Rondo Capriccioso ~調律徒然日記~

Piano Labo.(代表)竹宮秀泰によるブログ。
「ピアノ」を主題に気まぐれなロンド形式で綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソステヌートペダルのプチ修理

2016年10月14日 | 作業レポ

半年ほど前のことですが、レスナーのお客様宅へ調律に伺った際、ソステヌートペダルの踏み心地についてご相談を頂きました。
どうやら、軽く感じるそうです。

ピアノはYAMAHAのC3B、約2年前にオーバーホールしたピアノです。
この時代のソステヌートペダルは、概ね踏み心地が軽く出来ています。

後発のモデルチェンジの際、このふわついた感触は改善されましたが、ヤマハの初期のソステヌートペダルは、全体的に軽い傾向が見受けられます。
これは、構造よりも、主に材質に起因すると言えるでしょう。
具体的には、天秤と呼ばれる部品の材質が、初期は木材だったのが、後に鋳鉄に変更されました。
そうすると、天秤そのものが重くなる為、ペダルの踏み心地も重くなります。
また、天秤の材質の変更に伴い、取り付けられているスプリングもより強度の高いものに変わりました。
その分、負荷も掛かるので、更に重くなったのです。

さて、このピアノの場合、木材の天秤による弱いバネのソステヌートです。
軽いのは当然でして、抜本的な解決はアッセンブリ毎交換するしかありません。
これは、その場で急に出来る作業ではない為、どうやって「誤魔化す」か、考えながら調律を行っていました。

その時、ふと隣のピアノに目が止まりました。
実は、このレスナー宅には、GPが2台あるのです。
そして、一台はまだ新しく、主に生徒さんが使用するピアノです。
そう、新しいピアノ……




勿論、こちらのピアノも三本ペダル。
期待を胸にすかさず天秤をチェックしてみると、予想通り、鉄製の天秤でした。




バネを外してみると、見た目にも分かるぐらい太くて長く、勿論、強度も強いです。




本当なら、天秤毎交換するのがベストでしょうが、微妙な部品の取り付け位置が合致せず、他の部品への干渉も生じる為、現地での作業は困難と判断し、バネのみを交換しました。




これだけでも、随分と踏み応えがあるようになり、お客様もご納得くださいました。

もちろん、これが十分な仕上がりとは思っていませんし、新しい方のピアノを少し犠牲にした面も否めません。
しかし、予め準備をしていない現場作業としては、なかなか良い判断が出来たかなと思っております。

 

コメント

YAMAHA C3A ダンパーガイドレールブッシングクロスの交換

2015年10月26日 | 作業レポ

グランドピアノのダンパー機構で、トラブルの発生頻度が高いパーツの一つが、ガイドレールのブッシングクロスです。

これは、ダンパーが上下運動を行う位置を決定し、同時にブレを防ぐ役割を担っています。

オーバーホール、ダンパー交換、弦交換などの修理の際には、必ずとも言える確率で交換する部品ですが、この部品のみを単発で修理することは稀だと思います。

と言うのも、グランドピアノでのダンパーの取り付けは、慣れていない技術者にとっては、なかなか時間の掛かる厄介な作業だからです。
いや、数本のみなら、大抵の技術者は対応出来ます。
しかし、全部取り外すとなると、残念ながら躊躇する技術者もたくさんいます。

このブッシングクロスが湿気等で膨らむと、ダンパーがスムーズに動かなくなり、止音不良という音が止まらなくなる症状が出ます。
この場合、ブッシングクロスを圧縮調整すれば容易に治ります。
しかし、その為には、必ず該当するダンパーを取り外す必要があります。
数本だけなら問題ありませんが、止音不良がたくさん発症している場合、症状が出ていないキーも確認する必要がある為、全てのダンパーを取り外す必要があります。
そうなると、なかなか手を出せない技術者も少なくありません。



今回のピアノも、ほぼ全鍵に渡り、ブッシングクロスがスティック(動きが鈍る症状のこと)しておりました。
なので、通常だと、一度ダンパーを全て外し、ブッシングクロスを調整し、ダンパーを取り付ければ済むことです。
しかし、このピアノに限っては、そういう訳にはいかない事情があったのです。

実は、ブッシングクロスが、ガシガシと音を立てるぐらいに硬化していたのです。

話を伺いますと、元々止音不良はよく発症していたようです。
その度に、調律師さんは、細いノズル付きのスプレーで油を差していたそうです。
つまり、ダンパーを取り外してのブッシング調整は行わなかったのです。

機械油は、その時、その場では効きます。
しかし、ブッシングクロスが膨らんでいるという問題の根本は解決しておらず、ただ単に「滑ってる」だけなのです。
それだけならまだしも、機械油はクロスや木材には適しておらず、時間と共に溶剤のみが吸収され、または揮発し、残留物が表面で硬化します。
そうなると、元以上のスティックになります。
そこでまた、油を差して誤魔化し……という悪循環を繰り返すうちに、ブッシングクロスは膨らんだまま硬化してしまい、雑音を伴う調整不能の状態へと悪化します。

つまり、やるべき調整を行わず、その場しのぎの誤った処置を繰り返した結果、ブッシングクロスは使い物にならなくなっていたのです。

というわけで、今回は、現地でダンパーガイドレールのブッシングクロスのみを交換するという、少しレアな修理となりましまた。



先ずは、ダンパーを全て取り外し、続いてガイドレールも外します。








レールの埃と汚れを綺麗に掃除し、ガイドレールのホールに嵌め込まれたブッシングクロスを除去します。




写真を撮り忘れましたが、木材にも油が浸透している可能性があるので、穴の中をベンジンで綺麗に拭き取りました。

そして、新しいブッシングクロスを取り付けます。
今回は、ヤマハの純正パーツを使用しました。
取り付けの際、雑音防止の為、接着はしません。




ブッシングクロスを専用の工具で圧縮調整し、レールをピアノ本体に取り付けます。






ダンパーを取り付けていきます。




折角の機会なので、使用により変形している中音部の三本止めのWフェルトは、先端部分をカットします。
この部分をカットすることにより、ダンパーが解放される時の抵抗が軽減され、ピアニシモが弾きやすくなり、止音時の微かな雑音も取れ、音質も改善されます。




左がカットしていないダンパーです。
この僅かな違いが、タッチにも音にも影響します。




最後に、ダンパーの諸々の調整を行い、完了です。




ちなみに、この修理を行う羽目になったそもそもの問題点は、未熟な技術者の誤った処置ではなく、ブッシングクロスが膨張したことにつきます。
その原因は、高い確率で湿気によるものと考えられます。

なので、何よりも環境改善に努める必要があり、再発防止のためにもお客様の御協力をお願いする他ありません。

その為のアドバイスは調律師の仕事に含まれると考えておりますが、実際の環境作りはお客様にしか出来ないのです。

 

 

コメント (3)

YAMAHA U7A レールの手入れと取付

2015年07月14日 | 作業レポ

アップライトピアノのアクションは、一般的な構造の場合、ブラケットとセンターレールを土台に、三種のアッセンブリと幾つかのレールで構成されています。

三種のアッセンブリの修理について、個別に取り上げさせていただきました。

・ハンマーアッセンブリの修理

・ウィペンアッセンブリの修理

・ダンパーアッセンブリの修理


さて、今回は、オーバーホール時の各種レールについての手入れについてのレポートです。

まず、オーバーホール時には必ず行うべき修理の一つ、レギュレーティングボタンパンチングクロスの交換です。
レギューティングボタンは、レギューティングレールに取り付けられている大切なパーツです。
このボタンの位置により、ハンマーの運動が適切な位置で脱進します。
ボタンにはパンチングクロスが貼られてあり、実際にはこのクロスがジャックのテールを受け止めます。
つまり、このクロスの状態次第では、正常に歯切れ良く受け止められないばかりか、我々技術者による調整作業にも支障をきたし、微調整が非常に困難になるため、タッチも不揃いになりがちです。

ということで、このレールの手入れのメインは、パンチングクロスの貼り替えになります。

まずは、レギューティングレールを取り外します。




写真は撮っていませんが、ここのスクリューが適切なトルクで回るかどうか、一つ一つ確認します。

次に、刃物を使い、パンチングクロスを剥がし取ります。
スクリューがバカネジになる恐れがある為、ここでは蒸気は使いません。




新しいパンチングクロスを接着して、完了です。
このピアノの場合、レギューティングボタンが樹脂製の為、ゴム系の接着剤を使用します。




続いては、ハンマーレールのクッションフェルト交換です。
このレールは、静止状態でのハンマーの位置を決める役割りを担っています。
それはつまり、ハンマーと弦の距離(打弦距離)であり、アクション運動のスタート地点でもあり、打弦後のハンマーを受け止める役割りも果たしております。
長年の使用により、ハンマーの重みと衝撃で、フェルトにシャンクの跡の窪みが出来、波状に変形しています。




これを綺麗に剥がし取り、新しい部品を接着します。
今回はアルミ製のレールなので、やはりゴム系の接着を使用します。
材質に応じて、適した接着剤を使い分けなくてはいけません。






最後に、ダンパーロッドの手入れです。
これは、アクションの背面側に取り付けられたレールで、ダンパーペダルの動きに連動しダンパーを解放させるパーツです。
表面が薄く錆びており、雑音の原因にもなり得る状態です。
また、この状態ですと、ダンパーレバークロスを無駄に消耗させる恐れもあります。




これを、機械で綺麗に研磨します。
また、レールの動きの軸となるヒンジのクロスも、貼り替えておきます。
かなりの負荷が掛かる部分なので、硬めに調整します。




あとは、アクションを組立て、本体にセッティングします。
その前に、筬の手入れを今のうちに。
ピンを磨きパンチングクロスを交換し、バックレールを貼り替えておきます。




アクションの位置決めをし、ダンパー、ハンマーを取り付けて完了です。



 


コメント

YAMAHA U7A ダンパーアッセンブリ修理

2015年07月06日 | 作業レポ

一般的なUPのアクションは、3種のアッセンブリと幾つかのレール、ブラケットから構成されています。

今回は、3つ目のアッセンブリ、ダンパーアッセンブリの修理を紹介します。

通常のUPオーバーホールでは、ダンパーに限っては、全てを新品パーツに交換することが多いです。
と言いますのも、UPのダンパーの取り付けは、微妙な位置のズレでも上手く機能しなくなるため、全てをリセットした方が楽なのです。

一方で、矛盾するようですが、ダンパーは、最も再利用し易いアッセンブリでもあります。
パーツが少ない上、交換作業も容易な為、作業上はさほど大変ではありません。



今回は、木部のコンディションが良好な為、再利用を前提に進めました。

まずは、取り外したダンパーアッセンブリを順番に並べます。
再利用する場合、ダンパーは、他のアッセンブリ以上に順番が大切です。




ダンパーフレンジを外し、蒸気を当てながらレバークロスとパンチングを剥がし取ります。






パンチングは、ポンチでくり抜いて作成し、膠で接着します。






さて、一般的なアップライトピアノのアクションには、3種のアッセンブリに1種ずつ、計3種のスプリングが使われています。
ハンマーにはバットスプリング、ウィペンにはジャックスプリング、そして、ダンパーアッセンブリにはダンパーレバースプリングが装備されています。

基本的に、アクションのスプリングは燐銅線で出来ているため、数十年でバネがへたり、破損の恐れも出てきます。
従って、オーバーホールの際には、スプリングは全て交換します。

しかし、ダンパーレバースプリングの交換は、非常に手間の掛かる作業です。
従って、今回はスプリング付きのフレンジを購入し、取り付けることにしました。




ついでに、ナンバリングをしておきます。




最後に、レバークロスを貼り付けます。




ダンパーヘッドも、ウッドは再利用し、フェルトのみ貼り替えます。







補助ダンパーも貼り替えます。




これで、ダンパーアッセンブリの修理は完了です……が、やはりダンパーに限っては、アッセンブリごと取り替えた方がずっと楽だなって確認にもなりました。

 

コメント

YAMAHA U7A ウィペンアッセンブリの修理

2015年06月12日 | 作業レポ

今回は、オーバーホールのU7Aの、ウィペンアッセンブリの修理レポです。

ウィペンの主な働きは、鍵盤からのエネルギーを受け止め、ハンマーとダンパーに分岐させる中継点になることです。
その為、多種多様な部品で構成された集合体となっております。

具体的には、鍵盤からのエネルギーを直接受け止めるウィペンヒールクロス、ハンマーを突き上げるジャック、ジャックをスムーズに元の位置に戻すジャックスプリング、ダンパーの運動を始動させるダンパースプーン、ハンマーを引き戻すブライドルテープを繋ぐブライドルワイヤー、打弦後のハンマーを受け止めるバックチェック、そして、二つのフレンジから構成されているのです。




今回の修理では、コンディションの良い木部は再利用し、消耗や劣化が認められるクロス、スプリング、センターピンは全て交換します。
まずは、ジャックを取外し、ジャックスプリングを除去します。






続いて、二種類のフェルト類を取り除きます。
蒸気を当て膠を溶かし、ウィペンヒールクロスとバックチェックフェルトを剥がし取り、刃物で木部を綺麗にします。






ウィペンフレンジも外します。




あとは、予め準備しておいた新しい部品を取り付け、センターピン交換も行いながら、全てを取り付けて完了です。






交換しない金属の部品(バックチェックワイヤー、ブライドルワイヤー、ダンパースプーン)は、スチールウールや研磨剤で磨き上げます。


……正直なところ、ウィペンは丸ごと新調した方が、作業的にはずっと楽です。

しかし、パーツ代が高額な上、まだまだ使える木部を廃棄することになるため、エコの観点からも、細々と消耗品のみ交換する方法もメリットは多いと思います。

 

コメント

YAMAHA U7A ハンマーアッセンブリの修理

2015年05月26日 | 作業レポ

オーバーホール中のU7A。
解体したアクションのパーツを、一つ一つ丁寧に部品交換を行います。

UPのアクションは、三つのアッセンブリに分けられます。

一つ目は、鍵盤からのエネルギーを受け止め、分岐させる中継点の役割を果たすウィペンアッセンブリです。

ウィペンで中継されたエネルギーは、実際に弦を叩くハンマーアッセンブリと、弦の振動を止めたり解放したりするダンパーアッセンブリへ伝わります。



さて、今回の修理は、まずはハンマーアッセンブリから取り掛かりました。

ハンマーアッセンブリは、大雑把に言うとフレンジ、ハンマーバット、ハンマーシャンク、ハンマーヘッドで構成されています。

オリジナルパーツを優先して使う修理とは言え、そもそもの目的は向こう数十年使用するためのリセットです。
なので、音に大きな影響を与えるパーツであり、疲労と消耗が蓄積されているハンマーシャンクとハンマーヘッドは、さすがに再利用はせず、新品パーツに交換します。

ということで、まずはフレンジを取り外し、ハンマーシャンクをヘッドごと、バットから引き抜きます。
膠で接着されてますので、専用のコテで温めて、慎重に引き抜きます。








フレンジとハンマーバットは再利用します。
もちろん、そのまま使うわけではなく、消耗部品は交換します。

具体的には、フレンジセンターピン、バットスプリング、スプリングコード、プライドルテープは交換します。

コテで温めている時間を利用し、同時進行でバットの修理も進めます。


まずは、あらかじめ取り外してあるフレンジの修理から。
スプリングコードは、ドイツのレンナー社製のコードを使用します。




センターピンは、もちろん全交換です。




センターピンブッシングクロスも、金属用の潤滑油をさされた形跡のある場合は、交換します。




バット本体では、まずはブライドルテープを交換します。




そして、バットスプリングを新調し、フレンジを取り付けます。






ハンマーシャンクとヘッドは、また別の工程ですので、ひとまずは、ここまでが今回行うバットの修理となります。

 

コメント

YAMAHA U7A アクション解体

2015年05月24日 | 作業レポ

別記事でも書いたことがありますが、個人的にはYAMAHAの歴代UPの中での最高傑作が、U7だと思っています。

そのU7の中でも、初代U7であるU7Aは、今尚根強い人気を誇る名器と言えるでしょう。
約50年前に製造された今回のU7Aも、さすがにコンディション的は劣化や消耗で芳しくはなかったものの、音質そのものは、少し鳴らすだけで評判通りの高いポテンシャルを感じ取れました。

親子三代に渡って愛用されているU7Aを、縁あって修復させて頂くことになりました。



今回の修復は、ほぼ完全に近いオーバーホールです。

「ほぼ」としたのには理由があります。
まず、外装は状態が良いこともあり、簡易的なクリーニングしか行いません。

もう一点は、このオーバーホールでは、何でもかんでも部品を取り替えるのではなく、オリジナリティを優先し、使える部品はなるべく再利用することにしました。

実のところ、細かいパーツを個々に替えるより、アッセンブリごと新調した方が、作業的には楽です。
しかし、長年に渡って刻み込まれた木材の「歴史」は、やや霊的な意味も含め、残せるものなら残したいという考えも理解出来ます。

という訳で、今回は、アクションの品質(材質)が非常に良いこともあり、なるべく使えるパーツは使う前提のオーバーホールとなります。



レポは、アクションの修理をメインに書く予定です。

まずは、オリジナルのアクション。



これをバラします。
本来なら、ダンパーから外すのですが、スペースその他諸々の事情で、今回はハンマーから外しました。
実際のところ、解体作業がやり易いためだけの順序なので、ハンマーから外しても何も問題はありません。




翌日、諸々の事情が解決しましたので、セオリー通りにダンパーを外します。



アクションを上下逆さまに設置し、ウィペンを外します。



全部外すと、こんな感じになります。




レギュレーティングレールやハンマーレール、ダンパーロッドも取り外したところで、ひとまず、アクションの解体は終えました。

 

コメント

YAMAHA No.G3 ペダル修理

2015年05月13日 | 作業レポ

気が付けば、半年以上も更新していませんでした……

1月に実施した修理のレポが書き掛けのまま放置されていましたので、アップさせて頂きます。



長年お付き合いさせて頂いている先生のピアノを、少し修理しました。

少し前から、ペダルのガタつきと雑音が気になっていたそうです。
見せて頂いたところ、ペダルボックスの中にある部品の消耗と分かりました。

ピアノは、YAMAHAのNo.G3です。
これは、G3、C3の前身モデルとも言える昭和33年製の楽器ですが、近年のG3やC3とは決定的な違いが幾つかあります。

一つは、フレーム設計(弦の張力設計)やデザインが、現行のスタインウェイモデルとは異なり、ベヒシュタインを模した設計になっていることです。

もう一点は、アクションがシュワンダーアクション(シングルスプリングアクション)を採用していることです。
現在はダブルスプリングアクションが主流となっており、シュワンダーアクションはほぼありませんが、当時はむしろこちらが主流でした。
その違いについては、また機会があれば書きたいと思います。

さて、このNo.G3。
前述の通り、かなりの御老体なのですが、15年程前に完全なオーバーホールを行なっており、弦はまだまだ張りがあります。
また、その際に、アクションもダブルスプリングアクションに交換してますので、現代ピアノのタッチとほぼ違いがないと言えます。
そして、数年前には、再度ハンマー交換を行い、アベル製の硬めにフェルトを巻いてもらった特注品のハンマーを植えてあります。

その他、ダンパーや鍵盤関連の部品など、普段から定期的にメンテナンスを施しており、細々した消耗品も必要に応じて替えてありますので、御老体のハードワークピアノとは思えないほど、かなり良好なコンディションをキープしております。



さて、今回はペダルのガタつきと雑音。
ペダルボックスの中は、オーバーホール以降は封印されておりました。
通常のメンテナンスでは、まず開けることのないパンドラの箱ですが、中の構成部品には消耗品もありますので、何年かに一度はチェックする必要があります。


ということで、まずはペダルアッセンブリを本体から取り外します。




これをひっくり返し、ボックスの裏板を開きます。
なかなか見る機会のない映像ですね。




ペダルを引っこ抜き、軸受と呼ばれる円柱形のパーツを外します。




この軸受の、まさに軸を受けている部分のフェルトが、消耗してガタついていたのです。
なので、このフェルトを剥がし取り、新しい部品に交換します。









今回は、右のペダルに症状が出ていましてが、折角の機会なので、予防を兼ねて左のペダルも交換しました。

後は、元通りに取り付けて完了です。

 

コメント

YAMAHA UX 簡易クリーニング

2014年10月13日 | 作業レポ

先日、お客様宅で行った簡易クリーニングのレポートです。

ピアノはYAMAHAの名器、X支柱を初めて採用したピアノのUXです。

先ずは、ジャッキを使ってピアノを引っ張り出し、背面の掃除を行います。
アップライトピアノはほとんどがそうなのですが、このピアノも納めてから30年以上、ずっと同じ場所から動かしていない為、やはりそれなりの埃がタップリと……あまり絵面が良くない為、掃除後の写真のみにしておきます。
これが、斜交いのX支柱です。



続きまして、外装を全て取り外します。
工場での作業のようにピアノを寝かすことは出来ないので、底板や脚までは外せませんが、立てたままでも外せるパーツは全て取り外します。



鍵盤も取り外しますと、棚板には埃が積もっておりました。
カード履歴を見る限りでは、他社にて毎年キチンと調律されていたはずですが……
掃除はしてなかったのでしょう、ともあれ、綺麗に掃除をします。









底板も綺麗に掃除し、ついでに駒やフレームの埃や汚れも掃除します。






外装もピカピカに磨きあげます。
こちらは、脚周り。





小傷と汚れでクスんでいた拍子木も、輝きを取り戻します。






意外と目立つペダルも、綺麗に研磨します。






鍵盤蓋は譜面台を取外して磨きあげ、ついでに金文字も磨きます。
折角なので、譜面台の蝶番は新調します。








鍵前、鍵穴も磨くとサッパリします。




クリーニングのついでに、ハンマーのファイリングも行いました。








その後、一通り整調、調律、整音を行い、長い一日が終わりました。

一日でこれだけやりましたので、さすがにヘトヘトになりましたが、外見も中身も綺麗に蘇ったピアノを見て喜ぶお客様のリアクションに、一気に疲れも吹き飛びました。

 

 

 

 

 

 

コメント

YAMAHA M500-QADC ハンマーファイリング

2014年09月18日 | 作業レポ

ヤマハピアノのラインナップは、グレードや規格などで様々なシリーズに分類されています。
アップライトピアノを例にしますと、スタンダードタイプのUシリーズ、X支柱で有名なXシリーズ、木目調の高級機種のWシリーズなど色々なシリーズがあります。
その中で、我々調律師にもあまり知られていない「Mシリーズ」というピアノがあります。

このMシリーズの特徴は、全てコンソールタイプの小型ピアノで、木目調の美しい外装のデザインにあるのですが、最も珍しい点は、アメリカ製であることでしょう。
そう、ヤマハでは他に例のない、アメリカで製造された希少なピアノなのです。

今回修理することになったM500QADCは、お客様がアメリカ滞在中にご購入され、帰国の際に持って帰られたそうです。(画像はネットで拾いました)



ダークチェリーのケースとネコ脚、オシャレな譜面台、珍しい引き出しタイプの鍵盤蓋などについ目を奪われてしまいますが、ボディサイズの弱点を補って余りある、豊かな倍音を響かせる音色は、同じコンソールタイプのL101と少し似ているかもしれません。

ちなみに、QADCの意味を調べたところ、「デミ-チッペンデールスタイルで造られたアン王女のコンソール(Queen Anne Console crafted in a Demi-Chippendale style)」という意味だそうです。

この度、このアン王女のピアノに、KORG製の消音ユニットを取付けることになったのですが、その前に、消耗の進んだハンマーをファイリングしておくことになりました。



こんなに小さなアクションですが、かなり弾き込まれております。



幸い、バットコードは交換済みで、スティックやガタもなく、ファイリング以外に緊急性の高い修理はありません。




後日、お客様宅で消音ユニットを取付けます。
ちょっと特殊な構造のアクションで、ブラケットに大掛かりな加工が必要など、難航必至なのですが……頑張ります。

 

コメント