埼玉川口ミューズ林田ピアノ教室/戸田/蕨/南浦和/赤羽~「脳と感性を鍛える/プロ直伝」初心者OK!     

音大講師38年+現役ピアニストの経験を全て伝えるお役立ちブログ。読売/朝日新聞/TV/ラジオ出演/西川口西口徒歩3分

【3才のレッスン】持ち替えがきかないピアノの矛盾とは?

2018年02月13日 | 3才のレッスン

「ミューズ林田ピアノ教室」の林田です。 

 

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPです♪ 

  

◆レッスン内容

 

◆無料体験レッスン 

  

Welcome************************

 

 

皆さんはピアノとの初めての出会いは何でしょうか?

ネコふんじゃった×ネコふんじゃった~を、

指一本で弾いた経験でしょうか?(笑い)  

  

 

ピアノはヴァイオリン等の弦楽器の様に、

子どもの体の成長と共に楽器を持ち替えていく事ができません!

 

日本では圧倒的に3才位からピアノをスタートする事が多いですね!

これは日本の某メーカーさんの

「〇○音楽教室」の販売プロモートの力かもです?

 

勿論、音楽は先ずは「耳」から子どもの中に入っていきますので、

「胎教」のことばの通り「耳」から浴びる様に音楽聴かせ、

耳から音楽を取り入れて行くことは本当に大切な事です。

 

ですが、音符の理解/リズムの計算、

先生との「コミュニケーション能力など

「ピアノを弾く事だけではない部分(導入部)」がとても重要なのです。

 

そして特に3才位の小さな時期に大事な事は、

「子どもの骨の発達状況」を見極める事の大切さです。 

    

 

 

この事をどれだけの指導者が真剣に考えて

レッスンをしているでしょうか?  

 

私は満3才の年少さんにはピアノを弾く前に、

「ピアノに入る前の導入」からスタートして頂きます。 

 

ピアノで「音楽遊び」を取り入れながら、

「音楽の基礎」となる音符・リズム・聴音などの耳のトレーニングと 、

先生とのコミュニケーション力などを中心にレッスンを進めます。

 

◆「3才のレッスン」でも継続的に書いています↓

◆3才のレッスン 

  

 

子ども体の成長に合わせて持ち替える事が「出来ないピアノ」は、

この様にレッスン内容の工夫がとても大切になる事をぜひ!  

 

 。。。。。。。 Let's  Try  。。。。。。。。。。。。。。。 

 

  

◆お子様/ご両親/恋人へ/ご自分へのプレゼントに、

    一生の財産になる「ピアノレッスン」を◆  

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPです♪

 

◆無料体験レッスン

  

◆レッスン内容

 ◆お客様の声

 

◆3才のレッスン

  

 

048-259-6296 レッスン中につき、お電話に出られない場合もございます)   

◆無料体験レッスン

◆季節のキャンペーン

◆3才のレッスン

◆お客様の声

◆ワンポイント

◆プロフィール

◆メディア掲載

◆Youtube ラジオ・TV 

◆ミューズ林田ピアノ教室/ご挨拶 

◆レッスン内容 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【3才のレッスン】育児もピ... | トップ | 【日々の出来事】バレンタイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

3才のレッスン」カテゴリの最新記事