょっとしたら連続受賞もあり得るかもしれませんね。

先月に続きちょっと短いですが今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

【鎌倉投信】 平成25年2月の「結い2101」

2013年03月28日 12時25分24秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか。あびねーゆです。今月も「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。

◆結いだよりから
・平成25年2月末のファンドの状況です。

基準価格:12,137円
純資産額:2,966,693,233円
株式組み入れ比率:59.3%
債権組み入れ比率:3.3%

2月も基準価格が上昇し、純資産が30億目前となりました。そしてめでたく現在は30億円を突破しております。パチパチパチパチ!

・今月のいい会社紹介は、「株式会社ウチヤマホールディングス」さんでした。介護事業を中心に展開されている会社さんのようです。今までは介護事業への投資を躊躇されていたそうなのですが、今回初の介護事業への投資となっております。


・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



2月末で4,501人になりました。1月末より306人増ということで、年末ぐらいはなんとか三桁増を守っていた状態でしたが、年明けは一変して300人増の状態となっております。しかし、相場環境がよくなるとこんなに違うものなのですね。これは5000人まであっという間かもしれませんぞ!

・続いて投資先のいい会社数の推移です。


今月は先月末と同じ40社です。現在未開示の会社さんはございません。

◆最近のトピックス

・ちょっと古くなってしまいましたが、1月19日に行われました新井さんの講演を主催者のPSFさんが実況tweetしてくださいましたので、togetterにてまとめております。ご覧なってない方はぜひご覧ください。

togetter ~ 鎌倉投信 新井さんの講演(PSF~学生のキャリア支援応援さん実況ツイートのまとめ)


先月に続きちょっと短いですが今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

2013年から金利上昇がはじまる?

2013年03月26日 12時55分35秒 | Weblog

・気が付けば、昨年書きかけで未公開のエントリーがありましたので、公開してみます。ということで引用資料が結構前の資料になっておりますが。。。

以前のエントリーにて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の景気循環研究所所長である嶋中さんのレポート(6/22付)についてのエントリーを書いたが、もう一つ大変気になったレポートがあったので、本エントリーにて取り上げてみたい。

・2012年7月20日に掲載された以下のレポートだ。

嶋中雄二の月例景気報告 -- 歴史的転換点に近づく日米の長期金利(PDF)

・レポートにある”米国の長期国債利回りの推移”のグラフがあり、利回りの山と谷がおおよそ周期的に表れているのが見て取れる。




・山から谷、谷から山への周期はおおよそ30年である為、1981年にピークをつけた金利が、そろそろ谷をつける(反転する)のではないかという話だ。

・2012年、欧米では記録的な低金利を記録した。

•米国で1.7%割れ(1950年代以来約60年ぶりの水準。但し2011年9月にも発生)

•ドイツで1.4%台(1871年ドイツ帝国成立以来の水準)。

•英国で1.8%台(1703年に英国中央銀行が統計を取り出して以来の水準)

・また金融史おたくで知られる平山賢一さんの新書「2013年、インフレ到来 プロが明かす資産防衛5つのポイント」にて、歴史的な事実として”欧米では長期金利が2%を切った場合、そこが底となりその後は反転に転じる場合が多い”事が指摘されている。(ちなみに平山さんはTMA長期投資ファンドのファンドマネージャーさんでもある)

・つまり長期金利周期から見ても底が近いし、長期金利の値としても2%を切っているという事から、欧米では金利の大底である可能性があるといえるのだ。そして日本でも2012年から歴史的な低金利を記録している。(補足、現在(2013/3)も日本国籍10年で0.55%を記録するなど約10年ぶりの低金利となっている)

・ということで、これらから考えられる事として、日欧米では今後金利上昇気を迎える可能性が高いのではないだろうか?。そしてそれは、はたして急激な上昇を迎えるのであろうか?、それともゆるやかな上昇を迎えるのであろうか?。

・ただ、この長期金利波動は200年周期程度で大きな波になる(金利ピークが高くなる)事が歴史上確認されており、1981年のピークは200年周期のピークの一つであると想定されているので、歴史が繰り返すとすれば、1981年のようなすごい状況にはならないとは思われる。

・投資家のはしくれとして、以下の様なことを考えてみた。

●金利上昇期を迎える事になれば、債券投資に逆風となる
⇒バランスファンドは、債券部分においてこれまで金利低下時代の恩恵を受けていたことは考慮すべきことであり、これからは債券部分のパフォーマンスが全体パフォーマンスの足を引っ張るかもしれない。債券をリスク調整ととらえている場合はよいが、ある程度のパフォーマンスも期待している場合はそうならない可能性あり。

●インフレ率上昇期は、株価指数の実質リターンは低下し、銘柄間格差が拡大するためアクティブ運用の優位性が高まる
⇒平山さんの著書「振り子の金融史観―金融史と資産運用」にてインフレ上昇期はアクティブファンドの優位性が高まることが指摘されている。

・ということで、ポートフォリオ中の債権の割合を減らしたり、サテライトとしてアクティブファンドを購入するという事を考えてもよい時期なのかもしれません。

・さて私はどうしましょうか?

2013年、インフレ到来 プロが明かす資産防衛5つのポイント
 
朝日新聞出版
コメント

【鎌倉投信】 平成25年1月の「結い2101」

2013年02月27日 12時58分26秒 | 鎌倉投信

皆様ごきげんいかがでしょうか。あびねーゆです。今月も「結い2101」に関するエントリーをお届けします。投資のことは鎌倉投信さんにお任せして、私たちはいい会社の話でもしながら、ここの形成に励みましょう、ということでよろしければご覧ください。今月もかなりUPが遅くなってしまいました。。。。

◆結いだよりから
・平成25年1月末のファンドの状況です。

基準価格:11,960円
純資産額:2,707,315,384円
株式組み入れ比率:61.0%
債権組み入れ比率:3.5%

1月も基準価格が上昇し、なんと先月23億だった純資産が27億を超えました。30億円突破も目前になってまいりました。

・今月のいい会社紹介は、「みらい教育研究所株式会社」さんでした。未上場の会社さんであり、社債での投資となっております。しかし、社長の千葉さんってすごい方のようですね。


・続いて輪の広がる様子、受益者数推移です。



1月末で4,195人になりました。12月末より199人増ということで、なんとか三桁増を守っていた状態から、200人増に迫る状態となっております。そして予想通り4000人を越えました。大変おめでとうございます。しかし、その増えようは「アベノミクス」効果なのでしょうか!

・続いて投資先のいい会社数の推移です。


今月は先月末と同じ40社になりました。現在未開示の会社さんはございません。

◆最近のトピックス
・皆様、「My鎌倉倶楽部」の案内書は届きましたでしょうか。2月25日からログイン可能となっております!。という私はまだログインしてません。。。。

・1月19日に行われました新井さんの講演を主催者のPSFさんが実況tweetしてくださいましたので、togetterにてまとめております。ご覧なってない方はぜひご覧ください。

togetter ~ 鎌倉投信 新井さんの講演(PSF~学生のキャリア支援応援さん実況ツイートのまとめ)


ちょっと短いですが今月はここまでです。ここまでご覧いただきまして大変ありがとうございました。よろしければ来月もご覧ください。

ではでは。

コメント

【セゾン投信】 セゾン資産形成の達人ファンドの第6期運用報告書を読み解いてみる ~その1

2013年02月01日 12時31分36秒 | セゾン投信

・皆様ご機嫌いかがでしょうか。あびねーゆです。セゾン投信さんの運用報告書 第6期(決算日 2012年12月12日)が公表されましたので、昨年にひき続きまして、SBGBF(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)を参考にしながら、「セゾン資産形成の達人ファンド」の各ファンドの状況をチェックしてみたいと思います。

・さてまず第5期の復習です。私の手計算が入っておりますが、昨年の各組み入れファンドの状況はこんな感じでした。(4,5,8はドル建てなので、私が手計算で円建てにしてます。多少誤差があるはずなのでそこはごめんなさい。)

1.ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA:-6.29%
2.スパークス・集中投資・日本株ファンドS:-7.74%
3.TMA 長期投資ファンド:-8.03%
4.T.ロウ・プライス 米国大型バリューファンド:-8.59%
5.バンガード米国オポチュニティファンド:-9.17%
6.コモンズ30 ファンド:-12.01%
7.さわかみファンド:-14.99%
8.T.ロウ・プライス 米国大型グロースファンド:-15.45%
9.ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA:-20.52%


ということで、下げ相場に強いニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSAが1位でしたが、今年はどうだったのでしょうか。

・第6期はの各ファンドの成績はこんな結果になりました。

●バンガード米国オポチュニティファンド(米ドル建て)
当期の騰落率:+16.88%
ベンチマーク(ラッセル3000 種指数)沸騰率:+14.80%
(参考)バンガード・U.S.500ストック・インデックス・ファンド騰落率:+15.93%

●T.ロウ・プライス 米国大型バリューファンド(米ドル建て)
当期騰落率:+17.80%
ベンチマーク(ラッセル1000種バリュー株指数)騰落率:+14.48%
(参考)バンガード・U.S.500ストック・インデックス・ファンド騰落率:+15.93%

●T.ロウ・プライス 米国大型グロースファンド(米ドル建て)
当期騰落率:+15.86%
ベンチマーク(ラッセル1000種バリュー株指数)騰落率:+12.00%
(参考)バンガード・U.S.500ストック・インデックス・ファンド騰落率:+15.93%

●ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA(円建て)
当期騰落率:+37.80%
ベンチマーク(MSCIヨーロッパ・インデックス(円建て換算))騰落率:+20.02%
(参考)バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド(ユーロ建て)沸騰率:+20.45%

●ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA(円建て)
当期騰落率:+17.96%
ベンチマーク(MSCIエマージングマーケット・インデックス(円建て換算))騰落率:+14.36%
(参考)バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド(米ドル建て):+10.01%

●TMA 長期投資ファンド(円建て)
当期騰落率:+12.12%
日経平均株価騰落率:+11.61%
東証株価指数(TOPIX)騰落率:+7.06%
(参考)バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(円建て)騰落率:+7.83%
⇒注:TMAは、日本株6割ぐらいで外国株もありますので、純粋な日本株ファンドではありません。

●スパークス・集中投資・日本株ファンドS(円建て)
当期騰落率:+17.75%
日経平均株価騰落率:+11.61%
東証株価指数(TOPIX)騰落率:+7.06%

(参考)バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(円建て)騰落率:+7.83%

●スパークス・長期厳選・日本株ファンドS(円建て)
当期騰落率:+21.19%
日経平均株価騰落率:+11.61%
東証株価指数(TOPIX)騰落率:+7.06%

(参考)バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(円建て)騰落率:+7.83%


●コモンズ30 ファンド(適格機関投資家用)(円建て)
当期騰落率:+13.34%
日経平均株価騰落率:+11.61%
東証株価指数(TOPIX)騰落率:+7.06%

(参考)バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(円建て)騰落率:+7.83%


・つぎにすべてを円建てにした成績に直し、成績順に並べてみます。

1.ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA:+37.80%
2.T.ロウ・プライス 米国大型バリューファンド:+24.42%
3.バンガード米国オポチュニティファンド:+24.21%
4.T.ロウ・プライス 米国大型グロースファンド:+23.12%
5.スパークス・長期厳選・日本株ファンドS:+21.19%
6.ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA:+17.96%
7.スパークス・集中投資・日本株ファンドS:+17.75%
8.コモンズ30 ファンド:+13.34%
9.TMA 長期投資ファンド:+12.12%

なんと、ソブリン問題で揺れていた欧州のファンドであるニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドが2年連続で1位でした。あと、スパークスさんの長期厳選ファンドも検討してますね。

・という結果なのですが、運用報告書によると基準価格への影響としては下記のようになるそうです。書いてはありませんが、おそらく貢献度が高い順に書いてあると思います。

・ ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA(円)
・ 米国オポチュニティファンド(米ドル)
・ 対ドルでの為替レート(円安)
・ ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA(円)
・ T.ロウ・プライス大型バリュー株式ファンド(米ドル)
・ T.ロウ・プライス大型グロース株式ファンド(米ドル)
・ スパークス・長期厳選・日本株ファンド(円)
・ スパークス・集中投資・日本株ファンドS(円)
・ コモンズ30ファンド(円)
・ TMA長期投資ファンド(円)

必ずしも通年の成績とは関係しないところが興味深いですね。

・今回特筆すべきは以下の点になるかと思います。

◆ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA(円)はベンチマークをぶっちぎり(約+18%程度上回ってます)

◆すべてのファンドがベンチマーク又はベンチマーク相当を上回る成績
 ※TMAだけが適当なベントマーク相当がないのですが、それでも日経平均を上回ってます。

・これだけ各組み入れファンドがベンチマークを上回れば、資産形成の達人ファンドが成績いいのも納得ですね。

・長くなりましたので、このエントリーは一旦終了といたしまして、次回から個々のファンドについて少し書いてみたいと思います。
 ※去年はここで終わってしまいましたが。。。。。

ではでは



コメント