ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

鹿教湯温泉からトレイルランニング

2008-08-20 06:16:56 | 旅行記

080817k5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み2日め、八ヶ岳を降りてきて、諏訪湖により美ヶ原を経由して、今夜の宿の、信州の鹿教湯温泉(かけゆ)へ向かった。

旅館の前に畑があって、車で着いたとき子供が走り回っていて、女将さんが自ら野良仕事。宿に入る前にひとしきり附近をカメラ散策していたら、トレトレのトマトをいただいた。

予約した「かつら旅館」は地の食材料理がウリです。しかも目の前の田んぼで無農薬・野菜作りをやっている。

でも美味くなきゃおしまいだが、チャント若旦那が心のこもった料理を出してくれた。

080817k7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼの合い間に養蜂もやっていて、蜂蜜も自家製。080817k8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから天気がいいと、いっきに色づくんだろうーー。

080817k6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

080817k4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか知らない草木。

鹿教湯温泉は知る人ぞ知る名湯だそう。お袋に「かきょう温泉にいる」と言ったらカケユでしょうと言いなおされたぐらい。

泊まった、かつら旅館は温泉街のはずれにあって、田んぼの中の一軒屋ふう。

附近のパンフを見ていたら、鹿教湯里山ハイキング・コースと言うのに見つけた。

どちらにしても、トレイル・ランニングの用意はバッチリだったんで、さっそくレッツゴー。

080817k10_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片道7kmせいぜい往復で15kmかな、、、と思って出発。

あんのじょう、山道に入ると手入れしてくれよー状態。看板は新しいようだがコースは荒れ放題。踏みあともわからないようなとこばかし。藪をかき分け行きつ戻りつ道はドッチだ、、、折り返し地点、保福寺峠まで1時間20分ぐらいかかった。標高が1400mあたりなんで、ケッコウな登りだったなーと今度は下りに。

行きに登山道と林道が交差していて、ときどき林道走りで、また山道に入るの繰り返しで、目印がないのでわかりにくいなーーーと思っていた。

下りに入ると、快調なんだが山道の入口がわからず、結局ずーと林道を走るハメに。すると、いつか山道に入れるかと思っていたが、どんどん目標の山から離れるばかり、方角からして隣の村に向かっているよーーー。山の見え方が、、、2山ほど違う方向だな、、、。

結局、林道を14km走って隣村へでた、、、。村の老人に鹿教湯温泉はどっちへ行けばいいのと聞いたが。

む・む・む・ムリだーとの返事。聞いた人が悪かったよう、、、。

そのところへ、助け舟のオバサン登場。

あの二股を下らずに、右の沢をずーと登っていきーーーと、ありがたいお言葉。

道路標識ではいちばん降りきったところから約10kmと、暑くてタマランなー。

くねくねした炎天下の林道をトコトコ。

暑くてたまらんけど、こんなところには何もないし、、、待ち合わせしているから休めないし。

行くしかないから、気を取り直してトコトコ、トコトコ。別所温泉へ6kmの分かれ道を過ぎても、まだ下りにならないよー。

ようやく峠を越え下りになったんで、いっきに加速した。喉もカラカラだし、こんな所に長居はしたくなかったから。

でてから4時間ぐらいかかって、干からびてゴール。

いいところ2時間のトレイル・ランニングのつもりが4時間近くなってしまった。しかもトレイル・シューズで23kmの林道はドタドタして走りずらいよー。

山道+林道=33kmのラン

日帰り温泉で待ち合わせていたけど、700円と言うので近場の300円の共同浴場へ。鹿教湯温泉の共同浴場「文殊の湯」はお勧めです。

文殊の湯の案内

http://www.journal.co.jp/nagano-onsen/higaeri/gar.kakeyu.html

信州の温泉マップ

http://www.journal.co.jp/nagano-onsen/higaeri/higaeri.html

喉が渇いたし、立て続けに2Lぐらいの水分補給。温泉で体重を量ったら59kgのはずが55kgに落ちていた。それって全部脱水?

帰りに松本へでて、安曇野の道の駅堀金へ寄る。ここの農産物は最高なんです!

http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/agri/horigane.htm

http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/road/eki/station/nagano_horigane/index.html

webを参照してください

080817k9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなスイカは1800円。葡萄も買ったけどプリプリで美味かったー!

080817k12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お勧めの「かつら旅館」

2人で18000円ぐらい。

今年も結局、信州の夏休みでした!

080817k11

 

 

 

 

 

 

かつら旅館のHPは

http://www.katsura-ryokan.com/index.html

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏休みは八ヶ岳 | トップ | 1600m×4本 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
またまたすぐ近所に遊びに来られたんですね! (runrun)
2008-08-20 06:52:41
またまたすぐ近所に遊びに来られたんですね!
鹿教湯は怪我を温泉で治している鹿に教えられたのが始まりといわれる由緒ある温泉ですね。あそこには温泉治療メインの病院もあります。
田舎の人って山菜取り以外に林道・遊歩道などあまり興味ないから、パンフに記載されていても、ほとんど手入れされてないことが多いかも。なかなか暑く楽しそう?でマイナーなトレイル体験をされましたね。(^^;
かつら旅館、今度宿泊してみたいです。
runrunさん (shimo)
2008-08-20 13:33:36
runrunさん
ご近所でしょー。
鹿教湯には温泉病院ていうのがありました。
そうそう、里山コースなんてパンフに書いてあっても、コースは荒れているだろうと予想はしていました。
あんのじょうだった。草木が繁ってコースなどと言うもんじゃない。途切れ途切れの踏み跡をたどっていったから時間がかかった!
油断してペットボトルを1本しか持って行かなかったのが間違い。間違ったルートで、林道で里に下りれば自販機ぐらいあるだろうというのも裏切られた。
でも、予想外にロングを走れたんでOKです。
かつら旅館は豪華なデッカイ旅館じゃないし、食事内容から、私は温泉旅館のイメージを改めました。
お勧めします。

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事