ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

小平の紫陽花公園

2019-06-14 17:54:38 | 植物

紫陽花が満開です。

紫陽花は日本原産の、極めて日本的な花です。

紫陽花は別名「水の器」と言われるぐらいなので、日本の梅雨時にいきいきと咲きます。

多摩湖遊歩道=多摩湖自転車道路の小平近くに紫陽花公園があります。

小平畑に行く通り道なので紫陽花が咲く頃は楽しみです。

新緑の季節や桜の季節もいいけど、紫陽花の季節は格別です。

明日は大雨という天気予報だったので、時間を見て畑仕事に行きました。

いろんな紫陽花があって、花びらがギザギザのものから額紫陽花など種類や色が様々です。

紫陽花の花は、、、実際は花弁に見えるところは額だそうです。

真ん中の小さな丸ぽっちが花です。

額紫陽花は真ん中にある小さな花たちが花弁で、周りの大きな花弁のようなものは額です。

でも、見る人にはどっちでもいいかな?

だから、この花はまだ咲いていないということ。

真ん中の本当の花弁が開花していない。

まだ丸ポッチのままです。

外側の額の中にも「丸ポッチ=つぼみ」がある紫陽花もありました。

真ん中のまるポッチは茹でたら美味しそうだな〜〜〜。

畑に行ったら、サニーレタスが塔になっていた!

これじゃ、サニーレタスの葉が硬くなちゃうのでは?

手前の小さな芽が落花生の苗。

左の細長いのが長ネギの苗。

後ろがトウモロコシです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 我が家のミクロな花たち | トップ | 日高牧場にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事