埼玉川口ミューズ林田ピアノ教室/戸田/蕨/南浦和~「脳と感性を鍛える/プロ直伝のレッスン」初心者OK!   

音大講師38年+現役ピアニストの経験を全て伝えるお役立ちブログ。読売/朝日新聞/TV/ラジオ出演/西川口西口徒歩3分

【芸術手記】本選進出者12人/反田・小林さん本選へ//国際ショパンコンクールから!

2021-10-17 | 芸術手記

「ミューズ林田ピアノ教室」の林田です。 

 

◆「ミューズ林田ピアノ教室」です。

◆レッスン内容 

◆体験レッスン  

◆インタビュー記事

Welcome************************ 

 

第18回 国際ショパンコンクールから。

3次予選から、本選進出者の発表です。

 

本選は10月18/19/20の3日間で行われ、

3次予選27人の中から本選へは12人に絞られます。

 

 

ポーランド2人

中国

韓国

カナダ2人

イタリア2人

スペイン

ロシア(エヴァ:17才)

日本2人(反田さん 小林さん)

 

本選は10人前後と言われる中、

12人が進出されたのはいかにレベルが高いと言う事ですね!

そして入賞者は6人に絞られます!

 

 

課題曲はショパン作曲「ピアノ協奏曲」です。

◆ピアノ協奏曲 第1番 Op11

◆ピアノ協奏曲 第2番 Op21

 

 

本選は予備予選~3次予選までの「独奏」とは違い、

オーケストラとの共演ですので

 

指揮者に対して自分の作品への解釈などを、

限られた練習時間内で「意志の疎通」を

計らなければなりません!

 

 

そして修正する部分が出てきたら

その場で修正をかけて本番に臨む「本番力」が、

体力・精神力と共に求められますね。

 

 

初めてのオーケストラであるかもしれませんし、

初めての指揮者かも知れません。

 

自分のコンサートであれば、

綿密にリハーサルをして本番に臨めますが、

 

 

コンクール本選では、

「限られた時間内のリハーサル」のみですので、

 

この「本番力」を、

どの様に自分の中でコントロールするのかが

1番のポイントになるかもしれません!

 

 

1970年/内田 光子さんが「第2位」に入賞したのが

日本人では最高位ですので、

 

今回のお二人がどの様な演奏を披露して下さるのか

楽しみでもあります。

 

 

本選の12人総ての演奏がアクシデントなく行われ、

それぞれ「自己表現」とそれに伴う「練習の賜物」を

発揮できます様に💛

 

。。。。Good  Luck ! 。。。。。。。。。。。

 

◆◆お子様/ご両親/恋人へ/ご自分へのプレゼントに、

    一生の財産になる「ピアノレッスン」を◆◆   

◆048-259-6296レッスン中につき、お電話に出られない場合もございます) 

◆お問い合わせ

(3日以内の返信となります)  

(返信メールが”ご自分の迷惑メール”に入る場合がありま    す。ご確認下さい)

◆教室のご案内 

◆無料体験レッスン  

◆レッスン内容

 ◆お客様の声 

◆3才のレッスン  

◆発表会   

◆季節のキャンペーン

◆ワンポイント

◆プロフィール

◆メディア掲載

◆Youtube ラジオ・TV 

◆ミューズ林田ピアノ教室/ご挨拶 

◆レッスン内容  

◆048-259-6296(レッスン中につき、お電話に出られない場合もございます)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【芸術手記】本選へ!3次予... | トップ | 【芸術手記」】本選の日程と... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸術手記」カテゴリの最新記事