彩水のしずくー自分と向き合う

わたしは多発性硬化症です。体の症状などに対する自分の取り組みとその結果、自分と向き合うことで生まれるもの書いて行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土(体)に触れる石(意志)

2020-01-25 07:33:00 | 日記

体内の感覚をより感じながら、熱を測った。

もう下がってるでしょって思いながら、
示された数字をみると38.5、、、

数字を見て、鼻をかみながら、固まってる自分がいた。

インフルエンザかな?
風邪かな?

そう思いながら、体の外を感じていく。
いつもと全然違う世界があった。
体の外を感じてて、なんかドロドロしてる、、
空気との触れ合いをすごく感じられた。
熱の世界に入れられてるみたい。
体の外を感じているのに、伝わってくる感覚は熱っぽいペタペタとした面。
それは、土を触れてるみたいだった。
少し水が含まれた土だった。

次に体の中。
体内を感じてると、ゴホゴホと咳が出ていた。
それと共に鼻水も出てくる、、
気分は良くない、体が重たい、腰に痛みもあった。

感じたくなくても、伝わっている体調。
その奥をわざわざ感じているみたいだった。


決して気持ち良くはない。
でも、自分がどういう感覚の中にいるのか、それを感じ切った。

足の裏の隅まで感じると、わたしの意識はまた眠りの世界へ〜

次に目が覚めると、、
わたしの頭にふと浮かんでくるものがあった。
日光を浴びて暑くなった土、熱で熱くなった体。
その上に、石のように置かれているもの。

もう、熱の体は感じ切ったんだから、直しても良くない?って声だった。

そのメッセージに軸を合わせた。
その瞬間、ボーとしていた頭が少しはっきりとした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 夢と画像の世界④ | トップ | 生きる居心地 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事