ランシモ

ランニングからツチノコカメラや時事まで興味あるすべて

老化は足から、民医連の機関紙「いつでも元気」から

2019-04-25 20:57:47 | 健康・病気

民医連の機関紙「いつでも元気5月号」に老化は足からと書いてあった。

「足から弱る」は世間の常識です。

歩くスピードが目安になるようで、毎秒1m進めるかどうか?

握力は健康のバロメーターでもある。

だから握手した時に弱々しかったら、まずいっていうこと。

私はランニングを続けているといっても、練習の質を落としているので、今は10kmを続けて走るのがやっとです。

走る根気がなくなったというのが正解のようだ。

だから、無理やり走っています。

以前は、10年以上前は、インターバル練習が終わった後に、1人で90%のスピードで400mトラックを1周していたものです。

そんな練習後の自主練習など今では嘘のようです。

筋力は徐々に減っていきますし、精神、心理的なものも大きいのでしょう。

1 食事

2 運動

3 社会参加

は考えればわかることですが、習慣はなかなか変えられない。

私はランニングの他に、週2回〜3回ダンベルで筋肉トレーニングしています。

両手に5kgのダンベルを持って、4つのメニューを50回づつです。

時間にして15分程度ですが、体の筋肉が張るのが実感できます。

できれば毎日やりたいが、それが結構できないものです。

健康で長生き、ピンピンころりがいいのかな。


コメント   この記事についてブログを書く
« 4月4日の千鳥ヶ淵の桜 | トップ | 江刺追分を聞きに行ったが、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事